下町ロケット シーズン1 第8話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「下町ロケット」第8話のあらすじ・ネタバレまとめました!(^^)!

【下町ロケット 第8話あらすじ・ネタバレ】

満を持して、記者会見の場で無人農業ロボットの開発を帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)が発表しました。しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らが手掛けた同じく無人農業ロボットの下町トラクター「ダーウィン」でした。

帝国重工では、財前がダーウィンに絡んでる人物について的場に報告していました。

かかわってるのは、重田のダイダロス、伊丹のギアゴースト、野木の情報を盗んだキーシンの戸川社長(甲本雅裕)、テレビの情報番組を作ってる北掘企画の北堀(モロ師岡)、そしてトラクターのボディはヤマタニでした。

そのことは、佃製作所でも話し合われていました。佃はすぐに北海道の野木のところに行って話を聞きました。

さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する記事がでました。それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、的場の暴露記事だった。怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせました。

その記事は佃も読みました。ネットでも炎上していました。的場は会長に呼ばれて、的場の社長就任は見送りになって藤間が引き続いて社長をすることになりました。その結果、大型ロケットヤタガラスの開発再開が決まって、佃も帝国重工に呼び出されました。佃は、水原からバルブの内製化が進んでいて、もし開発できたら採用されないと告げられました。

的場のところには、岡山県知事からアグリジャパンという農業祭でアルファ1のデモンストレーションをしてくれと打診がありました。的場は奥沢に必ず出品するように命じました。

佃が野木のところに行くと、野木のところにもアグリジャパンの情報が来てるとききました。まだ開発途中なのですが、当初の予定の小型トラクターではなくて大型トラクターだと言うことでした。すぐに財前に連絡すると、企画書がいつの間にか摩り替わったと言うことでした。佃製作所に呼んで話を聞くと、あきらめ顔でしたが佃が野木の作ったトラクターを見せて元気付けました。

一方、重田のところにもアグリジャパンから出展の要請が来ていました。そのことをギアゴーストの伊丹に話しに行きました。重田が帰った後、ヤマタニからダーウィンにテスト中の不具合が起きてるというメールが来ていましたが、開発担当者の氷室が無視させました。

アグリジャパン当日。ダーウィンの周りには多くの人が集まっていました。午後になると、アルファ1とダーウィンの対決が始まりました。会場には、的場だけでなく藤間も現れました。

はじめにダーウィンのデモンストレーションが行われました。すべて完璧にクリアすることができました。アルファ1は走行性能、作業性能に多少問題がありましたが、3番目の安全性能の試験で案山子をひいてしまい、さらに、農場からでようとしてるうちに横転してしまいました。
帝国重工の信用は地の底に落ちました。

 

以上、ドラマ「下町ロケット」第8話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!
下町ロケット シーズン1 第9話あらすじこちら

下町ロケット シーズン1 第7話あらすじこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー