朝ドラエール こやまゆういち せきうちおとの幼少期を演じるのはこの2人。二階堂ふみにそっくりと話題!

朝ドラ『エール』で活躍する石田星空と清水香帆とは?次に注目される子役は「この子達だ!」

2020年3月末から9月まで新作朝ドラ『エール』が放送されます。

モデルは戦前から戦後にかけて、代表曲は『六甲おろし』、『スポーツショー行進曲』、『巨人軍の歌』、『長崎の鐘』、『モスラの歌』などなど、5,000曲もの作品を生み出してきたと言われている古関裕而(こせき ゆうじ)さん。

数々のヒット歌謡曲を夜に送り出して、昭和の音楽史を代表する作曲家、古関裕而さんとその妻で歌手としても活躍された金子(きんこ)さんをモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語が描かれる予定です。

そんな朝ドラ『エール』ですが、主人公とヒロインの幼少時代を演じる子役たちがすでに発表されています。
主人公、古山裕一(窪田正孝)の幼少時を演じるのは、石田星空(いしだ せら)さん
ヒロイン、関内音(二階堂ふみ)の幼少時を演じるのは、清水香帆(しみず かほ)さん

今回は2人の子役たちに注目していきます

 

 

 

 

1.窪田正孝や二階堂ふみが演じる朝ドラ『エール』はどんな作品?

明治42年、福島の老舗呉服屋にのちに多くの作品を生み出すことになる作曲家、古山裕一(窪田正孝)が生まれます。

老舗の跡取りとして育てられた裕一は音楽に出会い、独学で作曲の才能を開花させていきます。

 

青年になった裕一は海外の作曲コンクールに応募して上位入賞を果たし、関内 音(二階堂ふみ)と出会います。

遠距離恋愛しながら、2人は結婚しますが、戦争に突入し、裕一は軍の命令で戦時歌謡を作曲することに…。

自分の作品を歌って死んでいく若者に心を痛めた裕一は、復興に向かう戦後で人々の心を勇気づけようと、昭和の音楽史を彩っていきます。

 

主要キャストは窪田正孝さんや二階堂ふみさん、主題歌はGReeeeNの新曲『星影のエール』!

 

)主人公、古山裕一を演じる窪田正孝のプロフィール

2006年に『チェケラッチョ!! in TOKYO』で主演デビューし、『花子とアン』でヒロインに思いを寄せる木場朝市を演じ、お茶の間の注目を集めました。

独特の存在感と際立った演技力で、今、最も期待される俳優の1人と言われています。

 

)ヒロイン、関内音はどんな人物?

将来は歌手として生活したいと夢見る女性

ある日、古山裕一がイギリスの作曲コンクールで入賞したことを知り、手紙を送り、文通を始め、結婚することに

古山の才能を誰よりも信じ、時代の流れの中で様々な困難に遭いながら、夢を追い続けます

 

)ヒロイン、関根音を演じる二階堂ふみのプロフィール

2009年『ガマの油』でデビューし、2014年『私の男』で日本アカデミー主演女優賞を受賞

今回の『エール』で朝ドラ初主演にしてヒロインを務めます。

 

2.主人公、古山裕一の幼少時を演じる石田星空は窪田正孝と共演済み!?

主人公の古山裕一の幼少時を演じる石田星空さんは、すでに子役として数多くの作品で活躍しています

石田さんについて、詳しいプロフィールや出演作は続きをご覧くださいね

 

1)大河ドラマ『真田丸』でも演技済み?石田星空のプロフィールは?

石田星空(いしだ せら)

209年5月8日生まれの10歳

所属事務所はクラージュキッズ。

所属タレントには、現在終盤に差し掛かっているドラマ『スカーレット』の幼少時の河原百合子や河原直子を演じた、稲垣来泉さんや安原琉那さんなども所属しています。

 

出演作品は以下のとおりです。

 

2015年の映画『ヒロイン失格』でデビュー。

2016年には大河ドラマ『真田丸』で中川大志さんが演じる豊臣秀頼の幼少期を演じました。

2019年、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』では、今回の主演の窪田正孝さんと共演しています。

 

今回は共演することはないでしょうが、楽しみですね。

最近だと『病室で念仏を唱えないでください』にも出演しました。

 

 

2)石田星空の演技の評判は?とにかくカワイイ!イケメン!

 

プロフィールに書かせてもらった作品以外にも、出演作は数多くありますが、いまだにネガティブな評判はないようです

 

ポジティブな意見としては

「ラジエーションハウスの『お母さんゴメンさない』のシーンで涙がこぼれた…」

「とにかく『カワイイ』の一言に尽きる」

「イケメンな顔立ち!」といった評価が違反です

 

今後は俳優としてだけではなく、モデルとしても活躍するかもしれませんので、石田星空さんはチェックしておきたい逸材ですね!

 

3.ヒロイン関内音を演じる清水香帆は小学生モデルとして大人気!

ヒロインの関内音を演じる清水香帆さんは、今回の朝ドラ『エール』が本格的な子役としてデビューします

清水さんについて、詳しいプロフィールや出演作は続きをご覧くださいね

 

1)女子小学生人気No.1雑誌の専属モデルを務める清水香帆とは?

清水香帆(しみず かほ)

2008年生まれの11歳

BOX CORPORATION に所属する清水香帆(しみず かほ)さんは

今回で本格的な子役デビューとなります。

 

といっても全くの無名ではなく、女子小学生人気No.1ファッション誌『キラピチ』の専属モデルとして活躍しています

『キラピチ』は奇数月に発行されている人気雑誌で女優の福原遥さんや近辺美波さんも『キラピチ』出身

芸能界入りしてわずか2年で朝ドラの子役を勝ち取ったのは伊達ではないですね

これまでの映像出演経験は、3月8日に放送された特撮ヒロインストーリー『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』の第48話だけですので、演技に関しては未知数な部分が大きいですが、注目子役として話題になりそうですね。

とくに、清水さんが演じる関内音は、歌手を夢見るヒロインですので、特技のピアノを活かした演技が見ることができるのではないでしょうか?。

 

演技に関しては未知数な部分が大きいですが、注目子役として話題になりそうですね

 

 

天才作曲家、古関裕而さんをモデルにした朝ドラ『エール』は2020年3月30日(月)毎朝8時から8時15分の放送がスタート!

窪田正孝さんや二階堂ふみさん、主題歌はGReeeeNさんが描き下ろした新曲『星影のエール』、個人的に一番好きな男性声優の津田健次郎さんが語りを担当しますので、楽しみしかない!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー