テセウスの船 5話 あらすじと気になる犯人は誰?鈴が一番怪しいと思う理由

[テセウス 犯人予想]

第5話では新たな真犯人に関する情報がでてきましたが、31年前の連続殺人事件の犯人は誰なのか?
気になる点としては、「木村ミキオ」「気持ちが悪い絵」「木村さつき」が真相のキーワードになりそうです。
「気持ちが悪い絵」は殺された田中さんの自宅にあったノートに書いてあった絵ですが、村で起こる事件の前兆ともとれるような絵が何者かによって書かれていました。

盲目の田中さんは見えないので誰が書いたかは当然わかりません。
いつも出入りしていた長谷川は怪しかったのですが、毒殺されてしまいます。

そのノートを書いていた人物は犯人と同一
人物である可能性がありまた、田中さんの家に出入りしていた人物にもなります。

となると介護で村に通う○○も
犯人の可能性はあるといえますが、、、。そもそも田中さんは本当に目が見えないのかがというところも気になります。
目が見えたとすればあのノートを田中さんが書いてたとしても誰も疑いません。なので犯人の可能性としては十分ありえると
思われます。

次に「木村ミキオ」が犯人である可能性ですが、現代では木村さつき、木村ミキオ、田村鈴の3人で生活してますが母親である木村さつきは監視カメラを設置して鈴を監視してます。

そもそも鈴のことを怪しんでもいないし田村心と繋がりが
あることも知らない為、もともとの目的としては「鈴を監視するため」に設置したものではないと思われます。

では目的は何かというと「木村ミキオの監視」です。

恐らくですが、31年前の事実をさつきは知っていてその事件にミキオが関わっているため
情報の漏洩を防ぐためにカメラを設置したのでは?と思うとつじつまが合います。

ミキオは実行犯でないにしろ事件には深く関わりがありそうです。

もしくはミキオが歩けないのは実は嘘で歩いているのをさつきが目撃したためか?どちらにせよ
ミキオとさつきの間にも何かしら秘密がありそうです。

反対にでは「木村さつき」が犯人の可能性はどうでしょうか。
現代で31年前の事件の犯人を見ている佐々木紀子と面会し普通に話していることからその選は薄いと思われます。
ただここで気になるのはひたすらに佐野文吾の冤罪を認めないところです。つまり真実を公表されて困るようなことがあるということと
佐野文吾に対し尋常ではない恨みがあるということです。冤罪を認めさせない行動をしていることからやはりさつきは真犯人を知っている
といえるでしょう。

[真犯人の可能性]

ここで「過去」と「現代」で共通してまだ存在していない人物を考察します。井沢 健次、石坂 秀夫、田中 正志、徳本 卓也は未だ現代での存在が明らかになっていません。

当時高齢だったことから井沢、石坂は生きていればかなりの高齢、田中、徳本はまだ
高齢ながら生きている可能性があります。ただこの4人が事件を起こしたもしくは関わっているとすれば動機は何なんでしょうか。
現在のところでは事件に繋がるような伏線がないため直接的な実行犯である可能性は薄いのかなと思います。
ここで犯人と思われる人物が描いた「絵」を思い出して欲しいのですが明らかに子供が描いたような絵に思われます。殺された田中も
子供が出入りしても別に怪しむこともないと思います。ただ、介護に通っていた田中正志はひょっとするとみたことはあったかもしれません。ではその子供とは誰なのか。それは31年前に亡くなったと言われてた「三島明音」です。現代の佐野鈴は実は「三島明音」
で成り代わっていたという可能性です。現代では殺人犯の娘であることを隠すために名前も顔も変えて偽名で生きていますが
本当は成り代わっているため変えざるを得なかったというのが正しいと思います。動機としては幼いころから木村ミキオのことを好きだった
が、ミキオは鈴のことが好きだったため、鈴が邪魔になり計画を思いついた、というものです。成り代わって見事鈴になった明音は
ミキオと結婚することに成功します。ミキオはその事実を知りませんでしたが、結婚していることから戸籍などで知ってしまったのでは
ないでしょうか。となると邪魔になるのは田村心の存在なので今後としては命を狙うか攪乱しようとするのではないかと予想されます。
しかし、当時の目撃者である「田中正志」の登場で「明音」の存在が明らかになり真相が明らかになる気がします。

このドラマのHPには「この謎に涙する」とありますので、そういう結末で涙するのかもしれません。また、田村心に警告文を出したのも鈴だと思われます。
根拠としては、心がタイムスリップして真実を究明しようとしているのをしっているのは鈴だけだからです。ここで1つ思い出してほしい
のが、木村さつきに殺された佐々木紀子は何を語ろうとしていたのか?ということです。この内容を知っているのは佐々木本人だけですが
31年間黙秘を貫いてきたが、服役している佐野文吾と話し真実を打ち明けることを決意します。その内容は31年前に元婚約者であった
長谷川を殺したのは佐々木であったということ…。金丸刑事を殺しているのが長谷川だったことを目撃してしまい因果から殺してしまったというものです。
そしてこれを命じたのは「三島明音」だったということ…。もしくは三島明音が生きているという事実を公表しようとしたがために
殺されてしまった。なので毒殺をしたのは実は鈴という可能性が高いです。だとすれば今後のストーリーではそのあたりの証拠や経緯などが明らかに
なっていくかもしれません。

テセウスの船 第4話 変わり果てた未来 あらすじ・ネタバレこちら

テセウスの船 6話あらすじ・ネタバレはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー