監察医 朝顔 1話 あらすじ ネタバレ ロケ地は?震災がテーマをどのように描くのか・・・

朝顔 1話 あらすじ


万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。
自分よりもつい相手のことが気になってしまう心優しい朝顔は、刑事である父・ 平(時任三郎)と二人で、暮らしている。2011年3月11日から変わらない娘と父の日常に母 里子(石田ひかり)の姿はない。

朝顔が自転車に職場である興雲大学の法医学教室に出勤すると、検査技師の 高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の 藤堂絵美(平岩紙)、絵美の夫でベテラン法医学者の 藤堂雅史(板尾創路)がすでに来ていた。野毛山署の強行犯係に異動してくる刑事がハリウッド・スターに似ているらしい、と噂話で盛り上がる高橋と絵美。
同じころ、野毛山署強行犯係でも、係長の 山倉伸彦(戸次重幸)、刑事の 森本琢磨(森本慎太郎)、新米刑事の 愛川江梨花(坂ノ上茜)らがどんな刑事が来るのか興味津々で待っていた。
すると、そこにやってきたのは平だった。噂の刑事とは朝顔の父だったのである。
そんな折、野毛山署管内の倉庫で女性が死んでいるとの無線が入る。現場に向かう平。山倉は、桑原にも同行を命じた。検視官の 伊東純(三宅弘城)は、到着した平たちに、頭部に外傷があるものの詳しいことは解剖をしてみないとわからないと伝え、興雲大学の法医学教室へ連絡する。
連絡を受けた朝顔と絵美は、藤堂が別の解剖に入ったこともあって一度は断ろうとした。そこに、ちょうど旅行から戻ってきた主任教授の夏目茶子(山口智子)は、朝顔に解剖をするよう指示する。
ほどなく、平と桑原が、遺体とともに法医学教室へとやってきた。そこで初めて、平が野毛山署に異動したことを知って驚く朝顔。そしてそれ以上に驚いていたのは、平が恋人の父親だと知った桑原だった。
「教えてください。お願いします」。朝顔は、遺体の胸に手を当てて小さくつぶやくと、茶子の指導の下、遺体の解剖を行った。そこで分かったのは、女性が溺死した可能性がある、ということだった。倉庫で溺死という不可解な話に困惑する一同。平は、桑原とともに現場に戻り、周囲の捜査を進めるが……。

キャスト

万木朝顔(上野樹里)

興雲大学法医学教室に勤める新米法医学者で、血液型はA型。新米でありながら博識で成績もかなり優秀。

母が東日本大震災で行方不明となってから父と過ごしていた。素直でしっかりしており愛情深い性格だが大震災でのトラウマが根強く、東北に行っても駅から全く動けなくなってしまう。

万木平(時任三郎)

朝顔の父。野毛山署の刑事。
野毛山署強硬犯係の刑事で、空いた時間があれば妻を捜索している。

桑原真也(風間俊介)

 

野毛山署強硬犯係に異動してきた新米刑事。彼女から母についての話を聞いてから正式にプロポーズするなど、包容力に溢れた性格。

正義感が強く周囲に必死に溶け込めようとする努力家だが、涙もろく心配性と少しだけ頼りない一面もある

 

安岡光子(志田未来) 興雲大学の医学生。
高橋涼介(中尾明慶) 興雲大学法医学教室の臨床検査技師。
森本琢磨(森本慎太郎) 野毛山署の刑事。
愛川江梨花(坂ノ上茜) 野毛山署の刑事。
山倉伸彦(戸次重幸) 野毛山署の刑事・強行犯係係長
藤堂絵美(平岩紙) 興雲大学の法歯学者。
万木里子(石田ひかり) 朝顔の母。
藤堂雅史(板尾創路) 興雲大学の法歯学者。
夏目茶(山口智子) 興雲大学府医学教室の主任教授で朝顔の上司。
嶋田浩之(柄本明) 朝顔の祖父。

ロケ地

(1)朝顔が勤める興雲大学
東洋英和女学院 横浜キャンパス(神奈川県横浜市緑区三保町32)

(2)平さんや桑原が勤める神奈川県警野毛山署
木更津市クリーンセンター(千葉県木更津市潮浜3-1)

(3)もんじゃ焼き「さぶちゃん」
もん吉(東京都中央区月島3-8-10)

(4)朝顔たちが調査に訪れた池
富岡並木ふなだまり公園(神奈川県横浜市金沢区富岡東4-13)

(5)恵子の遺体が見つかった倉庫
高橋研磨(東京都大田区南六郷3-20-21)

(6)桑原が平さんからの電話を受けた駐車場
横浜市立大学 福浦キャンパス(神奈川県横浜市金沢区福浦3-9)

(7)平さんが訪れた桜井機械
高梨機械(東京都大田区大森南2-21-15)

(8)恵子が弁当箱を購入した不二越百貨店
モザイクモール港北(神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1-2)

(9)早紀ちゃんと恵子が訪れたイベント会場

横浜国際プール(神奈川県横浜市都筑区北山田7-3-1)

(10)朝顔と平さんがバスに乗ったバス停
北仲橋(神奈川県横浜市中区桜木町1丁目)

(11)朝顔の地元にある仙ノ浦駅
甫嶺駅(岩手県大船渡市三陸町越喜来甫嶺)

ネタバレ

遺体の身体の成分に植物プランクトンであるユーカンピアが発見されます。
平と桑原は、ユーカンピアが生息している川に現場検証に向かい、朝顔も現場に訪れると、遺体の身元が判明し夫が現れました。遺体の名前は「サクライケイコ」。夫と小学生の娘の3人家族だった。当時、母は娘とイベントに来ていました。朝顔が娘のサキに声をかけるとお母さんには会いたくないと母の遺体を見ません。
夫のケイゴは、朝顔に妻の死因を尋ねます。「あんなに元気だったのに」。ケイコは心筋梗塞で倒れたことがあるようだが、ケイコの死は心臓の病気と原因があるのでしょうか。
翌朝、朝顔が出勤するとサキが待っていました。サキはりんごを食べながら母が亡くなった当日のことを話し始めます。その日、サキはピーチピチガールズコレクションのイベントに行っていました。母のケイコに送ってもらったとき、母が作ってくれたお弁当を投げつけてしまったことをずっと後悔していたのです。
「おじさんみたいな弁当箱」とサキに言われ、弁当の受け取りを拒否されたケイコは富士越百貨店に向かい、サキのために可愛い弁当箱を購入していました。
ケイコの手の平には、合成樹脂のポリプロピレンの材質が残っていました。ケイコが溺死したと思われる海の近くの防犯カメラに百貨店の袋を持って歩くケイコの姿が写っており、ケイコの手の平の合成樹皮は紙袋の持ち手部位の繊維でした。
朝顔は遺体を再度検分することに。平と桑原は、ケイコが溺死した思われる海で手がかりを探索します。何とか手がかりが見つからないかと朝顔も平もそれぞれの持ち場で必死でしたが、とうとう桑原が何かを見つけます。
それは、ケイコが持っていたと思われる百貨店の紙袋。紙袋からはひったくりの常習犯である男の指紋が検出されました。
ケイコはサキと別れた後、百貨店で買い物をして、イベント会場に向かって歩いている途中、ひったくりに会い海辺に倒れた。海辺で海水が入り、もうろうとした状態で歩き家に戻ろうとして途中で倉庫の前で倒れたのでした。ケイコは、夫と働いていた工場だと思いそこで力尽きたのだと、平は語りました。
朝顔は、ケイコが百貨店で買ったのは娘に渡すお弁当箱だったことをサキに伝えると、サキは「お母さんに会いたい」と泣き、母が亡くなって初めて遺体の前に行ったのでした。
事件が一件落着後、朝顔は祖父の嶋田浩之(柄本明)に連絡を入れて、母の故郷に平と向かいます。
朝顔にとっては8年ぶりの母の故郷、平と朝顔が「仙の浦」駅のホームに降りますが、立ち尽くす朝顔。あの日、帰省する母と一緒に降りた駅の階段を降りられず、朝顔はそのまま父を残して母の故郷の駅を去ります。
平が地道に母を探す作業をしている横を祖父の嶋田の軽トラックが一時停止し、平に一瞥、平も会釈するも嶋田は無表情のまま走り去ります。
平と嶋田の間に何か確執があるようですが、何があったのか。

主題歌は?

朝顔の主題歌は「折坂悠太」の「朝顔」になります。

折坂悠太は鳥取県出身で、ロシアやイランに住んでいた経歴を持つ異色のシンガーソングライターです。アルバム「平成」では、平成元年生まれの彼ならではの感性で時代を切りとり、2018年を代表する作品として「CDショップ大賞」を受賞しました。

 

あの宇多田ヒカルも称賛しており、彼の独特な音楽は大勢のアーティストから賛美を受けています。

 

「監察医 朝顔」の主題歌を担当することになった決め手は、一回聞いてしまうと忘れることのできないダイナミックな唯一無二の歌声です。今回の「朝顔」ではピアノの伴奏から始まって、ぽつりぽつりと語り掛けるような歌いだしから、緩やかに感情の起伏を駆け上がるメロディーが特徴的となっています。

 

ドラマのエンディングにこの曲を聴いて、晴れやかな気持ちになってもらいたいという折坂の気持ちが込められています。

監察医 朝顔 2話あらすじ・ネタバレはこちら

監察医 朝顔 続編 キャストはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー