恋はつづくよどこまでも 原作ネタバレとドラマ最終予想

[恋はつづくよどこまでもの原作ネタバレと最終予想]

現在第9話まで放送されてる「恋つづ」ですが、原作の漫画はどうなってるのでしょうか?

またドラマの
結末で天堂と佐倉はどうなってしまうのか?考察していきます!

[恋は続くよどこまでもの原作ネタバレ]

「恋はつづくよどこまでも」は、小学館「プチコミック」で連載されており、円城寺マキさんによる漫画が原作となっており
全7巻完結している、ラブコメディー漫画です。ざっくり原作のネタバレを紹介しますと…

天堂浬(佐藤健)とのある出来事がきっかけで猛勉強の末、ナースになった佐倉七瀬(上白石萌音)であったが、5年振りに会った
天堂は最初に会ったときとは印象がガラリと変わっていました。

それでも七瀬はナースの仕事を一生懸命頑張り
天堂がいる呼吸器科で一緒に働くことになります。

天堂と七瀬はお互いマンションの隣人同士ということもあり、
お互いが一緒にいることも多く、1度は天堂の思いを諦めようとした七瀬ですが

天堂も七瀬のことを好きになり交際がスタートしました。

しかし、天堂は海外に留学することになり、3年の月日が経つことに…。

天堂が留学して3年が経ち、日本に帰ってくることになりました。

天堂と一緒に働いていた頃の七瀬は、ダメダメで天堂に怒られてばかりだったのですが、後輩もできて慕われる立派なナースへと変貌しています。

七瀬は天堂が帰ってくるのが嬉しくて、空港まで迎えに行く約束をしていました。

天堂は留学して2年くらいは七瀬に会いに日本に帰国してくる日もあったが

1年は忙しくてなかなか会うことができず、二人は1年振りの再会なのです。

七瀬は休みまで取って空港まで向かうはずが、後輩ナースから呼び出されてしまい、病院に行くことになってしまいます。
七瀬から迎えに来れないと言われた天堂は、病院に行き、七瀬に会いに行ったのですが、天堂に会いたかった七瀬は病院を出てしまっていたのです。

入れ替わりになってしまい、天堂は七瀬に電話でその場から動かないように
伝えて会いに行くはずが、今度は天堂が急患に遭遇して助けることになり、なかなか会うことができない二人でした。

同じ日本で、近くにいることは分かっているのに、会えないのがもどかしい二人でしたが、天堂が待っている病院に行き、
やっと再会できます。

抱きしめ合い、お互い変わらないことに喜ぶ二人は、突然同時にプロポーズしたのです。
晴れて結婚することになり、婚姻届を出す二人でした。

比較してみると原作よりドラマの方が天堂浬のドS度が強めなことと、そして2人の恋に対しての障害が多いというところは違う点なのかもしれませんね。

看護婦が医者と結婚するケースは現実でもよく耳にしますが、ドラマの方がそういった意味でよりリアル感をだしているのかもしれません。

またドラマの放送も現在9話目ですが、火曜ドラマの放送回数としてはおよそ10話完結が多いことからすると3月17日(火)の第10回が最終回と予想できます。

第9話では実家の鹿児島に帰ってしまった佐倉七瀬。それを迎えに行く天堂。
ここから急展開はあるのか?最終回の結末はどうなるのでしょう?恋つづラストを考察していきます。

[恋つづラスト予想]

原作では晴れて結婚をする天堂と七瀬ですが、ドラマ版ではどうなるでしょうか。

次回の予告では天堂が海外留学というよりは七瀬が留学という感じになっていましたね。

 

七瀬が留学して、さらにいいナースになって帰ってくる。その後結婚なんて感じなのでしょうか。

 

お互い不器用な2人だからこそ結ばれて、原作のようなWプロポーズで
幸せになってほしいですね。

その時にまたキュンキュンな展開がみれたらとおもいます。

以上が「恋は続くよどこまでも」の考察でした!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー