スマホを落としただけなのにのあらすじを一挙公開!結局犯人は?

 

スマホを落としただけなのには恋愛映画でしょうか?
スマホを拾った方と恋に発展し二人は幸せになりました…
であれば恋愛映画でしょうが、違います!
実はこの映画ミステリー映画なんです…
日本では「リング」や「らせん」などが怖い映画といえば
思い浮かぶかもしれませんが、
「スマホを落としただけなのに」
はタイトルのあとに続く言葉を連想させるようなミステリーとなっています。
監督も「リング」シリーズで有名な中田秀夫監督なのです(;・∀・)
「スマホを落とす」のは誰もが可能性のある話なので親近感がありますよね!
ではどんな言葉が続くのか?
三部構成であらすじをご紹介させていただきます!(^^)!

[スマホを落としただけなのにあらすじ]

[第一部]

主人公の稲葉麻美(北川景子)は富田誠(田中圭)と結婚を前提に付き合っていた。ある
日、会社のプレゼンへ向かう富田は夕食のデートの約束をタクシーの中でしていたが、渋
滞に巻き込まれ、会社に間に合わないと判断し電車に乗り換えるため急いでタクシーを降りた。
駅についた富田は混雑したホームを見て、遅れると思い会社に連絡をしようとするが、スマホがない。
バッグの中を探すが見当たらない。そこでタクシーに忘れた事に始めて気が付く。
ラインが既読に中々ならないのを不審に思った麻美は富田の携帯に電話をしてみる。すると
タクシーの中で拾ってたまたま持ってきてしまったという男が電話に出る。着信画面には
「稲葉麻美」と表記があったことから、「稲葉麻美さんですよね?」と電話で確認をされる。
「気持ちが悪い」と思いつつも、飲食店の店員さんに預けておくということで、富田にも
経緯を伝え麻美がスマホを取りに行く事になった。電話を拾った男は善意を装った「ハッカ
ー」で、スマホを解析しソーシャルブックというSNSから麻美と富田の写真を物色し、麻美に
興味を持ち始める。そして、スマホに細工をして店員に渡す。麻美が取りに来ると男はその
様子を動画で監視していた。一方、世間では人里離れた山から女性の遺体が複数体発見されるという
事件が起きていた。遺体は全て髪を切り取られ、腹部を複数回刺されていたことから、極めて猟奇的
な殺人として警察が動き出す。その頃、麻美と富田には奇妙なことが起こり始めていた。身に覚えの
ないクレジットカードの請求、SNSからの突然も連絡…情報がどこで漏洩したのかと考えるが、見当が
つかない。ソーシャルブックが原因かと疑うが、わからない。まさかスマホを落とした事が関係していると
この時は疑わなかった。ウィルス感染か?はたまた第三者による漏洩か?専門家に見てもらう
ことにし、二人は原因を探り始める。

[追記1]

とここまで読まれた方は、「犯人はハッカーの男に間違いない!」と思いますよね。カンのよい人は
さらに猟奇殺人の犯人もハッカー?と思われるかもしれませんが、(私もそう思いました(笑))
しかし、事態はなんと誰もが予想しない方向へ進みだします(;・∀・)

[第二部]

猟奇殺人について毒島(原田泰造)とIT企業から転職してきた新人の加賀谷(千葉雄大)は捜査に乗り出していた。
行方不明の女性について事件と関係があるとにらみその母親にDNA関係を依頼すると被害女性の1人だと判明する。
さらに、被害女性のスマホを持っていた犯人は富田のスマホを拾った男だった。ここで猟奇殺人事件と麻美と富田を
監視している男の関連性が示される。一方でデートをする麻美達、富田は「あさみんの家にいきたい」というが、
それを麻美は複雑な家庭環境から断固拒否し、帰ってしまう。

関係に悩む麻美たちを裏に、電話を拾った謎の男はソーシャルブック
に侵入しアカウントを乗っ取ってしまう。

男は乗っ取ったアカウントから富田が女性と楽しそうに映っている写真を見つけ
麻美に送りつけ麻美と富田の仲を裂こうと工作してくる。

精神的にも疲弊していた麻美はある日友人の加奈子(高橋メアリージュン)
のデートに付き合わされる。そこで以前因縁のあった大学時代の先輩・武井(要潤)と再会する。

学生時代に武井と付き合っていた
ルームメイトの山本美奈代(桜井ユキ)は別れたあと自殺をしていた。

武井はその美奈代の事を麻美に話すと怒って帰ってしまうが
追いかけてきた武井に無理やりキスをされてしまう。

そんな中、富田のスマホがロックされ身代金を要求される事件が起きていた。
麻美は知り合いのセキュリティーのプロ・浦野(成田凌)に相談しロックを解いてもらう。

が、謎の男からのしつこい画像や武井との
キス動画などのネット攻撃により麻美と富田の仲は次第に悪くなっていく。

さらに謎の男は武井のSNSアカウントにも侵入する。
そこで男は山本美奈代の写真を発見する。

山本美奈代の背中にはほくろがあった。そのほくろを見て麻美と共通な場所にあるのを認識する。
さらに男は麻美のアカウントを操りキスの動画や武井の情報を拡散した。

怒った武井は麻美に連絡し、困った麻美は再度、浦野に連絡し
ロックを解いてもらう。ここで浦野は一連の事件の犯人はスマホを拾った男が原因と伝え警察に通報する。

[追記2]

スマホを拾った男と猟奇殺人との関連が見えてきましたし、原因の特定も進み通報までしたのでいよいよ逮捕だと
思われたでしょうが、結末はだいぶ違います(;・∀・)それは麻美の過去と関係があるのです(;・∀・)

[第三部]

通報を受けた毒島と加賀谷が男の家に踏み込むと、既に男は自殺していた。

さらにそこには猟奇殺人事件の被害女性たちの写真とスマホが見つかった。

しかし、元IT企業出身の加賀谷は、この男は犯人じゃなく犯人に仕立て上げられたのだと見破る。
一方で、浦野とお酒を飲んでいた。

浦野は突然美奈代のことを話し出し、麻美と山本美奈代の秘密を知っていると告げる。

怒りに震えて立ち上がる麻美だが、お酒に入れられた睡眠薬によって眠り込んでしまう。

麻美が目を覚ますと、両手両足を鎖で拘束されていた。

目の前には浦野がいて、富田のスマホを拾って全てを仕組んだ犯人だと知る。

浦野はセキュリティーの相談を受けながら麻美を監視していたサイコキラーだった。

同時に警察が追う猟奇殺人事件の犯人でもあった。

浦野は幼い頃に母親から受けたトラウマにより、母と同じ長い黒髪の女性を襲っていたのだった。
抵抗もできない麻美だったが、麻美と連絡が取れず不審に思った富田が、追跡アプリを使って静岡の監禁場所まで助けに向かっていた。

一方で、加賀谷たち警察も犯人に迫っていた。監禁場所の遊園地から逃げ出そうとする麻美と富田に、浦野が襲い掛かり、富田は足を負傷する。
そして浦野は、麻美の秘密を富田に打ち明けろと迫った。意を決した麻美はすべてを洗いざらい告白した。
稲葉麻美の正体はなんと山本美奈代だった。
学生時代のルームメイトだった稲葉麻美が借金を苦に命を絶った際、迷惑をかけた美奈代に、自分の人生をあげると約束したのだった。

美奈代は辛い過去を清算し、整形もして稲葉麻美に成り代わった。

告白が終わると、浦野が突然襲い掛かってくるが、丁度いいタイミングで加賀谷たち警察が到着し、浦野は捕らえられる。

その後の取調室で浦野は、なぜ自分を追跡できたのかわからないという様子だった。
だが、加賀谷を見て理解する。「あなたは僕と同じ種類の人間だ」。

それから日が経ち、ひとりプラネタリウムにいる麻美の前に富田が現れる。

麻美の全ての真実を受け入れた富田は、再び彼女にプロポーズするのだった。

[追記3]

この結末は恐らくだれも想像しない結末だったと思います。麻美と美奈代のほくろの位置で勘づいた人もいるかもしれませんが
まさかこんな結末になろうとは…(;・∀・)
最後はハッピーエンドに繋がる伏線だったと考えれば納得もできますけどね( *´艸`)

以上が「スマホを落としただけなのに」のあらすじでした!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー