奥様は取り扱い注意 7話 あらすじ・ねたばれ 元彼にもどる女心

奥様は取り扱い注意 7話 あらすじ・ねたばれ

町の探偵

菜美(綾瀬はるか)、優里(広末涼子)、京子(本田翼)は
友惠(霧島れいか)から人探しをお願いされます。
友恵いわく3人は町の探偵みたいな存在と噂になっており
今回相談しに来たと言います。

友恵は重い病を患い、余命半年宣言をされています。
これは重い病がかなり進行してしまった場合であり
治療がうまくいけば余命が伸びる可能性があると言います。

友恵の会いたい人物は、大学時代に付き合っていた元恋人ですが
大学を卒業してから20年以上は経過しているので
見つけるのは困難な可能性があるとのこと。

ある日、京子は姑から主婦の立場で『外出することが多すぎる』と説教されます。
また子供が居ない以上は、何か問題が起きると
出ていくのは京子になると忠告されます。

そんななか京子は夫の浮気が心配になり
夫が寝ている間に夫の携帯をチェックします。
一方優里(広末涼子)は友人から合コンの誘いを受けますが
子供の事を気にしてあまり気が進まない様子でした。

 

菜美は友恵から探してほしい人の名前などの情報を聞きました。
この情報に加えて写真でもあれば捜査はもっと進んでいくのですが
結婚する時にその彼の写真は全部捨ててしまったと言います。
結局彼の情報といえば、名前と当時住んでいたアパートの住所のみです。

昔の彼氏と再会 そして…

菜美はスパイ時代の同僚である
小雪(西尾まり)の元を再び訪れました。
そして小雪に名前と住所が書いてあるメモを渡し、人探しをお願いしました。

 

京子は気になっている夫の浮気疑惑について菜美と優里に話しました。
同じ会社に勤めている女性と頻繁にメールをしていると言います。
残業のことについて頻繁にメールをしているなんて明らかにおかしいため
その残業とはデートのことだろうと推測を立てます。
ただ、一度様子を見ることになりました。

 

優里も夫に最近の行動についてとやかく言われます。
菜美や京子たちと頻繁に会うことが悪いことではないが
『節度を持って』と言われ、よく考えて遊ぶように言われました。
結局優里は夫の態度が気に食わないため、金曜日の合コンに参加することになりました。

小雪のおかげで友恵の大学時代の恋人が見つかりました。
その男は幸平(渋川清彦)といい数年前に逮捕された経緯があり
なんと17回もの回数引っ越しをしておりました。

菜美は幸平のもとを訪れますが、何故か幸平は逃げ出してしまいました。
それでも必死に追いかけ、菜美は捕まえます。
そして近くの喫茶店に入りました。

話を聞くと幸平は逮捕歴もあり、働きもせずニートをしているようです。
そして現在の友恵のことを話して
会ってくれないかとお願いしました。

菜美は幸平の現状のことについて話をしました。
どうやら友恵は幸平の逮捕歴があることについては知っていたようでした。
そして今度会ってくれるみたいだと友恵に伝えました。

 

狂いだす歯車

 

約束の金曜日になり優里は合コンへ出かけました。
そして優里よりは若い男性と少し仲良くなりました。
男性はメールアドレスを聞き、少し戸惑いましたが
優里は教えてしまいます。

 

この開かれた合コンは普通の合コンではなく
裏である男(玉山鉄二)によって仕切られています。
男とその手下は『この街を廃墟になるくらいにボロボロにしたい』と話していました。

 

そして友恵と幸平が会う日になりました。
現在幸せそうに暮らしている友恵に対して幸平は『幸せそうだね』と
言いましたが、なにも安定していることが幸せとは直結しないと友恵は言いました。

 

昔は大きな夢を見ていた幸平に対して、この人と安定した暮らしは送れないと
思っていたのですが、今となっては反対で『毎日ハラハラしたり、心配したりしたい』と
言いました。
これを気に夫とは離婚し、幸平と一緒に町を出ました。

 

優里は合コンで知り合った男と頻繁にメールのやり取りをしています。
最初は夫への罪悪感は大きかったのですが
日に日に若い男性に惹かれ、気持ちが変わっていくのを感じていました。

 

菜美は1週間近く出張に行っていた夫(西島秀俊)と
しばらく会えていなかったのですが、久々に会えました。
ただ帰ってきた夫の様子がいつもと少し違うような気がしていました。

第7話の感想

今回の話では様々な問題が発生する前兆と思われる場面が
いくつかありました。

優里(広末涼子)が怪しげな若い男性とメールをしていますが
これから危ない問題に巻き込まれそうな気もします。

また、菜美(綾瀬はるか)と夫(西島秀俊)の関係も
普通の夫婦とは思えないようになってきました。
菜美自体は元から隠している過去があるのですが
夫(西島秀俊)のほうも隠していることがあるような気がします。

 

それにしても人間は安定した生活をしているだけでは
満足感が得られず、逆に不安になってしまうということ
このドラマを見て再認識いたしました。

第8話も楽しみです。
最後に新たなキャストを紹介したいと思います。

 

小野寺 友恵(霧島れいか)

出典・tbscasting.com

1972年8月5日生まれ。
高校卒業後にOL勤務を経験し、芸能界に入ります。
女優として1998年にドラマ『ブラザーズ』へ出演し
ほかにも『リーガルハイ・スペシャルドラマ』など多数のドラマに出演しています。
映画にも出演しており『運命じゃない人』『ノルウェイの森』などの作品に出ています。
趣味は水泳で特技はバレーボールやポールダンスです。

上原 幸平(渋川清彦)

出典:twitter.com

1974年7月2日生まれ。
18歳まで群馬で過ごし、音楽プロになるため、上京します。
その後、声を掛けられファッションモデルとしてデビューします。
そして1998年に映画『ポルノスター』でデビューを果たします。
その他の作品として映画『そして泥船はゆく』『お盆の弟』『モーターズ』
『アレノ』『神と人との間』『榎田貿易堂』などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー