明治開化 新十郎探偵帖 福士蒼汰主演 原作 あらすじ いつから放送?

[明治開化 新十郎探偵帖]

福士蒼汰さん主演『明治開化 新十郎探偵帖』のキャスト・いつから・あらすじ・主題歌
などご紹介致します!(^^)!

概要としては坂口安吾原作「明治開化 安吾捕物帖」のドラマ化で
文明開化に沸く東京を舞台に、坂口安吾が描き出す推理合戦です!(^^)!
明治版シャーロックホームズによる、明治に入り乱れる人間の愛憎に迫る新型サスペンス時代劇
となっております!(^^)!

 

因みに現在までには「新十郎捕物帖・快刀乱麻」として朝日放送(ABC)制作により
TBS系にて1973年10月4日から1974年3月28日まで毎週木曜の21時から21時55分(JST)に全26回で放映されています。

さらにアニメ版としても『UN-GO』(アンゴ)と題し、本作を「原案」として舞台設定を近未来にするなどの大幅なアレンジを加えて
フジテレビ系「ノイタミナ」枠にて2011年10月13日から12月22日まで全11話で放送されているようです!(^^)!

[キャスト]

福士蒼汰-特命探偵・結城新十郎(ゆうきしんじゅうろう)洋行帰りの特命探偵。事件の真相をズバズバと指摘し、警視庁からの信望も厚い、明治版のシャーロック・ホームズ。
内田理央-大政商の娘。新十郎に惚れ込む。このドラマのヒロイン。
矢本悠馬
中村靖日
勝村政信
鶴見辰吾
稲森いずみ
高橋克典

(主演とヒロイン以外の役柄は現在未定となっています)

[役どころ]

[下部は予想]

泉山虎之介(いずみやま とらのすけ)
勝海舟の元剣術の教え子。いつも小バカにされ、海舟の頭脳と心眼を頼る。
[中村靖日]

民(たみ)
海舟の妻。芸者出身の肝っ玉おっ母。
[稲森いずみ]

迺屋因果(はなのや いんが)
戯作者。
[勝村政信]

速水星玄(はやみ せいげん)
警視庁大警視。新十郎を煙たがる。
[鶴見辰吾]

西郷、大久保のどちらかが高橋克典?

[いつから]

NHK BSプレミアムおよびNHK BS4Kの「BS時代劇」枠にて2020年5月15日から放送予定の日本のテレビドラマ時代劇。
坂口安吾著『明治開化 安吾捕物帖』を原作に、文明開化に沸き立つ明治初期の東京で、洋行帰りの特命探偵
結城新十郎が相次ぐ怪事件を解決していく姿を通じて時代の変わり目に交錯する人間の愛憎を描いたサスペンス時代劇。
BSプレミアム・BS4K 毎週金曜 よる8時から8時43分(全8回)予定。

[全体のあらすじ]

物語の舞台は明治初期の東京。世が文明開化に色めきたつ頃、時代が大きく変貌を遂げ、人の価値観も大きく変わり、時代の風に乗れたものと、時代に取り残されたものがハッキリと目に見えた時代に奇妙な事件が多発する。
そこに現れるのは、警視庁からの信望厚い洋行帰りの特命探偵・結城新十郎(ゆうきしんじゅうろう)。事件の真相をズバズバ指摘する。
勝海舟の元剣術の教え子で、難事件を推理することが大好きな泉山虎之介(いずみやまとらのすけ)はいつも小バカにされ、師匠と慕う海舟の大頭脳と心眼を当てにして泣きついてくる。
そんな二人と勝海舟の周りには、芸者出身で肝っ玉おっ母の勝海舟の妻・民や、新十郎に惚れ込む大政商(せいしょう)の娘・梨江(りえ)、戯作者の花迺屋因果(はなのやいんが)、新十郎を煙たがる警視庁大警視
速水星玄(はやみせいげん)など個性的な人々が集まってくる。彼らに助けられながら、謎解きが進むにつれて立ち現れる、新しい明治の時代に人々が抱える不安や愛憎。
そして新十郎、梨江、虎之介たちは、事件を通じて薩摩の雄、西郷隆盛(さいごうたかもり)、大久保利通(おおくぼとしみち)など多くの時代の要人たちと渡り合い成長していく。
独特のユーモアと毒舌のなかに文明批評のわざをピリリときかせながら、卓抜な推理的構成で捕物帖の面白さを堪能させる、坂口安吾の傑作エンタテインメント。

[第1話のあらすじ予想]

また、「明治開化 安吾捕物帖」が原作となってますので、それから第1話を予想すると、「舞踏会殺人事件」か「密室大犯罪」を下敷きにした内容になるかと予想されます。この2タイトルは「明治開化 安吾捕物帖」が
小説新潮という雑誌に連載されていたときの第1話・第2話にあたるので、俗に一般受けするような内容・目を引く華々しい内容となっているようです。特に第1話にあたる「舞踏会殺人事件」は明治初期の(原作は明治中期)
文明開化の雰囲気を色濃く表現されているので、当時の時代背景とマッチした内容になるのは間違いないと思われます。また、第2話目の「密室大犯罪」が第1話になったとしても「密室」という推理ドラマのド定番キーワードがあるので
注目度バツグンで面白くなることは間違いなしといえますね。因みに原作では紳士探偵の結城新十郎が難事件を次々と解決する、という筋書きですが、勝海舟が、いつも推理を外してしまう「トンマな探偵」の役割で登場する、という点が大きな特徴となっているので
ドラマ版では結城新十郎と勝海舟の関係性など、どういう展開になっていくのかも見どころの1つといえるでしょう。

[主題歌]

現在未定となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー