東京ラブストーリー 8話 この恋を信じたい ネタバレ あらすじ

東京ラブストーリー 8話のあらすじ ネタバレ

今回は東京ラブストーリーの終盤にさしかかる、第8話「この恋を信じたい」のあらすじ・ネタバレ、感想などご紹介させてもらいます。

 

1.【ネタバレあらすじ】を読むだけで楽しめる?東京ラブストーリー第8話のすべて

第8話「この恋を信じたい」も視聴率が高く、22,9%を記録しています。
以下、あらすじだけでなく、ネタバレも含みますので、注意してください。
大きな変化としては、永尾完治と赤名リカの本格的なすれちがい、そしてさとみの完治へのアプローチでしょう。

三上と別れたさとみは完治にアプローチをかけるようになりました。
一方で、恋人であるリカには、ロサンゼルス勤務の話が舞い込んできます。
そうこうしているうちに、2人のコミュニケーションはすれ違いはじめ

リカは元恋人の和賀部長と会うことに…というストーリーになります。

以下、詳細なあらすじになります。
完治がさとみに惹かれていき、リカとの亀裂が深くなっていきます。

1)悪女さとみからのアプローチに惹かれる完治

完治は、三上との破局から回復したさとみをはじめとする同級生たちと結婚式に参加しています。
乗り気ではなかったものの、二次会の余興として、完治はプリッツゲームをノリノリのさとみとすることになりました。
しだいに近づく、さとみの顔に耐えきれず、完治はプリッツを折り、終わらせました。

二次会が終わり、完治はさとみと2人きりで帰る途中、今度リカも一緒に食事をしようと誘われます。
このときの完治はリカも一緒に、と言われて少しがっかりした様子です。
ちなみに、後日、「私は、ずっと一人ぼっちでいいの。もう人を好きになるのはこりごり」と完治に伝えて、心配してもらっています。

2)リカ、ロサンゼルスへの海外転勤を命じられる?

完治が結婚式に参加していた日の夜に、リカは和賀部長から飲みに誘われます。
部長は、はじめこそ完治との関係を気にしつつも、ロサンゼルスへの転勤についての本題を切り出します。
これはリカが以前に海外勤務の希望を出していたことを受け、部長はリカを推す、ということでした。
完治と一緒に転勤にはできないので、どうするか考えてほしい、とのことです。

3)完治、チカの本格的なすれ違いの始まり?

 

完治が結婚式から帰ると、部屋にリカがいたので、今度三人で食事に行こうと誘おうとします。
しかし、リカは完治の母と電話をしていました。

完治は自分がリカとすぐに結婚することになると母に勘違いされるだろ、とリカを叱り、さとみとの食事を誘う気分ではなくなったので、電話の件を含めて、それで終わりにしました。
こうしたちょっとしたことから、より本格的に二人のすれ違いが始まったのです。

4)リカはノックアウト?食事会と異動のダブルパンチ!

仕事中のリカに、さとみから電話がかかってきます。
さとみは完治に伝えたものの、完治からリカには伝わっていなかった、三人の食事についてでした。
リカはやらなければならない仕事があったため、完治がわざと伝えなかったのではないかと不安に思います。

そして、仕事が終わり、帰ろうとすると、部長からロスへの異動が正式に決まり、近々内示が出ると伝えられます。
こうしてリカはさらに動揺することになります。

5)リカと完治は別れる?それとも…?

完治が部屋にいると、リカがみどりと石井を連れてやってきます。
しかし、みどりが、これまたタイミング悪く、リカのロス行きを話し、そのまま帰ってしまいます。

完治は初耳だったため、リカにどうして話さなかったのか聞きますが、リカは転勤をするつもりはないが、別れないとダメなのか、と怖くなり、切り出せなかったと言います。
そして、完治は、さとみと2人きりのほうが楽しいと思っているんでしょ?と完治の部屋から逃げ出します。

一度はリカを追った完治でしたが、部屋に戻るとさとみから電話がかかってきました。
その時にちょうどリカも完治に電話をかけましたが、一足遅く通話中です。
そんなリカが次に電話をかけて、現れたのが…元恋人の部長でした…。

というストーリーになります。

2.ハートスポーツは私用電話OK?

第8話にもなって、改めて気づいたのですが…。
私用電話多すぎません?
2人が勤務するハートスポーツ本社は私用電話をいくらかけても問題ないのでしょうか?

私語をするなら、休憩中や仕事の話のついでに軽く、というのは分かります。
正直言って、私もよくしていました。

しかし、いくらなんでも仕事中に同じ社内の相手に「今夜食事行こうよ」は…。
と一時は思いましたが、むしろ仕事の用事もないのに、相手の部署まで出向いて「今夜食事に行こうよ」と誘うよりは、移動時間を減らすことができるので、良いのかも?とも思い始めました。
いや、でもやっぱりダメでしょ。

3.さとみのアプローチは悪女のやり方

さて、どうしても書かずにいられない、さとみの行動。

さとみは三上と別れたので、他の男性にちょっかいをかけるのは問題ありません。

 

ええ、相手もフリーなら。

 

完治に恋人がいて、相手が自分とも交流があるリカであると知りながら、完治にプリッツゲームをしかけて、終わらせた完治に対して不満顔を見せたり、思わせぶりな態度をとったり、リカが完治の部屋にいるかも知れないのに遠慮なく電話をしてくることなどから判断して、かなり悪質なのではないでしょうか。

 

自分の部屋に荷物を取りに来た三上を追い出すように荷造りを手伝う一方、手編みのマフラーを渡すあたり、三上の自分に対するイメージを悪くせず、完治との仲を良好に保つための作戦にも思えてきます。

 

元々好きだったさとみの好意からくるアプローチを断り切れていない完治もどうかと思います。

リカとの関係に対して、決定的に不誠実といえることをしているわけではありませんが、完治の言動は明らかに、ブラック寄りのグレー判定。

いつさとみに乗り換えてもおかしくないように思えます。

 

しかし、そういった言動はみな、さとみから誘ってきているため、さとみが悪い女性のように感じられました。

 

なんだか最終回までこんな展開が続きそう…。

東京ラブストーリー9話 あらすじ・ねたばれこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー