SUIT/スーツ 前作 1話 織田裕二 あらすじ・ネタバレ 主題歌は?

日本版ドラマ『SUITS/スーツ2』からでも楽しめる?シーズン1のネタバレあらすじ

ドラマ『SUITS/スーツ』は2011年にアメリカで、2012年には日本で放送がスタートした人気リーガルドラマですが、2018年には織田裕二さんと鈴木保奈美さんが『東京ラブストーリー』以来の共演でリメイクされ、大きな話題になりました!

そんな日本版のドラマ『SUITS/スーツ』ですが、20年4月にシーズン2が始まります!
それもなんと主演の織田裕二さんのキャリア初の地上波連続ドラマのシリーズ化であり、月9史上最長の話数で放送が決定しています!

ドラマ『SUITS/スーツ』ですが、残念ながらシーズン1を観ていない人や内容をよく覚えていないという人も結構いるはず。
そんな方たちも安心のネタバレ・あらすじを用意させてもらいました!
これさえ読めば、シーズン1を見なくても、シーズン2を楽しむことができるように書かせてもらいましたので、よろしければお楽しみください。

 

1.ネタバレありのあらすじを知りたくない人はここで止めてください
以下、日本版『SUITS/スーツ』のネタバレあらすじを含みます。
「ちゃんとドラマで楽しみたい!」という方や「あらすじは知りたいけど、ネタバレは知りたくない」という方は、ここで読むのを止めてくださいね。

主題歌は

1)手段を選ばない敏腕弁護士、鈴木大貴という天才出会う

織田裕二さんが演じる甲斐正午は「幸村・上杉法律事務所」に所属し、企業買収・合併や企業間の戦略的提携など、お金になる仕事を手掛ける優秀な弁護士ですが、違法行為ギリギリの限りなくブラックな手段を用いることもある一匹狼です。
そんな甲斐ですが、出資者として、「幸村・上杉法律事務所」の経営にも参画するシニアパートナーに昇進したいと考えています。

そんな甲斐の上司で事務所の所長である幸村チカ(鈴木保奈美)は昇進の条件として、甲斐に若手弁護士を部下として雇うことを提示します。
昇進のために、仕方なく新人採用面接会を開く甲斐ですが、何故かスーツケースに大量の現金を持って現れたのが、鈴木大貴(中島裕翔)でした。

その日暮らしのフリーター生活や替え玉受験をして生計を立てていた鈴木でしたが、祖母の入院費を払うための仕事でドラッグ売買の片棒を担いでいたことを知ります。
そして、警察の追手から逃げるため、甲斐の面接会場に偶然逃げ込んだのでした。

2)昇進のために経歴詐称弁護士を部下につかせるも…?

それを聞いた甲斐は、2回読んだだけで六法全書を暗記する鈴木の記憶力に興味を持ち、部下にすることを決めます。

しかし、鈴木には弁護士資格がありませんので、家庭裁判所で「鈴木大輔」という実在する弁護士の名前に改名します。
そして、その弁護士になりきるために、「鈴木大輔」に関する資料を暗記し、故郷や出身校であるハーバード大学などを訪れ、完璧に「鈴木大貴」は「鈴木大輔」として経歴を詐称することができました!

しかし、それがあっさりとバレてしまい、昇進のためにリスクは冒せない甲斐は鈴木を解雇します。

3)鈴木大貴、なんやかんやで鈴木大輔として経歴詐称できるように

途方に暮れる鈴木ですが、実は替え玉受験の依頼者の父親と本物の鈴木大輔が、甲斐が担当している訴訟の関係者と判明!
甲斐は本物の鈴木大輔に了解を得て、鈴木大貴は鈴木大輔として経歴詐称できるようになりました

翌日、甲斐は昇進のための話をするために、幸村の元を訪れますが、今度は鈴木と一緒に無料法律相談会に参加するように指示され、断れば昇進はないと言われた甲斐は従うしかありません…。
そんな甲斐に幸村は、こんな話を伝えます。
どうやら、甲斐のかつての上司が汚職事件について探られているらしいと…

2.甲斐を経営者として参画させるデメリット大きくない?

甲斐たちが所属する「幸村・上杉法律事務所」は日本4大法律事務所ということで、キレイ事だけでは済ますことができないのかもしれませんが…いくら腕が良くても、限りなくブラックな手段を用いることもある甲斐を経営に参画させるのはどうなの?と思ってしまいました。

気軽に情報を発信することができる、今の情報化社会のなかで、なにがきっかけで甲斐の際どい手段が流出するかわからないです。
そうでなくても、うっかり違法な領域まで甲斐が踏み出してしまったら…。
そう考えると、甲斐を経営者として迎えることはかなりのリスキーなように思いますし、私だったらできないかな、と考えます。

それとも、そういったリスクは承知した上で、所長である幸村は甲斐をおとなしくさせる手段として、昇進の条件に部下をつけさせることを提案したのでしょうか?
もしくは甲斐が何らかの弱みを握っているとか…?

なんにせよ、続きを観てみないとわからないですね。
早く続き観よっと。

3.第1話主要人物、甲斐、鈴木、幸村のキャスト紹介

日本版ドラマ『SUITS/スーツ』の第1話ですが、実は甲斐や鈴木、幸村以外にも7人ほど人物が登場します。
しかし、あらすじを簡単に紹介するために、不可欠な3人だけをとりあげました。
他の登場人物については、「どうしてもこの回には、この人がいないとダメだ」というときだけ紹介させてもらいますので、追々になりますがよろしくお願いします。

1)手段を選ばない一匹狼の敏腕弁護士、甲斐正午を演じる織田裕二とは?

一匹狼の敏腕弁護士、甲斐を演じるのは、織田裕二さん。

この記事を読んでくださる方にとって、もはや説明は不要でしょう。

1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』や『踊る大捜査線』でブレイクし、世界陸上のときのハイテンションぶりが多くの芸人さんにモノマネされてますね。

原作では、『ホワイトアウト』や『S.W.A.T. 闇の標的』に出演されているガブリエル・マクトさんが演じてらっしゃいます。

2)Hey!Say!JUMP中島裕翔が演じる「天才の経歴詐称弁護士」鈴木大輔とは?

記憶力に優れ、高校2年生のときに司法予備試験を合格したことがある、天才の経歴詐称弁護士、鈴木大輔を演じるのは中島裕翔さん。
Hey!Say!JUMPのメンバーなので、ご存じの方も多いでしょう。

2014年に『水球ヤンキース』でドラマ単独初主演を果たし、最近では「ベストジーニスト」で何度も上位にランクインしています。

原作では『コールドケース迷宮事件簿』、『LOST』、『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』などに出演経験がある、パトリック・J・アダムスさんが演じています。

3)東京ラブストーリー以来の共演!鈴木保奈美が演じるのは弁護士事務所所長
日本4大法律事務所である「幸村・上杉法律事務所」の代表弁護士、幸村チカを演じているのは鈴木保奈美さん。
『おんな風林火山』などで知名度をあげていき、91年の『東京ラブストーリー』では織田さんと共演し、大ヒットしました。

一度は引退したものの、大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で12年ぶりに本格的に女優に復帰し、各種作品で活躍されています。

原作で演じていたのは声優としても活躍される、ジーナ・トーレスさん。
2001年に『Cleopatra 2525』でALMA賞主演女優賞を受賞し、話題になりました。

ドラマ『SUITS/スーツ』は織田裕二さん33年のキャリアで地上波連続ドラマ初のシリーズ化作品でもあり、月9史上最長話数にて放送が決定されている作品です。
そんな話題作を見逃すのはドラマファンにとって損ですね。
『SUITS/スーツ2』は2020年4月、月曜日の21時~21時54分まで放送予定!

SUIT/スーツ 前作 2話あらすじ・ネタバレはこちら

SUIT/スーツ シーズン1 織田裕二×中島裕翔がいたロケ地はどこ?こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー