アリバイ崩し承ります 浜辺美波 第1話ネタバレ キャストは?いつから放送?

『アリバイ崩し承ります』第1話

 

1、 キャスト

 

①美谷時乃(みたに ときの)/ 浜辺美波(はまべ みなみ)

 

都心から遠く離れた那野県那野市の商店街で「美谷時計店」を切り盛りする若き店主。
那野市で小さな時計店を営む父方の祖父に引き取られて以来、幼い頃から時計修理に興味をもち、技術を学んできた。
また、祖父からアリバイ崩しの技術とノウハウも仕込まれたが、「アリバイ崩しは人の恨みを買う危険がある」として禁止されていたが、警察キャリアの察時に空き部屋を貸し出すことになってしまったことを機に、一回5000円でアリバイ崩しの仕事も始めることになる。

②察時美幸(さじ よしゆき)/ 安田顕(やすだ けん)

 

那野県警察本部捜査一課管理官。
警察庁のキャリアでエリートコースを歩んでいたが、対立派閥の汚職を暴こうとして返り討ちに遭い那野県警に左遷されてきた。
美幸(よしゆき)という名前を“みゆき”と読んで女性だと勘違いした時乃の家に下宿することになる。
プライドが高く、協力し合って捜査する仲間がいないが、時乃が“アリバイ崩し”ができると知り、葛藤の末に一回5000円で依頼する。

 

③渡海雄馬(とかい ゆうま)/ 成田凌(なりた りょう)

那野県警察本部刑事部捜査一課巡査部長。
ノンキャリアだが、父親が地元選出の大物国会議員のため、同僚や上司から常に忖度されている。時乃のことが好きだが、相手にされていない。
父の跡を継いで、那野県の治安、そして時乃の幸せを守るのを目標としているが、空回り気味。突然やってきて偉そうに指示してくる察時が気に入らず、何かと反発する。

 

④樋口秀人(ひぐち ひでと)/ 柄本時生(えもと ときお)

那野県警察本部・鑑識課 検視官。
オネエの検視官。察時と話すときは距離を詰めがち。
遺体や押収品などから、事件解決の手掛かりとなる証拠を見つけ出す。

 

⑤下郷明斗夢(しもごう あとむ)/ 井上雄太(いのうえ ゆうた)

 

那野県警察本部刑事部捜査一課巡査部長。
雄馬の後輩刑事。察時の推理力に尊敬の眼差しを送る。

 

⑥堀雅人(ほり まさと)/ 溝口琢矢(みぞぐち たくや)

那野県警察本部刑事部捜査一課巡査部長。
下郷と同じく雄馬の後輩でメンバー最年少の若手刑事。

 

⑦高杉カレン(たかすぎ かれん)/ 是永瞳(これなが ひとみ)

那野県警察本部事務員。
来客対応や書類の整理など、事務仕事を担当している。時乃とも親しい。

⑧美谷時生(みたに ときお)/ 森本レオ

半年前に他界した時乃の祖父で、美谷時計店の前店主。事故で両親を亡くした時乃を引き取り、長らく二人で一緒に暮らしてきた。
時乃が幼い頃から、アリバイ崩しの技術とノウハウをみっちり仕込んできた。

 

⑨牧村匠(まきむら たくみ)/ 勝村政信(かつむら まさのぶ)

那野県警察本部刑事部捜査一課係長。
国会議員の父を持つ雄馬をベタ褒めするなど、露骨に持ち上げる。

 

⑩綿貫哲治(わたぬき てつじ)/ 中丸新将(なかまる しんしょう)

那野県警本部長。
県警のトップであるが国会議員を父に持つ優馬に忖度し、持ち上げている。時乃に腕時計の出張クリーニングを頼んでいるほどの常連でもある。

 

2、 原作

著者:大山誠一郎
発行日2018年9月20日(実業之日本社)
2014年から2017年にかけて実業之日本社の雑誌『月刊ジェイ・ノベル』に掲載された。2018年9月7日に単行本、2019年11月25日に文庫本が刊行された。
時計屋の若き女性店主が祖父譲りの推理力を発揮して、警察の捜査一課が頭を悩ませる難事件のアリバイ崩しに挑むさまを描く。

3、いつから放送?

2月1日の土曜日23時15分〜0時05分となります。

4、第1話のあらすじ

 

3、第1話のあらすじ

亡くなった祖父から受け継いだ時計店を一人で切り盛りする若き店主・美谷時乃は時計修理の傍ら、一回5,000円の成功報酬で、時間や事件に関わる“アリバイ崩し”を始めようとしていた。

そんな時乃はある日、時期はずれの異動で県警捜査一課に赴任してきた管理官・察時美幸と出会うが、その矢先、二人の目の前で男が車にはねられる事故に遭遇してしまう。男は、駆け寄った二人に「人を殺した」とつぶやき、そのまま意識不明に…。

男は、有名な推理作家・奥山新一郎(丸山智己)だった。そして、奥山の証言通りに操作を進めると、マンションの自室で亡くなっている中島香澄(森矢カンナ)を発見する。

しかし調べを進めるうち、時乃らの目の前で事故に遭った奥山には犯行不可能であることが判明する。プライドの高い察時でしたが、捜査も進まないため、葛藤の末、時乃に“アリバイ崩し”を依頼することに。

察時から事件の詳細を聞いた時乃は、奥山のアリバイを崩すことに成功する。

実は奥山が中島の首を絞めたのは奥山の自宅で、気を失った中島をみて殺してしまったと勘違いしてフラフラと家を出て、事故にあってしまった。

そして、奥山が出ていったあと、意識を取り戻した中島は自宅マンションに戻ったところ、中島の部屋に忍び込んでいたマンションの管理人である磯田幸三(田山涼成)と遭遇し、殺害されたのであった。

こうして無事に事件は解決、察時は時乃に5000円を支払うのでした。

4、感想

魅力的で個性豊かなキャラクター性が表現されており、引き込まれる作品でした。

時乃を演じる浜辺美波さんはかわいらしく、察時演じる安田顕さんとのからみが面白さを引き立てていました。

また、内容についてもアリバイを崩していく過程が痛快、謎解きをポップにわかりやすく見せており面白く仕上がっていたのではないでしょうか。

今後、時乃と察時のコンビがどのような事件を解決するのか、優馬の気持ちは伝わるのかなど、どのようにストーリーが展開されるのかとても楽しみな作品だと思います。

4、感想

魅力的で個性豊かなキャラクター性が表現されており、引き込まれる作品でした。
時乃を演じる浜辺美波さんはかわいらしく、察時演じる安田顕さんとのからみが面白さを引き立てていました。
また、内容についてもアリバイを崩していく過程が痛快、謎解きをポップにわかりやすく見せており面白く仕上がっていたのではないでしょうか。
今後、時乃と察時のコンビがどのような事件を解決するのか、優馬の気持ちは伝わるのかなど、どのようにストーリーが展開されるのかとても楽しみな作品だと思います。

アリバイ崩し承ります 2話 あらすじ・ねたばれこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー