アリバイ崩し承ります 3話 お風呂でモグモグ 今回は何?

アリバイ崩し3話のあらすじ ねたばれ

1.あらすじ

三谷時乃(浜辺美波)は、察時美幸(安田顕)が電話で妻と揉めている様子を聞く。察時が寝ている間に妻からかかってきた電話に気づかなかったことから浮気をしたのではないかと疑われてしまったよう。
察時は時乃に自分のアリバイを証明してほしいと頼むが、時乃は「アリバイ探し」は承っていないとして断る。
そこへ再び察時の携帯電話に着信が…。
妻からの電話と思い電話に出て、誤解を解こうとするも、電話の相手は那野県警捜査一課。
さっそく事件の現場へ向かう察時に時乃は「休みの日に電話ってことは重大事件ですか?」と興味津々も、察時は無視して現場へ向かう。

現場は、殺害されたピアノ講師・河谷敏子のピアノ教室。
ピアノの角で後頭部を何度も叩きつけられたうえ、カーテンのタッセルで首を絞めて殺害されたとのこと。
この状況から、渡海雄馬(成田凌)は、犯人はピアノ教室の生徒だと推理する。生徒の名簿を受け取った察時は、生徒が50人以上いる名簿を見て少し驚いた後、雄馬に生徒へ聞き込みしに行くよう命じる。

検視官の樋口(柄本時生)から死亡推定時刻は死体発見の前日の午前9時から正午までであることが報告される。
生徒からの聞き込みも「いい先生だった。」しか出てこず、手掛かりもないところに、時乃が腕時計の出張クリーニングとしてやってくる。

察時がそんなことしている場合ではないと止めようとしていると、被害者の知り合いというマッサージ店の店長・芝田和之(木村了)が捜査一課を訪ねてくる。
芝田は、事件が起きた日の朝、敏子が自分の店でマッサージを受けていたこと、さらに、敏子はホステスの妹・河谷純子(橋本マナミ)と両親から相続した土地と家の処分について揉めていたことを証言する。

 察時と雄馬は、純子の家を訪問。

夢遊病に悩まされているという純子は「パジャマの袖に血がついていた…私が発作を起こして姉を殺したのかもしれません」と衝撃の告白をする。これは自供だ!と息巻く雄馬。一方、美しい純子に心奪われた察時は、なんとか純子のアリバイを証明しようとするが、純子のアリバイが見つからない。
察時は納得いかないながらも、純子が犯人とする捜査方針に従うしかないというのに対し、時乃はそれでいいのかと問いただす。
察時は時乃に「アリバイさえあればな。アリバイ探しはできないんだろ?」と力なく答える。

 

一方、捜査一課でも純子が犯人だとする決定的な証拠が見つけられずに苦戦。察時が夜の会議を欠席したため、雄馬が時乃に電話で察時がいるかどうか確認すると、どうやら察時が勝手に捜査していると推測する。

察時は当初純子から聞き込みをしたときに20時間も寝ていたことが気になり、純子の勤めるお店に行き、ワインに睡眠薬が入れられていなかったか調べる。

ところが、ワインの中から睡眠薬は検出されなかった上、捜査方針を無視した察時の行動が問題視され、察時は事件から担当を外されてしまう。

 

お手上げの察時に、時乃は「アリバイ探し始めました」との貼り紙を見せる。
祖父から教わっていないためできるかどうかわからないが、事件について察時から話を聞く。
時乃は察時から、マッサージ店の芝田からの聞き込んだ情報とマッサージ店の常連からの情報を時乃に提供する。

察時から事件の概要を聞いた時乃は、時計の修理は肩が凝るといって、芝田のお店でマッサージを受けに潜入。料金に驚きながらも、察時に払ってもらうのをいいことに、ついついオプションつけまくり。ここぞとばかりに日頃の疲れを癒していく。

オプションをつけたことに文句を言う察時に時乃は犯人と純子さんのアリバイを見つけたという。

もともとは10時に被害者が芝田の店でマッサージを受け、10時32分に芝田が新人とマッサージを交代、10時50分に芝田が再び被害者のマッサージをし、11時過ぎに別の客を対応していたと考えられていた。

しかし、実際には、事件前日の夜に芝田が合鍵を使い純子の家に侵入し、睡眠薬入りのワインとすり替え、事件当日の朝に芝田が眠っている純子を外に運び、被害者の家で純子を被害者と同じ化粧をさせ、9時過ぎに敏子を殺害後、開店前にマッサージ店に純子を運び、新人が出勤してきたときには被害者と見せかけた純子をマッサージし、あたかも被害者が生きていたかのように見せ、閉店後に純子を自宅の部屋に戻したのだと推理する。

察時が樋口と芝田のマッサージ店を捜索、時乃の推理を芝田にぶつけたうえで指紋を採取したことで事件は無事解決。

事件をすぐに解決してしまう察時に雄馬がなんでこんなことができるんだ?と聞くも察時は経験の違いと答える。

2、感想
芝田は純子が夢遊病者であることを知った上でのトリック。
さすがに睡眠薬で20時間も寝ることはあるのか?と少し疑問も出てきましたが、まあドラマということであまり気にしないことに。

今回も時乃の入浴シーンがありました。入浴中に雄馬から電話がかかってきて雄馬が鼻血を出すなど雄馬の意外とうぶな一面が目立ちましたが、しっかりとお風呂でお饅頭らしきものを食べていましたね。

物語の最後に時乃が察時に、どうして純子さんが犯人ではないと思ったのかを問われた際に、察時が、純子が妻の若いころに似ていたからだと答えているあたり、察時は奥さんのことが好きなんだなと思いました。
ということで、察時と時乃が恋愛関係云々の方向にいくことはなさそうですね。

毎回雄馬が察時の推理力に疑問を持っていますが、時乃の存在に気付くのはいつになるんでしょうか、今後も気になります。

アリバイ崩し承ります 2話 あらすじ・ねたばれこちら

アリバイ崩し承ります 浜辺美波の衣装こちら

アリバイ崩し承ります 最終話 あらすじ ネタバレ 結末は?こちら

アリバイ崩し承ります 浜辺美波のつなぎ 成田凌のコートはどこの?こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー