奥様は取り扱い注意 9話 あらすじ ねたばれ 玉山鉄二の悪事

奥様は取り扱い注意 9話 あらすじ ねたばれ

優里(広末涼子)は頭を悩ませていました。
夫はいつも女性として見てくれてなく
目覚まし時計のように物かなにかだと思っているのではないかと不安に感じていました。

そんなのではなく、まだ女性として扱ってほしいと思っていました。
物のように扱う夫ではなく、女性として扱ってくれる安西(小関裕太)と
過ごすことに居心地の良さを感じていました。

 

そんな時、町で自殺の事件が起きます。
菜美(綾瀬はるか)は通夜に参列し、家に帰ると
夫の勇輝(西島秀俊)が先に帰宅していました。

 

そして、次の出張先がドイツに決まったと報告を受けます。
1ヶ月後にはドイツへ旅立つと言われ
菜美は「前向きに考える」と菜美は答えます。

 

そんななか優里は自殺の事件は家族が居ても孤独を感じていたことから
自殺に至ったのではないかと言います。
その発言に夫の啓輔(石黒賢)は「旦那も子供もいて孤独ではないだろう」と言い
また、夫婦といっても他人だからお互いに分かり合う努力が必要と言います。

 

その言葉を聞き、優里は夫にこの家庭ではそういった努力をしているか問いますが
一方的に夫の啓輔が話を終わらせました。

 

京子(本田翼)は義母に明日は帰りが遅くなると伝えます。
その言葉に義母も「分かった」と返事をします。
夫の渉(中尾明慶)も残業で遅くなると言いますが、浮気を疑われてしまいます。

 

普段京子に厳しい義母ですが、最近の渉が怪しい行動であることを
把握しており、今は京子を女性として応援しています。

 

菜美も最近の夫の行動が怪しく感じ
スパイ時代の同僚である小雪(西尾まり)の元を訪ね
夫の勇輝(西島秀俊)の調査を依頼します。

 

数日経ってから、小雪から菜美へ連絡が入ります。
しかしながら、結果は白で怪しいところは全く見つからないと言います。
そのため、不安は解消し、安心するよう言われます。

 

しかし、その電話を掛けている横には夫の勇輝が怖い顔で座っていました。
そして電話を終え、小雪は勇輝に「これでいいんでしょ」言いました。

 

京子は夫の残業終わりも待っています。
残業ではなく、浮気相手とデートと思いながら待っています。
予想は当たり、夫の渉は若い女性と2人きりでラブホテルに消えていきました。
その後、夫が家に帰ってきますが、京子は聞くことが出来ませんでした。

 

翌日、京子(本田翼)は菜美と優里に昨夜のことを相談しました。
そして、2人のアドバイスもあり、夫と話し合いをすることを決意しました。

 

そんなことは知らず、夫の渉はまた残業と言います。
京子はこれを聞き、浮気とは言わずに残業はしないでほしいと言いますが
渉は仕事だから仕方がないと京子へ言います。
京子も引かずに、残業はやめてと言いますが、それでも夫は言うことを聞きません。

 

そんな状況を見てさすがに義母は怒りました。
渉の父もむかし残業が多く出て行ってもらったことがあるという話を引き合いに出し
そして渉にも「今すぐ家を出ていきなさい」と言いました。
さらにこの家の主として、妻の思いに応えられるようになったら
帰ってきなさいと言い、義母は渉を追い出しました。

 

菜美は夫と一緒にドイツに行くことを決めました。

 

優里は安西とまた会います。
そして優里は安西にもう会えないと伝えましたが
その言葉を聞き、安西は「好きです」と優里をテーブルの上に押し倒しました。
元々安西に好意を持っていた優里は気が変わったのか目を閉じました。

 

会社では勇輝の元に部下がやってきます。
部下が「例の案件はどうなっていますか?」と聞くと
勇輝は「順調だ」と言った後「お前が俺のお目付け役か?」と聞きます。
部下は「上が気にしていますので」と言い立ち去りました。

 

そして勇輝は菜美に電話します。
電話しているがその時勇輝のパソコンには菜美が家にいる状況が
映し出されていました。

 

優里の家では最近の優里の行動に感づいたのか
夫の啓輔が「今度、旅行にでも行こう」と言いました。
そして、照れくさそうに「努力してほしいんだろ?」と優里に言いました・

 

そんな夫を見て優里は安西としてしまった行動に罪悪感を感じていました。

 

京子は家で義母と2人で待っています。
「もし帰ってこなかったらどうします?」と義母に聞くが
母は「そのときはその時」と答えました。

 

翌日、菜美、優里、京子はランチ会をしました。
そこで理想の夫像について語り合いました。

 

優里は「話がある」と安西を呼びました。
罪悪感があった優里は「昨日のことは忘れて」と言いましたが
その背後から3人の男が現れました。
そして、その中のひとり横溝(玉山鉄二)が優里に話しかけます。

 

昨日安西としてしまった行動が全て録画してあると言います。
さらに安西と楽しんだ時間の代償を払えと無茶な要求をしてきます。

 

菜美は小雪に会っていました。
菜美は感づいていたのか、小雪の店で話すと勇輝にばれてしまう可能性があるため
ホームセンタのトイレで密に会っていました。
そして「私に話さなくちゃいけないことがあるでしょ、本当のことを教えて」と
言いました。

第9話の感想

菜美(綾瀬はるか)、優里(広末涼子)、京子(本田翼)
それぞれの家庭で起きている事業は少し根が深そうです。

 

勇輝(西島秀俊)は菜美がスパイのことを知っており
それで結婚したように思えてきました。
真相は不明ですが…

優里はやはり人が良く、浮気は良くないと行動した瞬間に
危ないことに巻き込まれました。
夫が知り、離婚とならなければ良いのですが…

京子家は一番安心な気がします。
というのが渉(中尾明慶)は気が弱いので
愛する妻と大好きなお母さんを敵にして
いつまでも家出は出来ないと思います。
次回の話では家に戻ってくる予感大です。

さて残すところあと1話になってしまいました。
最終回でどんな展開が待ち受けているか非常に楽しみでありますが
これで最後と思うと寂しい気持ちもあります。

最後に今回優里を騙した一派の2人について
プロフィールを紹介したいと思います。

・玉山鉄二(役:横溝 健)

出典:cirabee.com

1980年4月7日生まれ。
1999年にドラマ「ナオミ」で俳優デビューします。
その他に2003年にドラマ「東京ラブシネマ」
2005年にドラマ「ブラザー☆ビート」
2006年にドラマ「誰よりもママを愛す」など多数の映画やドラマに出演します。
身長が182センチもあり、高身長のイケメン俳優として人気があります。

・小関裕太(役:安西)

出典:cinemacafe.com

1995年6月8日生まれ。
2003年に『セキスイハイム、となりのハイムさんシリーズ』に
阿部寛さんの息子役としてコマーシャル出演します。
ドラマは2006年に「ダンドリ」
2014年に「ごめんね青春!」
2016年に「勇者ヨシヒコと導かれし七人」などに出演しています。
2人兄妹の長男として生まれ
大のハリーポッター好きです。

ドラマ 奥様は取り扱い注意 最終話あらすじ・ネタバレはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー