るろうに剣心 2012年 映画 佐藤健 キャストとともにあらすじ ねたばれ

[映画 るろうに剣心]

2012年に公開された[映画 るろうに剣心]のあらすじ、キャスト、ネタバレを紹介します。

[あらすじ]

主人公は幕末の京都を舞台に知られ渡る凄腕の暗殺者・緋村剣心(佐藤健)。

「人斬り抜刀斎」と呼ばれていた剣心はかつて、幕府要人や佐幕派の武士達からも恐れられる存在としてその名を轟かせていました。

物語はその10年後、明治11年から始まります。

以前の剣心とは異なり、人の命を奪うことを悪とする「不殺(ころさず)の誓い」を立てていた剣心。

日本各地を旅してまわり、弱い人々を守る流浪人として穏やかな日々を過ごしていました。

一方、その頃東京では、人斬り抜刀斎と彼の名を名乗る剣心の偽物による辻斬りが横行していました。

その辻斬り犯の使う剣術だとして噂され、門下生が1人だけとなり危機に瀕する神谷活心流の師範代の少女・神谷薫との出会いが、
2人の人生を大きく変えることになるのだが…。

[キャスト ネタバレ]

緋村剣心(佐藤健)

短身痩躯で赤髪の優男。左頬にある大きな十字傷が特徴である。

一見朗らかで間の抜けた人物だが、かつては長州派維新志士で、幕末最強とまで謳われた伝説の人斬り・緋村抜刀斎その人である。

修羅さながらに殺人剣を
振るい数多くの佐幕派の要人を殺害してきたが、ある不幸な事件から人を殺すことを次第にためらうようになり明治維新後は完全に不殺(ころさず)を誓い、流浪人(るろうに)として全国を旅し、弱き人たちのために剣を振るう。

ひとたび戦いとなれば逆刃刀(さかばとう)という、峰と刃が逆転した刀で人智を越えた剣技を繰り出し、軍の一個大隊をも遥かに超える一騎当千の戦力を発揮する。

口癖は「おろ~」。女性には「~殿」と尊称で呼ぶ。

 

神谷薫(武井咲)

神谷活心流道場師範代で、その美しい容姿と剣の腕から東京では「剣術小町」と呼ばれる。活発で正義感の強い性格だが、それゆえに激昂しやすい面もある。神谷道場の土地を奪われそうになった事件で剣心と出会い、以後彼との絆を深める。
流浪人に戻る決意をした剣心が、唯一別れを告げた相手。序盤は剣心がいつか流浪人に戻ることを恐れていた。

相楽左之助(青木 崇高)

幕末時代は赤報隊の一員として活動し、自分達の保身から逆族の汚名を着せた明治政府に与していた緋村剣心(人斬り抜刀斎)に戦いを挑むが敗北。以降は剣心の人柄に惚れ込み、頼れる仲間として物語に深くかかわっていく。

斎藤一(江口洋介)

新撰組でも屈指の剣腕の持ち主で、幕末時代からの剣心の宿敵。世を蝕む悪を即座に絶つ「悪・即・斬(あく・そく・ざん)」の正義を自身の信念とする。口癖は「阿呆が」。他人にあだ名を付けるのがうまい。

鵜堂刃衛(吉川晃司)

出典:matome.naver.jp

どの藩閥にも属さず、金で人斬りを請け負っていた浮浪(はぐれ)人斬り。主義や思想などは持たず、強い殺人欲のみで動く危険人物である。剣心が「伝説の人斬り抜刀斎」と知った刃衛はその後、河原で剣心と会話をしていた神谷薫を拉致し、
剣心を激怒させた。これは、死合を望む刀衛の剣心を人斬り抜刀斎に覚醒させるための策略でもあり、結果、別の場所に呼び出した剣心と再戦することになる。本作では武田観柳の護衛で登場。

高荷恵(蒼井優)

会津出身の美人女医。西洋医学を学ぶため、家族ごと脱藩するまでに心血を注ぐ名医家・高荷家の出身。悪徳実業家の武田観柳にその才能を悪用され、観柳の監禁の下で阿片を作らされる羽目になる。
当初は武田観柳から逃げるために剣心に近づいて利用し、劣勢になったら一人で逃げようとまでしていたがどこまでも自分を貫く彼に心惹かれ本当に恋心を抱くようになる。

武田観柳( 香川照之)

出典:moviewalker.plas

裏社会で新型阿片・「蜘蛛の巣(くものす)」の密売を行っていた悪徳実業家。医師と結託して阿片を売り捌いていたが、仲間割れにより殺害してしまう。そこで医師の助手をしていた高荷恵を阿片生産のために拉致・監禁していた。
阿片の密売によって得た資金を元手に武器商人となり、さらに財を成そうと企んでいる。役に立たない部下は躊躇なく始末する。普段は他人に敬語で話して丁寧な物腰を装うが、本性は卑劣かつ狡猾。感情が入った途端に罵詈雑言を
浴びせて過激な暴力を振るう。屋敷には総勢60人の私兵団を配備している。剣心たちが屋敷に乗り込んで来た際には回転式機関砲(ガトリングガン)を持ち出して、剣心たちを殺そうとする。

外印(綾野剛)

元士族でありながらその誇りを捨て武器商人武田観柳の下で護衛役を務めている。普段はドクロのようなマスクをつけ、黒マントを着用している。マスクを取るとやけどような痕がある。道場近くの井戸に毒を投げ入れ、道場にいる恵に「気をつけろ」
と注意を与える。その後、観柳の屋敷に現れた剣心と戦いになる。ワイヤーを使って剣心を天井からぶら下げ、銃で剣心を撃つものの、剣で弾かれてしまう。ワイヤーが外れた剣心に短刀で襲いかかるものの、剣心の強烈な峰打ちによって動けなくなる。

以上が[映画 るろうに剣心 2012]のあらすじ、キャスト、ネタバレの紹介でした!(^^)!

るろうに剣心 京都大火編2014年 前編 あらすじこちら

るろうに剣心 伝説の最後編のあらすじ ねたばれこちら

るろうに剣心 最終章 the finalのあらすじ こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー