朝ドラ エール 主人公 小山裕一の初恋の相手を演じる踊り子 志津の正体は?豹変にびっくり

朝ドラ『エール』の主人公の初恋の相手を演じる堀田真由とは?

 

2020年3月30日(月)から9月まで新作朝ドラ『エール』が放送されます。

 

モデルは戦前から戦後にかけて、代表曲は『六甲おろし』や『長崎の鐘』など5,000曲もの作品を生み出してきたと言われている、昭和の音楽史を代表する作曲家、古関裕而(こせき ゆうじ)さんとその妻で歌手としても活躍された金子(きんこ)さん。

音楽とともに生きた夫婦の物語が描かれる予定です。

 

今回は、主人公である古山裕一(窪田正孝)の同僚、鈴木廉平(松尾諭)に誘われ、ダンスホールを訪れた裕一が恋に落ちる?踊り子について紹介させてもらいます。

 

簡単ではありますが、各キャラクターの紹介とモデル、役者についてまとめさせてもらいました。

 

1.志津

裕一の同僚の鈴木廉平(松尾諭)に誘われ、訪れたダンスホールで裕一の初恋?の相手。

男性から絶大な人気を誇る踊り子です。

ちなみになぜ「初恋?の相手」に「?」がついているのかはわかりません

 

そんな志津を演じるのは堀田真由さんはどんな女優さんなのでしょうか?

簡単ですがまとめてみました。

 

 

1)堀田真由プロフィール

生年月日:1998年4月2日

出身地:滋賀県

血液型:O型

身長:159cm

所属事務所:アミューズ

 

2)堀田真由と似ている女優が多くない?

堀田さんと検索して、最初に出てくるのが、「他の女優さんに似てる!」という、ある意味失礼なもの。

「堀田真由」と入力すると一番上に「堀田真由 似てる」と候補が出てくるほどです。

とくに言われているのが、

 

「堀田茜に似てる!」

「堀田真由を見たときに堀田茜と勘違いした」

「堀田茜と堀田真由を間違えて覚えてた!」

 

というもの・・・。

 

一応ほかにも似ている女優さんがいて、木村文乃さんや福地桃子さん、清水富美加さん、桑子真帆さんなどが挙げられていますが、外見だけでなく、名前も似ているので堀田茜さんと似ているとよく言われるのでしょう。

 

こちらは堀田茜さんです。似てるかも・・・

 

 

堀田茜さんといえば、ファッションモデルだけでなく、女優や『世界の果てまでイッテQ』の出川ガールとしても活躍していますが、堀田茜さんに似ていると話題ということは、それだけ多くの人に知ってもらえるということですね。

 

写真を並べてみると・・・たしかに雰囲気が似てるかも・・・。

と思いましたが、似てないんじゃないか・・・という思いが強いですかね。

 

比較した写真が悪いんですかね(ならもっと良いの持ってこいよというのは置いておいて)。

 

 

 

 

3)堀田真由の過去の主な出演作

 

テレビドラマ

『獄門島』:鬼頭月代役

『コールドケース〜真実の扉〜』:瀬谷聖(中学生時代)役

『ホクサイと飯さえあれば』第3話:根津アミ役

『母、立ちあがる〜認知症のわたしと、あなたと〜』:真理子役

『わろてんか』:藤岡(波多野)りん役

『3年A組-今から皆さんは、人質です』:熊沢花恋役

『べしゃり暮らし』:土屋奈々役

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』:熊沢花恋役

『恋はつづくよどこまでも』:菅野海砂役

 

映画

『全員、片思い』:ミサキ役

『超高速!参勤交代リターンズ』:小梅役

『ママ、ごはんまだ?』:一青妙

『虹色デイズ』:ゆきりん役

『あの日のオルガン』:堀之内初江役

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』:早坂愛役

『108~海馬五郎の復讐と冒険~』:赤井美月役

『ブラック校則』:三池ことね役

『殺さない彼と死なない彼女』:きゃぴ子役

 

長くなってしまいましたが、今回の『エール』で注目してもらいたいのは、堀田真由さんをはじめとする『3年A組-今から皆さんは、人質です』のキャストたちが、ほかに3人も結集するんです。

 

陸上部のスプリンター、瀬尾雄大を演じた望月歩さんは裕一に媚びを売る先輩社員を。

電脳部でアニメ好き、特撮にも詳しい、堀部瑠奈を演じた森七菜さんはヒロインの関内音(二階堂ふみ)の妹の関内梅を。

ダンスグループに所属しており、甲斐に負けて劣らず喧嘩っ早い、石倉光多を演じた佐久本宝さんは裕一の弟を。

そして、水泳部部長で真壁に想いを寄せる、熊沢花恋を演じた堀田真由が裕一の初恋?の相手をそれぞれ演じます。

 

役柄的にこの4人が一度に集まる機会はないかもしれませんが、せっかくなので、ワンシーンだけでもあると嬉しいですね。

 

 

志津の正体は?

第15話で明らかになりました。踊り子志津の正体は

実は、志津は小学校の同級生とみ(白鳥)だったのだ。

第2回に登場したとみは、幼少期の裕一と、“どっちが金持ちか”でけんかをした女生徒だった。志津はダンスホールに裕一が初めて来たときにすぐ気がついたが、裕一は気づかなったため、それがしゃくに障り、からかってやろうと思ったと言い放ったのだった。

イヤー綺麗すぎてわからないって。女は化粧をすると変わるというのはこういうことなのでしょうか・・・。

今後の2人はどうなっていくのかも。期待したいところですね・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー