BG〜身辺警護人 木村拓哉主演1話 ネタバレ 感想

役柄みんなかっこいいというこのドラマ

『BG〜身辺警護人』について書いていきたいともいます。

キャスト

出典:くらしメモ.com

あらすじ

とある工事現場で警備員として働いていた島崎章(木村拓也)。

そこに一台の高級車がやってきます。

通行止めにもかかわらず通してくれと言って来ました。

車の中には落合義明(江口洋介)
と立原愛子(石田ゆり子)の姿が。

ただならぬ雰囲気に車を通した章。

後からやって来たのは多くの記者達でした。

その中には週刊「持論」の記者、犬飼悟(勝地涼)の姿もありました。

翌日、警備会社に呼ばれた章。

昨日通行止めを通してしまったことを
説教されると思っていた中、警備会社社長の今関重信(永島敏行)に
伝えられたのは、新設される身辺警護課への移動でした。

数年前まで大物のボディーガードを務めていたものの、とあるミスにより
ボディーガードから身を引いていた章。

断りを入れたものの、社長の翻意
を受け、新人ボディーガードとして働くことになりました。

身辺警護課のメンバーには、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、
沢口正太郎(間宮正太郎)、村田五郎(川上隆也)が警備会社の様々な部署から
集められました。厳しい訓練が行われるなか、新人として配属されたにも関わ
らず素質の片鱗を見せる章なのでありました。

 

世間では、厚生労働大臣である立原愛子の失言で元ファンと名乗る人物からの脅迫騒動がおきていました。

愛子は、命を狙われているにも関わらず、隅田川マラソン大会のスターター
を務めることになっていました。

警視庁SPの落合に出席を辞めるように勧められるも、頑なにスターターを務めることをやめない愛子。

 

そんな中警護課に初めての依頼がやって来ました。

隅田川マラソン大会のスポンサー会社社長の大久保佐助(伊武雅刀)が、同席する愛子の脅迫騒動に怯えて依頼してきたのです。

 

最初、高梨がリーダーに任命されたものの、章と警備に対する考えの違いから溝が
生まれてしまい高梨は警護課を去ってしまいます。

新たに章がリーダーになりました。

出来上がった警護プランを警視庁に持っていくと、警視庁SP落合にそのプランを否定
され、更には民間の警護を丸腰であることを理由に期待していないと言われてしまいます。

章は直接現場であるスタジアムに向かい入念に下見をするのでありました。

 

そしていよいよマラソン大会当日を迎えました。

16000人の観衆が集まるなか、目を光らせて大久保の警護をする章達。

そんな中、章はある違和感を感じていました。

そしてチームを去った高梨からの電話で新たな情報を得ます。

高まる緊張。
愛子のスピーチが始まりました。

暴言問題を謝罪する愛子に観衆達は大きく盛り上がりました。

スピーチを終えて席に戻った愛子は秘書からスマホを渡されました。

それを見た愛子は顔色を変えます。それと同時にスタジアム内に白煙が巻き上がります。爆弾か?
スタジアムは大パニックに陥り観衆が慌てて逃げ惑います。

パニックの中、SPから逃げるように姿を消す愛子。

それに気づいた章は、大久保の警護を他のメンバーに任せて愛子の後を追うのでした。

着いたのは誰もいないスタジアム内の控え室。怯えた表情の愛子に声をかけたその時。
現れたのは、週刊「持論」の記者犬飼でした。それを見た章は「やはりな」と言います。犬飼が入場時に背負っていたリュックがスタジアムの中で見たときに背負っていなかったからです。刃物を持って立つ犬飼は言いました。
「脅迫騒動は自作自演だ。暴言問題を沈静化するためにやったんだ」と。

それに気づいたのは議員になりたての時に自分が送った言葉が脅迫文にそのまま使われていたからです。
嘘をついている愛子に腹をたてて襲いかかる犬飼。

愛子を守ろうと必死に戦う章ですが倒されてしまいます。

そこに警視庁SP落合達が駆けつけます。

拳銃を向けられて逆上する犬飼。

愛子の首に刃物を突きつけながら「愛子が大臣まで上り詰めたのは自分の記事のお陰だ。

それなのに嘘つきやがって」と叫ぶ犬飼。

そんな危機的状況を救ったのは章でした。落合に合図を送り、壊れたベンチを使って見事愛子を救い出したのです。丸腰ならではの頭脳プレーでした。

こうして無事警護課初の任務は成功に終わりました。

 

成功を喜ぶなか、章に高梨からの電話が。自分が警護課を離れた理由を告げたのです。

「嘘つきの君とは組みたくないからだよ」。

新人として入ってきた章が過去にBGをしていたのを知ったのです。

つづく

 

キャスト紹介

 

島崎章(木村拓也)…元敏腕BG。ある出来事からBGを離れるも警護課の新設に伴い復帰。メンバーからは頼りなさそうに見られているが……。中学生の息子と2人で暮らしているが思春期とあいまってあまりうまくいってない様子。

高梨雅也(斎藤工)…身辺警護課所属。元自衛隊と言うこともあり、その能力は優れたものである。そのためか他のメンバーを見下している感じも見受けられる。

菅沼まゆ(菜々緒)…身辺警護課所属。元々は柔道選手ということもあり運動神経抜群。
お金が大好きで、危険手当ての出る仕事に食い付く。

沢口正太郎(間宮祥太郎)…身辺警護課所属。就活に敗れて、嫌々入ったのが警備会社。
今どきの若者らしく物事を軽く考えているところも。

村田五郎(上川隆也)…警護課課長。その柔らかな物腰で個性的なメンバーをまとめる。
元刑事ということもあり観察眼の鋭さは抜群。

落合義明(江口洋介)…警視庁SP。行動力、判断力、冷静さなど全てを兼ね備えたエリート。
丸腰の民間警護をあまりよく思っていない。

立原愛子(石田ゆり子)…厚生労働大臣。元美人キャスター。その美貌で衆議院議員に立候補して見事当選。大臣まで上り詰める。上昇思考が強く、そのためには手段を選ばない。

犬飼悟(勝地涼)…週刊持論記者。日頃から厚生労働大臣立原愛子と懇意にしている。自分のお陰で愛子が大臣になれたと思っている。

大久保佐助(伊武雅刀)…サスケフーズ社長。隅田川マラソン大会のスポンサーを務める。立原愛子の脅迫騒動に巻き込まれることを怯えて日の出警備会社に警護を依頼

今関重信(永島敏行)…日ノ出警備保障の社長。章の過去を知る一人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー