シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。9話 ねたばれ ミスパンダはどうなるの?

[シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。]9話のあらすじ・ねたばれ

第9話を見ての振り返りや考察、最終回は恐らくこうなるといった予想について書いていきます。
冒頭からマスターの怪しさ全開でミスパンダの動画を見てましたが、何か思うところがある様子でした。
佐島あずさは、直輝に父親が関連していたことに対し謝罪をしますが、仮にも自分の父親が生死の境をさまよっているのにその神経に違和感を感じました。

あとで明らかになりますが、この時からすでに何か隠していて直輝を誘導しているようにも
思えました。

リコはコアラ男にさらわれその場所へ直輝とあずさは向かいますが、コアラ男は1時間や30分などまるでこちらの情報を知っているかのように時間を指定してきていました。

リコの場所はGPSで調べて向かっていることがあとで分かりますが
あずさが情報を漏らしているのでは?とも思えました。

この時点で疑問に思ったことは「なぜコアラ男は直輝を狙うのか?」
というところです。

リコの母親も直輝を殺すように言ってましたが、同じ理由ではないようです。

リコを2人で追っている最中にあずさがコアラ男によりさらわれてしまいます。

時を同じくして佐島源造も病室のベッドからいなくなります。

そしてついに直輝はコアラ男と対面します。

コアラ男の会話を聞いていると直輝からリコを守っているようにも見えましたが、「お前にも罪が
あるんだ」と言っていることからそれだけではないと感じました。

コアラ男はいとも簡単にあずさを銃で撃ち、大事なのはどっちかと
直輝に聞きます。

「リコ」と簡単に答える直輝でしたが、あずさが撃たれてもそれほどショックを受けているようには見えませんでした。
リコをミスパンダに覚醒させた直輝は2人でコアラ男たちを撃退します。

そこで主犯格であったコアラ男の正体が明らかになり、正体は
佐島源造の息子の「佐島一郎」でした。

全てを悟った一郎は真実を話し銃身自殺をしますが、全てを見透かしたように演技をやめろと直輝はいいます。
すると撃たれたはずのあずさが立ち上がり、事件の全てを語り始めます。

事件の黒幕はあずさであり、動機は「直輝を独占したかったから」
という極めてサイコパスな理由が明らかになりました。

佐島源造は事実を始めは知らず心底から、会見を開き娘の安否を心配した。

しかし
事件の真相を追っていた森島哲也より一郎とあずさがいる写真を見せられ、2人を問い詰めたところ自作自演であったことがわかります。

「子供を思うという事は庇うことじゃない。俺にも子供がいるからわかる。」と森島哲也に諭され真相を公表すると約束をする源造。

しかし、発覚を恐れ
あずさに命令された一郎が、森島哲也を鉄砲で撃ってしまい殺害してしまいます。

森島哲也は生前、直輝にこうなることを悟っていたように「お前は復讐するな。
自分の人生を生きろ。」とメッセージを残します。

まるで撃った一郎さえも許すようなそんなメッセージ。

しかし、直輝はあずさをどうしても
許すことができず、落ちていたナイフであずさを刺します。

が、そこにいたのはリコ。「復讐はダメだよ。」と刃に倒れます。

次回の最終回の予想

 

「自分自身に決着をつけようと思ってます。」と佐島源造に会いに行く直輝。

ミスパンダもシロクロつけるのか、撮られた動画の後ろには、神代(要潤)らしき男が縛られているのが確認できます。

心なしかミスパンダの声には元気がないように思え直輝との別れを表しているようにも
思えます。

直輝が佐島源造に会いにいった理由としては、父である森島哲也と同じ気持ちを持つ父親であるというのがわかったことと、事実を勘違いしていたとはいえ殴ってしまった懺悔の気持ちによるものかもしれません。

では直輝のあずさへの復讐の気持ちはどうでしょうか?恐らく憎む気持ちは
あれどリコが身を張って止めたことから恐らくまた殺そうとすることはないのかとは思います。

直輝の心境としては復讐にリコ(ミスパンダ)を利用して
しまったことに責任を感じているので、春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)を訪ねて謝罪するとかになりそうです。

ここぞとばかりに春男はミスパンダにしてしまった直輝を
責めるかもしれません。

直輝は自分がやってきたことが正しかったのか思いつめ元気がない様子…。変わらずミスパンダの正体を直輝から聞き出そうとする神代。

ミスパンダはそんな直輝を元気づけようとパンダちゃんねるの配信をする。後ろには情報を嗅ぎまわっている神代が…。

直輝が元気を取り戻すために
ミスパンダは神代だけでなく、あずさや直輝の弊害になっている人物をまるで直輝は正しかったといわんばかりに成敗していくような気がします。
そんなミスパンダをもういいと止めに行く直輝。心の奥では感謝しながら催眠を解く直輝。これからは川田リコとしてよろしくといって2人は結ばれる
ようなそんな結末になりそうです。

以上が[シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。]の最終回予想でした!(^^)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です