奥様は取り扱い注意1話 綾瀬はるかの戦い方がみどころです。

 

奥様は取り扱い注意の1話のキャストとあらすじをお伝えします。

 

出典:matomenaver.com

 

気になるキャスト

伊佐山菜美(綾瀬はるか)

合コンでゲットした旦那と暮らし、周りも羨むセレブな専業主婦。
しかし料理や掃除といった家事は苦手。
正義感がやたら強く怒らせるとかなり凶暴な元特殊工作員。
次々と悪者を成敗していく。

夫は特殊工作員である過去を知らない。
(綾瀬はるか)
1985年3月24日生まれ
2000年にホリプロの審査員特別賞受賞して晴れて芸能界デビュー。
代表作にドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『ホタルノヒカリ』、『八重の桜』、『きょうは会社休みます。』、『精霊の守り人』、映画『海街diary』などがある。
非常に真面目な性格でスタッフからの評価も高い。

伊佐山勇輝(西島秀俊)

菜美の夫。
セレブ合コンで菜美に一目惚れされ、3ヶ月というスピードで結婚した。
友人と共同でIT企業を経営しており、セレブ。
天然な一面もあるが、菜美のことを温かく見守る優しい性格。

(西島秀俊)
1971年3月29日生まれ。
幼い時から映画好きで映画関係の仕事をしたいと夢見る。
そして、1992年藤田まこと主演ドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優活動を開始する。
代表作にドラマ『あすなろ白書』、『八重の桜』、『ストロベリーナイト』、『MOZU』、『ダブルフェイス』、『とと姉ちゃん』、『無痛 訴える眼』などがある。
愛犬家でかなりのマッチョである。

大原優里(広末涼子)

菜美の隣に住む主婦で1児の母でもある。
知識が豊富で菜美のお姉さん的存在。
(広末涼子)
1980年7月18日生まれ。
幼少期より芸能界に憧れを持ち、1994年にグランプリを受賞する。
その後、CMやドラマに起用され、一握有名になる。
代表作にドラマ『ビーチボーイズ』、『聖者の行進』、『リップスティック』、『できちゃった結婚』、『スローダンス』、『龍馬伝』、『ナオミとカナコ』、映画『鉄道員』、『WASABI』、『おくりびと』などがある。
歌手として紅白出場した経緯もある。

佐藤京子(本田翼)

菜美の隣に住む主婦で高校時代の彼氏と結婚している。
おっとりしているが好奇心旺盛の一面があり
菜美の妹的存在。
(本田翼)
1992年6月27日生まれ。
2006年に人気モデルの登竜門であるファッション雑誌「SEVENTEEN」の
専属モデルとして華やかにデビューする。
代表作にドラマ『GTO』、『とんび』、『ショムニ2013』、『安堂ロイド』、『恋仲』、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』、『わにとかげぎす』
映画『アオハライド』、『少女』などがある。
芸能界の一番の親友はトリンドル麗奈と噂がある。

佐藤渉(中尾明慶)

佐藤京子の夫でメーカー勤務するサラリーマン。
優しい性格で強く言われると断れない性格。
(中尾明慶)
1988年6月30日生まれ。
幼い時から芸能界に憧れがあり、また両親も勧めもあり
ホリプロのスクールに通ってレッスンを受けた。
代表作はGOLD LUCK!!』、『WATER BOYS2』、『ドラゴン桜』、『ROOKIES』などがある。
妻も仲里依紗で女優業をしている。

佐藤良枝(銀粉蝶)

佐藤渉の母。
渉夫妻と同居をしているが、妻の京子へは厳しい鬼姑。
(銀粉蝶)
1952年5月13日生まれ。
普通のOLに入社が決まるも、入社1日目にして受けていたオーディションが
合格となり、女優の道に入る。
1981年、演出家の夫・生田萬(よろず)と共に劇団「ブリキの自発団」を創立。
代表作にドラマ『花燃ゆ』、『梅ちゃん先生』、『戦力外捜査官』、『HEAT』などがある。
銀さんや銀ちゃんといった愛称で呼ばれることもある。

大原啓輔(石黒賢)

大原優里の夫。
大学教授をして学生にも人気がある。
他人のことは気にかけず、自分のことしか考えないような性格である。
(石黒賢)
1966年1月31日生まれ。
学生時代はテニスをしており、そのテニスをしていたおかげで
高校3年生の時に主演デビュー。
代表作にドラマ『振り返れば奴がいる』、『ショムニ』、『ウェルかめ』、映画『ホワイトアウト』などがある。
『振り返れば奴がいる』で共演した俳優の織田裕二とは親友関係である。

大原啓吾(川口和空)

大原啓輔と大原優里の息子。
(川口和空)
2008年12月8日生まれ。
2014年にBEST KIDSのグランプリ受賞。
2017年にCMデビューし
ドラマの初出演はテレビ東京「デッドストック~未知への挑戦~」である。

水上知花(倉科カナ)

料理教室で知り合った友達だが
夫からDVを受けていることが発覚する。
(倉科カナ)
1987年12月23日生まれ。
高校生の時に試しに受けたオーディションでグランプリを受賞する。
4代目ゼクシィガールで
映画初出演作品は『GROW 愚郎』である。
スタイルの良さからグラビアアイドルとして活躍した時期もある。

水上喬史(近藤公園)

出典:uminonami.com

水上知花の夫。
妻に暴力を振るう最低なDV男。
精神的苦痛を与え続けている。
(近藤公園)
1978年10月11日生まれ。
学生時代は水泳部に所属しており、また水球にも熱中する。
1998年大人計画に入団し、演出助手として活動する。
2001年映画「ウォーターボーイズ」で主要メンバーの金沢孝志を演じる。
それ以降様々な役を演じ、個性派俳優として知られる。

第1話のあらすじ&ネタバレ

realsound.jp

島田優子(綾瀬はるか)は普通の主婦で穏やかに暮らしたいと
思っているが、何故か中国のホテルにいた。
菜美は出生時で捨てられ、ひとりぼっちで生きてきた。
そのためか職業はスパイ。
男性と激しい闘いになりながらも秘密情報入りのUSBを守り
またある人物と脱出する任務を遂行する。
なんとかうまくいき脱出成功。
最後海に追われ、そして飛び込みスパイとしての人生を終えた。

 

スパイを辞めてから前の名は捨て、新たに片山菜美(綾瀬はるか)という名前で
新しい人生をスタートさせた。
スパイをしていたことから英語が流暢に話せた菜美は
一流会社の受付嬢を務めた。
前とは180度違って穏やかな生活だが、菜美はこの生活を好んでいた。

そして、同僚に誘われセレブの人達が集まる合コンへ参加する。
その合コンで一人の男に一目惚れしてしまった。
この男の名は勇輝(西島秀俊)という。
お互いの両親がいない環境で育った話から
意気投合して付き合い、3ヶ月という早さで結婚した。
勇輝はIT企業で勤めており、この会社は友人と立ち上げた。

 

結婚し、二人は新居を見つけ引っ越した。
その新居の両隣に大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)が住んでいる。

出典:cinema.ne.jp

半年経ったころからその優里と京子が
菜美のところに遊びにくるようになる。
料理や掃除といった家事が不得意な菜美はそれを打ち明けると
優里と京子が料理教室に通おうと言いだし、通うことになった。
料理教室で指導を受けている時に菜美は一人の女性が気になった。

その女性は水上知花(倉科カナ)で
脇腹を押さえながら料理をしていた。
そんな仕草から誰かに暴力を振るわれているかもしれないと思い
菜美が訪ねると知花は怒り出し料理教室を出て行ってしまった。
数日後、菜美がスーパーで知花を見かける。
知花はサングラスをしており取ると目の周りにあざがあった。

誰かの暴力を受けていることに確認し、助けると菜美が言うが
知花は自分でぶつけて怪我しただけで助けは不要と言い帰った。
その夜、夫の勇輝(西島秀俊)に相談するが
この問題に首を突っ込むのは難しいのではと言う。
また、一度友達に相談してみてはと言う。
菜美は優里(広末涼子)と京子(本田翼)に相談する。
優里は仲良くなってそれから助けてあげようと提案する。
その提案に納得し、菜美は知花の家に一生懸命思いを綴った手紙を
投函した。
また、その思いと3日後にあるランチの誘いをした。
そして3日後のランチ会。
菜美の家に知花はきて、優里と京子の4人で楽しく過ごした。
しばらくして知花は帰ったが、この日は肝心のDVについて聞くことはできなかった。

知花の家ではシャンプーが無くなっていたという些細なことで
夫の喬史(近藤公園)が知花に暴力をふるっていた。

喬史は暴力を教育のためだと正当化し、繰り返し知花を殴った。
翌日、知花は菜美のところへ相談に訪ねた。
今までは嫌がっていた、これまでの経緯を詳しく説明した。
前は仲がいい夫婦だったが、3年前くらいから突然暴力をふるうようになったという。
また、夫はいつも暴力をふるった後は優しくするという。
そして知花は服を脱いで、みんなにあざを見せ
泣きながら助けてくださいと言った。

その夜、知花の家に菜美、優里、京子が訪れた。
DVをやり続けるのであれば、警察に通報するというが喬史は動じない。
喬史は知花には虚言癖があり、DVは嘘で本当は自分であざを作ったと言う。
そんな一連の喬史の行動に知花も怖くなり
ご迷惑をお掛けしましたという言葉を伝え、今日は帰ってもらうことに。
帰り道、煮え切らない菜美、優里、京子は
これに懲りず、これからも連絡を取り合い知花を助けようと誓った。
後日、菜美は再び知花の元を訪ねプレゼントを渡した。
それから1ヶ月、知花とは連絡が取れなかった。

知花は物事に対する強い気持ちを抑えきれず
菜美に電話をかけたが菜美は気がつかなかった。
あれからもDVは治らず、ついに知花は夫に離婚を申し出た。
分かったと言った夫だが包丁で知花の胸を刺した。
ようやく電話を確認出来、菜美は知花の残したメッセージを聞く。
夫と戦う意思のメッセージを聞いた菜美は知花の元に急いだ。
到着すると知花の家には救急車が来ていて
そこには包丁を刺され運ばれる知花の姿が。
10日後、病院で知花から事情を聞く、菜美。
そして知花は夫と離れて暮らしたいと言った。
その夜、菜美は夫の喬史の元を訪れ
知花とは離れて暮らしてと言ったが、聞く耳を持たなかった。
その様子に呆れ、部屋の隅に置かれた熊のぬいぐるみを取り
隠しカメラで一部始終撮影したことを言うと
喬史は怖い顔でおとなしくそれを渡せと言った。
当然それを渡すわけにはいかない菜美だが
相手の喬史は学生時代にボクシングで全国を制覇した男。
しかし、菜美の強さはそれ以上で
あっという間に喬史を倒し、そして迫った。
ネットで動画を拡散され、名誉や地位を失いたくないのであれば
知花と離婚しろと。
そして、慰謝料として家を知花に渡せ
3日以内にこの町から出ていけ
どこにいても見張っているからと告げ、水上家を出た。

平凡な日々続きだったが、久しぶりに悪者を成敗した菜美は
スッキリしていた。
家を渡す約束をしていたが、結局、知花も町を出ること。
ただ、旦那からのDVの呪縛は解放されたので全員安堵し
一件落着となった。

この奈美の戦いぶりが本当にキレがあってかっこいいものです。

悪から弱いものを守る。ベタな内容だけど次はどのようにして

倒すのかという興味で楽しみなドラマだなと思ってしまいます。

ドラマ 奥様は取り扱い注意 2話あらすじ・ネタバレはこちら

ドラマ 奥様は取り扱い注意 本田翼・広末涼子の服はどこのブランド
?はこちら

ドラマ 奥様は取り扱い注意 綾瀬はるか ワンピースはどこのブランド?画像公開は
こちら

奥様は取り扱い注意 ドラマのロケ地を一挙公開。映画でのロケ地も予想してみました。は
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー