初恋 窪田正孝主演 キャスト・あらすじ いつから上映?

[初恋 キャストとあらすじ]

2020年2月28日公開予定の窪田正孝主演の映画「初恋」についてのキャストとあらすじ
をご紹介させていただきます!(^^)!

 

いつから?

2020年2月28日から上映されます。

[キャスト]

出典:callet.work

葛城レオ(窪田正孝)

天涯孤独の主人公で希有の才能を持つ連戦連勝のプロボクサー。ところが楽勝な相手にKOされ、脳腫瘍と医者に告げられ余命わずかなことを告げられる。
偶然、歌舞伎町で追われているモニカを助け自分に境遇が似ていることから共感し、ヤクザとチャイニーズマフィアから逃げることに。時をモニカと共に過ごす。

大伴(大森南朋)

自らの正義を振りかざし悪をも牛耳ろうと、アンダーグラウンドに足を踏み入れた刑事。ヤクザの加瀬と手を組みヤクザの資金源である”ブツ”
を奪い取る画策をする。が、歌舞伎町でモニカを追いかけるが、葛城レオにKOされ警察手帳を撮られてしまう。逃げたレオとモニカを追うことになる。

加瀬(染谷将太)

ジャパニーズ・マフィアの策士。大伴刑事と通じている。要領がいい成り上がりのヤクザ。ヤクザとチャイニーズマフィアの同士討ちを狙うが
その計画に綻びが出てしまう。

モニカ(桜井ユリ)小西桜子

この映画のヒロイン。モニカは源氏名。不遇な家庭環境からアンダーグラウンドと関わるようになった少女。ヤクザに身を売られ薬づけの毎日に。
大伴に追われるが歌舞伎町でレオに助けられ一緒に過ごすことで生きることに段々前向きになっていく。

ジュリ(ベッキー)

ヤクザの一員であるヤス(三浦貴大)の彼女。恋人を殺された悲しみを憎悪に昇華させ、髪を振り乱し、敵意むき出しにバールを振り回す。
しかし、見た目に反して純粋。加瀬に殺されそうになる。

ヤス(三浦貴大)

ジャパニーズマフィアの一員。元ハングレの組員。チャイニーズマフィアに殺されてしまう。

イェン(顔正國)

チャイニーズマフィアを仕切るボス。資金源となる“ブツ”を巡りジャパニーズマフィアと抗争を続ける。

トゥアン(段釣豪)

チャイニーズマフィアの一員。イェンの片腕。

チアチー(藤岡麻美)

女チャイニーズマフィア。

タンロン(三元雅芸)

チャイニーズマフィアに雇われた殺し屋。

市川(村上淳)

ジャパニーズマフィアの核弾頭。権藤を慕う組員。曲がったことが大嫌いな昔気質のヤクザ。義理人情にも厚い。
権藤と共に、“ブツ”の取引を潰したチャイニーズマフィアへの復讐に乗り出す。

テル(内田章文)

市川の弟分。

城島(出合正幸)
組の中堅幹部。

ユウ(小柳心)
城島の弟分。

組長代行(塩見三省)
組織を束ねる組長代行。世の中の流れと共に弱体化する組に対し半ば諦めているが、事実上のトップ。その鋭い眼光で組を束ねている。

権藤(内野聖陽)
懲役明けの蓮葉栄組若頭。ジャパニーズマフィアきっての武闘派。喧嘩っ早いことからチャイニーズマフィアに恨まれている。日本刀を持ち暴れまくる。

境(滝藤賢一)
葛城レオを診察する医者。

占い師(ベンガル)
葛城レオを占う。

モニカの父(山中アラタ)
モニカの幻覚中に現れる父。

竜司(谷嶋颯斗)
モニカの高校時代のクラスメイト。

みゆき(矢島舞美)
大伴と関係ある看護師。

初恋 あらすじ・ねたばれ

身寄りもなく孤独で辛かった過去を持つ天涯孤独の葛城レオは、類い稀なる才能を持つ連戦連勝の天才ボクサーとして活躍していた。

しかし、楽勝な相手にまさかのKO負けをしてしまったレオは、負けた違和感から病院を受診する。すると大きな脳腫瘍があることがわかり

余命あとわずかだと告げられる。大好きなボクシングもできなくなり、自暴自棄になっていたレオは偶然に歌舞伎町で追われて

逃げている少女を目撃する。その少女モニカは親の虐待から逃れるために歌舞伎町に流れ着き、運悪くヤクザ達に囚われていたようだった。

追ってくるヤクザを1発KOしたレオは偶然とはいえモニカを助けてしまう。余命あと僅かだしこのままモニカを放っておけない…と半ばヤケクソで救うことを決意する。

それがまさか、ヤクザとヤクザを結ぶ抗争に巻き込まれることになるとはこの時は思いもしなかった。

KOされた男は悪徳刑事の大伴でヤクザの策士・加瀬と裏で手を組み、ヤクザの資金源となる“ブツ”を横取りしようと画策して、モニカを見張っていたのだった。

モニカと共に資金源となる“ブツ”が消え、さらにヤクザの一員である元ハングレのヤスが殺されたことを彼女のジュリから知らされる組員一同は、

組長代行の基で今にも一触即発の様相を呈している。

一連の事件をチャイニーズマフィアの仕業だと踏んだ組随一の武闘派・権藤が

組の核弾頭・市川と共に復讐を決意し、ジュリも後を追う。追ってくるヤクザから逃げ惑うレオとモニカは次第に「生きる」ということに

執着し恋心が芽生え始める…。

 

レオとモニカはモニカの生まれ故郷にいく

そこにモニカがコカインを隠し持っているのでないかとチャイニーズマフィアが

くるが同時にいあわせたジャパニーズマフィアもきて一騎打ちに。

レオとモニカはさらに逃げる。

 

その間にレオに何度も電話がかかっておりかけな押すと病院からで

『脳腫瘍の診断は前の患者とのまちがいだった、レオは脳腫瘍ではない』とつげられる。

絶望だったレオは、もう一度ボクシングに戻ることに・・・

そしてモニカはちゃんと薬物治療を始めるため入院するのだった。

 

そして季節がまわって雪が降り始めたころ、退院したモニカとレオが一緒に部屋に入るところをカメラは映して映画は終わります。

 

感想

過激にシーンがみどころですが、そこを逃げていく中で2人の中には

同じような境遇で生まれた故の恋が芽生えたのかなと思います。

窪田くんの演技がうますぎて惚れちゃうやろーと。

完成された肉体美もみてるだけでいい。

となってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー