朝ドラ エール 古山裕一の弟 古山こうじの幼少期の俳優さんは誰?外国の子?

朝ドラ『エール』の主人公の弟はどんな人物?モデルと幼少期と成長後の役者の紹介

2020年3月30日(月)から9月まで新作朝ドラ『エール』が放送されます。
主人公の古山裕一は、昭和を代表する作曲家として活躍することになりますが、家業は弟の浩二が継ぐことに・・・。
夢を叶えた兄に反発する場面もありながら、最後まで福島に残り、地元で奮闘した古山浩二とはどんな人物なのでしょうか?

簡単ではありますが、浩二のモデルとなった古関弘之さんと浩二を演じる役者さん2人についてまとめさせてもらいました♪♬

1.古山裕一の弟、古山浩二とはどんな人物だった?

裕一(窪田正孝)の弟、古山浩二(佐久本宝)は一度は倒産した家業「喜多一」を継ぎ、最後まで福島で奮闘した不屈の精神を持つ方でした。
モデルとなった人物は、古関弘之という方ですが、どんな経歴があったのでしょうか?

1)モデルとなった古関弘之の経歴

モデルとなった、古関一家は福島で300年続く呉服問屋『喜多三』を営んでいました。
本来であれば、兄の裕而さんが家業を継ぎ、弟の弘之さんは悠々自適な毎日を過ごすことになったハズ(うらやましぃ!!)。

しかし、父の三郎治さんが友人の借金を肩代わりしたことで、呉服問屋の経営は悪化・・・。
喜多三は倒産することに・・・。

当時学生だった裕而さんは継ぐべき家業を無くし、母のつてで川俣銀行に入社、後に作曲家として活躍することに。

しかし、弘之さんは「江戸初期から続く家業をなんとしてでも残したい!」と考えたのでしょう。
喜多三を再建しました。

といっても従来の従業員は全員解雇、事業内容も京染めの中継ぎ、質屋に絞り、三郎治さんと弘之さんの2人だけの細々としたものに・・・。

父はまもなく引退し、第一次世界大戦後の不況、昭和恐慌のあおりを受けて、1928年に喜多三はもう一度倒産することに・・・。

作曲家になる夢を叶えた兄、裕而さんに反発する場面もあったそうですが、福島に残り、最後まで地元で奮闘した不屈の精神力をもっていた弘之さんでした。

2.幼少期を演じる潤浩さんとはどんな子役?
弘之の幼少期を演じるのは潤浩(ユンホ)さん。
最近の朝ドラは開始1~2週間を子役たちを中心にして活躍してくれるので、ぜひともチェックしておきたいですね。

1)潤浩のプロフィール

 


生年月日:2011年9月15日
趣味:ゲーム
特技:サッカー、トランポリン、鉄棒
所属事務所:ニチエンプロダクション

「潤浩」(ユンホ)という名前は珍しいですね。
韓国のアイドルグループ「東方神起」のリーダーに同じ名前の「潤浩」さんがいますが、韓国系なんですかね。
国籍は公表されていないようですが、『エール』がキッカケで話題になったら、情報が公開されるかもしれません。
新しい情報が分かりしだい、更新させてもらいます。

2)すでに多数の出演経験あり

潤浩さんですが、すでに多くの作品で活躍されており、朝ドラではすでに『半分、青い。』に出演済みです。
このときは、たんに「男の子」という名前もない役柄でしたが、2020年1月に公開された『太陽の家』では20年ぶりに映画主演を果たした長渕剛さんと深く関わりを持つ池田龍生として共演したことで話題になっています 。

ドラマ
『視覚探偵日暮旅人』
『KEYABINGO!2』
『半分、青い。』
『炎上弁護人』
『我が家の問題』
『コードブルー-もう一つの日常-』
『魔法×戦士マジマジョピュアーズ!』
『ちょい☆ドラ2019~斬る女~』
『僕の初恋をキミに捧ぐ』

出演映画

『明日へ-戦争は罪悪である-』
『ビジランテ』
『祈りの幕が下りる時』
『栞』
『町田くんの世界』
『太陽の家』

とりあえず、裕一を演じる石田星空さんと潤浩さんの兄弟演技が楽しみですね♪♬

3.浩二の成長後を演じるのは佐久本宝

成長した浩二を演じるのは、『3年A組-今日から皆さんは人質です-』で話題になった佐久本宝さんです。

1)佐久本宝プロフィール

誕生日:1998年7月22日(21歳)
出身地:沖縄県
身長:163㎝
血液型:A型
趣味:ルービックキューブ、三線
所属事務所:ビーストリーム

2)佐久本宝のかこの主要出演作品

1,200人が参加した映画『怒り』のオーディションを突破し、演技が評価され、デビュー作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

新人俳優賞を受賞しているだけあって、高い演技力と前向きな性格で、男女問わず、多くの人から支持される、人気急上昇中の今もっとも注目されている若手俳優さんです♪♬

ドラマ

『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』
『これは経費で落ちません』
『3年A組‐今から皆さんは、人質です』
『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』

出演映画

『惡の華』
『凪待ち』
『あの頃、君を追いかけた』

佐久本さんは、舞台でゲスト出演するだけだったはずが、2時間前に代役として出演することが決まりますが、みごと本番で演じきった、実力のある役者さんです。

数ヶ月前から準備している『エール』の浩二をどう演じるのか楽しみですね♪♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー