ハムラアキラ 第7話 最終話 犯人はあの人?考察してみました。

[ハムラアキラ 第7話ラスト考察]

まず第6話で起きたことをまとめます。

柳瀬綾殺害容疑で逮捕された小島雄二は、滝沢美和の殺害も自供
しますが、その後取調室で自殺してしまいます。

古書店にはいつも通り、野々村、柿崎、アケミ、浅川
が集まっていました。みんなで情報を共有します。

小島の自白には信憑性がないと睨む葉村晶。

浅川は美和と綾と共に映る水地佳奈の動画を見つけます。

晶はアケミのコミュ力に期待し、美和が買ったパソコン
の配送先を店員から聞き出すよう依頼します。

平ミチルが荷物を持って晶の部屋にやって来て平義光から
この件が片付くまでは晶にお世話になるようにと言われたとのこと。

義光の言動を不審に思う晶。

晶は佳奈の写真を見せますが、ミチルは知らないと答えます。

アケミは美和の購入したパソコンは佳奈の自宅に配送されたことを掴みます。

浅川が「水地佳奈」を検索しますが、情報は得られず。

富山泰之は「水地」から独特の展開をし「コバンザメ」として検索にかけるとヒットする。

佳奈は「コバンザメちゃん」として出会い系サイトに登録していたことが判明します。

晶は平夫妻に食事に誘われます。

その席で晶は平貴美子から、美和は辻亜寿美に殺されたのだと思っていたと聞かされます。

野中則夫からの情報によると亜寿美はお金に困っているとのこと。

保険金目的で亜寿美ならやりかねないと貴美子は言います。

 

そんな貴美子を「いい加減にしなさい」と義光は窘めます。

野中は日本のビジネス界を改革するエリート集団68会のメンバーで、優秀な経営コンサルタント
だと貴美子は続けます。

気分を害した義光は外に出て行ってしまいました。

晶は義光の様子から、何か知っていることがあるのではないかと推測し尋ねますが

義光は知らないと答えます。

ミチルと共に晶が帰宅すると部屋の前に富山が。

防犯の為階段付近に感知式ライトを取り付けたと。

ミチルの家の秘密を突き止めた柿崎たちもその情報を伝えようと晶に会いに来ますがミチルに遠慮して帰ります。

ミチルは柿崎たちが、かつて平家で起きた「満ちゃん誘拐事件」
のことだと気づきます。

自分が生まれる前にミチルの兄にあたる満が誘拐されて殺されたのだと語るミチル。

貴美子にはずっと「満ちゃん」と呼ばれているとのこと。

ミチルは殺された兄の代わりをずっとさせられていたのでした。

晶は佳奈のマンションに向かいますが、ミチルも無理やりついて行きます。

マンションに着き管理人に佳奈のことを訪ねますが、不愛想に追い出されてしまいます。

 

そこへ亜寿美から電話が。警察に任せるので調査は終了して
くださいとのこと。

亜寿美は美和を殺した犯人は小島だと考えているようでした。

晶の部屋に速見治松と柴田要がやってきます。

小島の顧客リストのコピーを晶に提供し、情報のギブ&テイクを要求。

 

そのリストを覗いたミチルは「これ、顧客リストなんかじゃないよ。私が書いて綾に渡したもの」と言います。

綾は美和に言われてスマホからガラケーに変えた際、間違えて
データーを消去。

ミチルが共通の友人の連絡先を書いて渡してあげたのだと。

綾はこの紙をいつもサイフに入れていたと言います。

 

小島は綾の財布からお金と共に、このリストも一緒に抜き出していたのでした…。

 

 

第7話の予告ではハムラが誘拐されてしまい佳奈がかかわったであろうゲームの首謀者と対面するような内容となっていました。

また、第6話終わりで別荘近くの川で死んでいる佳奈の模写があったことから死因は高額に稼げるゲームが絡んでいるのではないかと思われます。

佳奈は3日で200万円稼げるバイトを信頼できる人からの紹介ということで受けてそのまま事件に巻き込まれたと思われます。
ではいつ殺されたかと推測すると「引っ越し」の段階と思われます。

佳奈のおじと思われていた2人の人物が管理人に対し口封じを
したことからその時点ですでに殺害されておりその後、遺体を別荘近くの川に遺棄したと考えられます。

ストーカーに狙われているというのも事実に信憑性を持たせるために言った嘘だと考えられます。

では佳奈を殺害した人物は誰なのかを推測します。

 

怪しい人物としては佳奈に高額のバイトを紹介したかつ佳奈の信用している人物が関連のある人物として考えられます。

では佳奈が信用している人物はだれかと
交友関係を考えてみると日頃から佳奈の回りにいた人物と予想されます。

そして殺害した動機は佳奈が知ってはいけない情報を持っていて
存在が邪魔になったため高額バイトを餌に佳奈をおびき出し殺害したと考えられます。

知ってはいけない情報というのは恐らく美和の失踪に
関わる情報でそれにより被害を被る人物がこの事件の犯人ではないかと思います。

ではその犯人は誰かというと美和の父である滝沢喜代志です。

68会のメンバーでもあり滝沢リゾートの会長でもある喜代志は美和の失踪を秘密裏に行うべく探偵のハムラに捜査依頼していること、
しかし美和の失踪の素性をばらすと佳奈に言われ口封じのため殺害したと思われます。

佳奈の遺体も喜代志の別荘近くの川に遺棄してあった
こともそうですし、財力があるので3日で200万の高額バイトも雇えると納得できます。恐らく第8話では喜代志と佳奈の関係性に気づいてしまった
ハムラが喜代志によって雇われた組織に誘拐され事実関係が明らかになっていくような展開になりそうです。

以上がハムラアキラ 第7話ラスト考察でした!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー