朝ドラ エール 7話 あらすじ ネタバレ 音にとって生涯忘れられない女性 吹き替えなしの歌声に称賛

ドラマ「エール」第7話のあらすじ・ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

大正12年。のちに裕一の運命の人になる音(清水香帆)は、まだ11歳。

元陸軍の獣医で、今は馬具を卸す仕事をしている父・安隆
(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)のもとで、姉の吟(本間叶愛)と妹の梅(新津ちせ)とともに、豊橋ですくすくと自由に
育っていた。

ある日、音のクラスで最高学年恒例の学芸会の演目を決めることになる。音の提案がきっかけで、演目は「竹取物語」
に決まるが、翌日の役決めで…。

 

[ネタバレ]

大正9年の福島は川俣です。

今日からのお話は、関内音(清水香帆)の物語です。お父さんの仕事について、福島の川俣にやってきました。

大好きなお団子を楽しむ前に、教会で、「あたしも歌いたい!」「え?あそこでか?」教会の祭壇で歌いたいと言い出した音に父・関内安隆(光石研)は言いました。

「行っておいで。」まさかのGOサイン。その言葉に背中を押された音は、父の手を取り、祭壇へ向かおうとしますが、安隆は、そっとその手を離します。

「自分で行っておいで。大丈夫。どうにかなるから。」その言葉に頷いた音は、まるで花嫁のように教会の真ん中を堂々と祭壇へと進みます。

「はじめは恥ずかしかったけど、やってよかった!」「うん。お父さん思うんだ!やらずに後悔するより、やって後悔する方がいい!ってな!あの時、教会のみんなが元気になっただら!」

「じゃ~そのご褒美にもう1本!」

「う~ん…。今日は特別だ!」安隆と音は笑い合うのでした。
そして、それから少し月日が流れた大正12年の愛知県・豊橋。関内家では、長女・吟(本間叶愛)と音が姉妹喧嘩中です。1冊のおしゃれ雑誌をめぐって、取り合いになっていました。

「いいじゃん!減るもんじゃないし!」「嫌よ!まだ私だって読んでないんだから!自分で買えばいいじゃない!」「同じのが2冊あったってしょうがないじゃん!」

「そらそうだ。」横では末っ子の梅(新津ちせ)が、1人冷静に本を読んでいました。「大体、この本はおしゃれ雑誌!あんたみたいな子どもには、まだ早い!」

「もう11歳だもん!」「100年早い!」「100年たったら、111歳だもん!」「確かに。」その時、台所の方から、母・光子(薬師丸ひろ子)の食事を知らせる声が聞こえてきました。

その声に、読んでいた本にしおりを挟み、姉2人の間を通り抜ける梅は言いました。「あのね、2人とも…。少しは、こういうのも読んだら?」そういって、芥川龍之介の短編集『鼻』の表紙を見せます。

冷静に降りてくる梅を両親はあんぐりと見つめ…上ではケンカの止まぬ長女と次女にため息、光子は止めに上がるのでした。「主よ。このこの食卓を祝したまえ。アーメン。」

「アーメン。」安隆は、元陸軍の獣医です。馬を診る医者だったせいか、馬のように優しい人でした。今は、職人を抱え、陸軍に馬具…つまり、乗馬の道具を卸す仕事をしています。

穏やかな父の影響か、音は生意気に…もといすくすくと自由に育ちました。そっと父の職場に入ろうとすると…。「こら!!!!ここは女子どもの入っていい場所じゃないぞ!」

職人頭の岩城(吉原光夫)は、音の天敵です。「はい!!」音は、『女子ども』という言葉が大嫌いでした。「男子どもとは、誰も言わんのに。」大正デモクラシー、華やかなりし頃とは言え、まだまだ封建的な風土が残っていたのです。

さて学校では、学芸会についての話がなされていました。最高学年の各組が演劇を発表し、父兄も見に来る大事な行事でした。担任の熊谷が演目は『浦島太郎』だと告げるも、音は大きく挙手をして、発言します。

いつも、この調子で突っかかってくる音に、げんなりしたような担任は言います。「またお前か…。」「私たちの演目、多数決で決めるのはどうですか?我が組はただ一つ女子の組です!女子が輝ける出し物をやった方がいいと思います!」

「いや…もうほいだがな、もう職員会議で『浦島太郎』と決まったで?」その瞬間、クラス中から落胆する声が響き渡りました。

「私、過去の女子組の過去の出し物をちょっと調べたんです!『かさじぞう』『はなさかじいさん』『おむすびころりん』『したきりすずめ』『こぶとりじいさん』…。ほとんどおじいさんの話です!ひどくないですか?」

「『浦島太郎』は、若い男が主人公だぞ?」「最後はおじいさんですよ!」「竜宮の娘が一杯出るぞ~。」「先生!出し物ををするのは、私ら!私たちに、決めさせてもらえませんか!?」

すると、周りの女子児童たちがわらわらと「賛成!」と挙手をし始めます。「わかった。わかった。ほいじゃ~…何がいいだ?」「先生!とっておきのがあります!女性が主役の物語!」

さて、音の勢いに押され、本当に多数決となった音の組。「デモクラシーというやつかや…。最近の子どもは変に知恵があって…いけませんなぁ。」

「すいません。教頭。」「誰が言いだしたんですか?これ。」そう問う声は、それはそれは恐ろしいものなのでした。

そんなこととは露知らず、言い出しっぺの音は、鼻高々に
「投票結果が出た時の熊谷先生の顔、見せてやりたかったわ~!」と今日の学校での出来事を家族みんなに自慢していました。

関内家では、毎週木曜日に銭湯に行き、お団子やさんに立ち寄るのが、習わしでした。
音の家族は、みんな大笑い。

吟に至っては、自分も散々な思いをしてきたのか、すっきりとした表情です。「お父さんもお母さんも学芸会見に来てくれるでしょ?」
「何の役やるの?」「多分、かぐや姫?」「え~本当?」「だって、友達みんな、音しかおらん!って。選ばれると思う。」「あんた、あんなおしとやかな役ができるわけないじゃん!」

「できるもん!みたらしもう1本!」お団子をもう1本請求する音に、梅は冷静に言いました。「かぐや姫が太っとったらまずいんじゃない?」

「…は…やめた。」みんなで大笑いするのでした。さて、すっかりその気になっている音は、家の窓から満月を見つめ、うっとりしています。そこに梅が『竹取物語』を差し出します。

「読んどいたほうがいいよ!主役やるなら。」「ありがとう!」さて、それから数日が経った日の事です。残念ながら、音はかぐや姫には選ばれませんでした。それも担任の熊谷が勝手に決めたと言うのです。

「で、音は何の役をやるんだい?」「おじいさん…その2」「ふふ」「ひどい!」「ごめんごめん」「梅から借りた『竹取物語』…一生懸命読んだのに…。」「おじいさんの役は嫌か?」
「嫌だよ!」「『これは何と可愛い子じゃ』って…それだけだよ?セリフ。それ、かぐや姫関係ないじゃん!桃太郎でも使えるよ!」「そうだな…ほいでも、音がかぐや姫だったら、おじいさん役は、誰か他の人がやるんだよな?」

「うん。」「その人が、嫌々演じとったら、どう思う?」「『ちゃんとして』って思う。」「だろ?人には、みんな役割がある。誰もが主役をやれるわけじゃない。だけど、主役だけでもお芝居はできん。必ず、それを支える人がいるんだよ?」

「ほんでも…私は…」「今回は残念だった。だけど、何の役だろうと、お父さん楽しみだよ。」「嘘ばっか!」「ほんと!…あ~もうこんな時間!」「…あ!!!」

音は教会で琴の演奏を披露する予定でした。そして、大慌てで駆け込んだその時でした。そこにいたのは、世界的なオペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)でした。

 

それは、生涯忘れることのできない瞬間でした。

 

 

以上、ドラマ「エール」第7話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

朝ドラ エール 8話 あらすじ ねたばれ りょうこちゃん役は誰?そのお母さん役は?こちら

朝ドラ エール 6話 あらすじ ネタバレ 藤堂先生の名刺の意味は?こちら

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 主役の子役は誰?こちら

朝ドラ エール 関内音の両親は?こちら

朝ドラ エール 関内音の姉妹は誰?こちら

朝ドラエール こやまゆういち せきうちおとの幼少期を演じるのはこの2人こちら

朝ドラ『エール』のヒロイン関内音の姉妹 せきうちぎんとせきうちうめを演じるのは誰?また子役は?こちら

朝ドラ エール 音の将来をきめたオペラ歌手(ふたうらたまき)は誰?歌の先生の御手洗清太郎(みたらいきよたろう)は?こちら

朝ドラ エール 関内家の父の取引先の打越金助と岩城新平のモデルは誰?
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー