SUIT/スーツ 織田裕二 8話 あらすじ・ネタバレ 蟹江の失態

日本版ドラマ『SUITS/スーツ2』からでも楽しめる?シーズン1第8話のネタバレあらすじ

 

有害塗料を使用していた建設会社を打ち倒せ!

ある日、幸村・上杉法律事務所では「烏丸建設」を相手取った集団訴訟を引き受けることになりました。
この案件は、烏丸建設が使用していた有害性のある塗料によって、健康被害を訴えた原告団総勢462人の大きな訴訟ですが、東京地裁は原告の請求を棄却、一審で原告団は負けています。

幸村(鈴木保奈美)は甲斐(織田裕二)、鈴木(中島裕翔)など、計4人のチームを組んで、この訴訟に対応するように指示します。

甲斐たちは原告団代表から現状をヒアリングします。
一審で負けたのは、原告側の弁護士のスキャンダルが明るみになり、廃業に追い込まれたこと、それには甲斐の後輩で烏丸建設の顧問弁護士の畠中(山本未來)が関わっているかもしれないということを聞き出します。

そんな甲斐のもとに突然、社外秘の資料を持って畠中が訪れてきます。
匿名で送られてきたと伝える畠中は、情報漏えいしたことを口外しないことを誓い、それを幸村に渡します。
幸村はさっそく、情報漏えいをした関係者を調査するよう、蟹江(小手伸也)に命令します。

犯人は鈴木などアソシエイトの中にいると判明しますが、アソシエイトを監督する立場の蟹江は自分の責任になるのではないかと焦ります。

甲斐と蟹江が烏丸建設に乗り込みます。
蟹江が調査した結果、烏丸建設の富永専務(大林丈史)が横領していたため、その件を踏まえて、弁護団との和解交渉を進めようとしました。

しかし、烏丸建設は、自分たちはクリーン企業だからと、横領した富永専務を自主退職させ、事実は公表することにしたので交渉には応じません。

手段を選ばない畠中弁護士の本領発揮!

烏丸建設を後にする甲斐のもとに幸村から電話がかかってきました。
原告たちがドンドン訴訟から降りていると言うのです。

甲斐は原告たちと話をするために、とある会議室に集まります。
そこには、なぜか畠中の姿が…。

畠中は甲斐と交渉するように見せかけて、実質的に原告たちに語りかけます。
「今なら1人100万円の和解金を支払うことで、裁判を避けることができますが、裁判をすすめることで、原告の弱みや後ろめたい過去が明らかになってしまうかもしれません。
もしも、和解したい人がいたら、連絡をくれるように原告の方に伝えてほしい」と甲斐に頼むフリをして、原告たちに伝えます。

幸村は1人あたりでも、約430~650万円の和解金を勝ち取ることができると考えていましたので、甲斐はふざけた金額で和解に応じようとしている原告たちに頭を抱えます。

その頃、情報漏えいの犯人が判明します。

犯人は甲斐たちと一緒に烏丸建設の訴訟に対応していたアソシエイト、館山(岩井拳士郎)でした。
館山は、畠中の事務所の同期に頼まれて情報を流し、畠中はその情報を元に、原告たちを脅していました。

幸村・上杉法律事務所はクリーンな事務所なので交渉に応じません

原告メンバー全員が和解に応じたいと希望するところまで進んでしまったため、甲斐は横領した富永元専務を呼び出します。

話を聞いた甲斐は烏丸建設が問題になっていた塗料を法規制後も使い続けていたことを掴み、それを烏丸建設に指摘。
烏丸建設は違法行為が明らかになることを恐れ、より不利な和解条件で応じようとしますが、甲斐はクリーンな法律事務所なので、交渉には応じられないと皮肉を返します。

蟹江の保身

終盤で、情報漏えいをした館山が上司である蟹江に退職願を提出しに来ましたが、蟹江は「君には期待しているから仕事で挽回しろ」とこのまま幸村・上杉法律事務所で働き続けるようにいいます。
しかし、それは蟹江の責任が問われ、クビになることを恐れたからでした。

いやいや…館山が仕事を辞めようが続けようが、蟹江の責任でしょう…。

館山が情報漏えいしたことは、幸村に報告する義務がありますし、隠蔽しようにもライバルの甲斐が幸村に伝えるはず
ですが、館山を辞めさせないだけで責任を問われなくなるのでしょうか?

蟹江ほどの優秀な弁護士を他の法律事務所に移籍されてしまうと、幸村・上杉法律事務所の経営にも大きな影響が出るので、見逃してもらえるのかな…?

部下の尻拭いもしないといけないので、「人の上に立つ」って大変ですね。

8話主要登場人物2人のキャスト紹介

日本版ドラマ『SUITS/スーツ』の第8話ですが、あらすじ部分では絶対に欠かせない人物だけを取り上げましたので、そのキャストだけを紹介させてもらいます。

あらすじをだいぶ削ったので、紹介するキャスト2人だけになってしまいました。

烏丸建設から切り捨てられた専務、富永光郎

烏丸建設の専務で横領の事実から切り捨てられるも、有害塗料を使用し続けていたことを告発した富永光郎を演じた大林丈史さんは『ウルトラマンレオ』のブラック指令役の演技で特撮ファンから支持を得ています。

蟹江のアソシエイトはことあるごとに妨害してきます

蟹江の部下の館山健人は内部告発で鈴木の経歴詐称を匿名で伝えたり、畠中に情報を漏らしたりとことあるごとに甲斐や鈴木の邪魔をしてきます。

そんな館山を演じているのは、岩井拳士郎さん。

出典:cinemacafe.net

ドラマ『コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐3rd season』では鳥居誠としても出演しました。

 

SUIT/スーツ 前作 7話あらすじ・ネタバレはこちら

SUITS/スーツ 前作 9話あらすじ・ネタバレはこちら

SUIT/スーツ シーズン1 織田裕二×中島裕翔がいたロケ地はどこ?こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー