るろうに剣心 京都大火編2014年 前編 佐藤健 あらすじ

[るろうに剣心 京都大火編2014年 前編]

あらすじ、キャスト、ネタバレをご紹介致します。(※キャストは前編・後編に分け記載し、剣心などの紹介は省いてます)

[あらすじ]

元新撰組三番隊組長の警官・斎藤一は迷路のような道が続く廃坑道へ調査に踏み込む。そこで次々と仲間の警官達が姿を消していく。

斎藤が物音を追うと、道の奥で顔を包帯で巻いた男、
志々雄真実と出会う。

志々雄の命令で吊された警官達が炎の海へ落とされるのを見た斎藤は志々雄に迫ろうとするが行く手を阻まれ、志々雄は道を塞ぎそのまま姿を消していく。

「人斬り抜刀斎」も過去の人物として扱われる平穏な時代の中、剣心達は明治政府内務卿で剣心と旧知の間柄でもある大久保利通と会見。大久保は、志々雄が京都で再び暗躍していることを告げる。
志々雄は剣心と比類する剣術を持つ「影の人斬り」であったが、剣心が刀を置いた鳥羽・伏見の戦いで維新派が勝利した後、同士に裏切られ斬られた後、体を焼かれた。志々雄は奇跡的に一命を取り留め、
京都に身を潜めて明治政府への復讐と転覆を目論み兵を集めている。政府も数々の手を打ったが頼れるのはもはや剣心のみとなり、志々雄一派と対峙していくことを覚悟する剣心たちであった…。

[キャスト ネタバレ]

志々雄 真実(藤原竜也)

出典:tst-movie.jp

明治政府打倒と日本征服をもくろむ一大兵団「志々雄一派」の指導者。

「弱肉強食」を信念にしており、弱者を糧に真の強者が生き残る修羅の世界を志向している。

作中では自身を「極悪人」「何の迷いもなく黒をとる」
と語るなど、その存在と行いが悪であるとの自覚がある。

ただし、征服した後の日本を自分の手で強国にすることが自身の「正義」とも信じている。

性格は冷酷非道で弱者にも容赦しない一方で、強者や覚悟を決めた者
などには敵味方を問わず敬意も払う。

また、弱者であっても見所のある者や、不遇な過去を切り捨てて自分を信じて慕う者などには配慮を行う。目的達成のためには、他者を捨て駒とすることも厭わない。

ただし、卑劣な手段は使わない。兵器としては、特攻部隊「十本刀」を軸とした精強な兵隊、大型甲鉄艦「煉獄」などの強力な兵器を有する。

 

瀬田宗次郎(神木隆之介)

出典:twitter

別名“天剣”の宗次郎。十本刀最年少にして最強の剣士。書生風のあどけない少年だが、志々雄の最古参の部下で信頼も厚い。

普段は側近として付き従いつつも、大久保利通暗殺をはじめとした数々の最重要任務に派遣されている事実上の志々雄の右腕。

剣心に匹敵する天賦の剣才「天剣」と、喜怒哀楽の「楽」以外の感情を持たないがゆえに思考や気配が一切読めない「感情欠落」、強靭な脚力で瞬間移動並みの速度を発揮する超神速の移動術「縮地」を兼ね備えている。

佐渡島方治(滝藤賢一)

出典:matome.naver.jp

別名“百識”の方治。志々雄の参謀で、頭脳明晰であり実務能力に長けている。黒い瞼が特徴。以前は明治政府官僚であったが、その内情に失望して野に下り、流離っていたところを志々雄と出会う。
上海マフィア(雪代縁の組織)から甲鉄艦煉獄を始めとする膨大な兵器を購入、一派を単独で明治政府と戦争し得る強大な組織へと作り上げた。志々雄からの洗礼を受けた後は、一派で最も忠実な部下となる。

魚沼宇水(村田充)

出典:citizen-jounal.link

別名“盲剣”の宇水。十本刀の中でも宗次郎と並び、最強の戦闘能力を持つ剣士。

琉球王家秘伝の武術の使い手。かつては幕府方の対人斬り用暗殺者として剣腕を振るい、何人もの名の知れた剣士を葬っていた。

しかし、ある日遭遇した志々雄に両眼を斬り裂かれて惨敗し、
あっさりと幕府に見限られる。

その後「隙あらば志々雄を殺しても良い」との条件の下で十本刀に加わり、志々雄の部下ではないことを誇示するが、実は志々雄の余りの強さゆえ復讐は半ば諦めている。

 

悠久山安慈(丸山智己)

出典:matome.naver

別名“明王”の安慈。宗次郎や宇水に次ぐ十本刀の三番手の強者。志々雄からは実力を高く評価されていた。元々は東北地方のある村に寺を構え、戊辰戦争で身寄りを失った子供たちの面倒を見る線の細い心優しき僧侶だった。
廃仏毀釈によって寺を去ることになったが、その引越しの前、新政府への協力を口実とする村長の私欲から寺を焼かれ、さらに同居していた子供たちも全員無残に焼死する。この悲劇の絶望によって、祈りや慈悲の心だけでは心正しき者は救われないことを痛感する。

沢下条張(三浦涼介)

別名“刀狩”の張。刀剣蒐集狂で、特に新井赤空作の殺人奇剣を好んで集め、それを用いた殺戮を楽しむのが趣味の男。京都では新井伊織を人質にとった上で、十本刀の一番手として剣心と闘った。当初は「新井赤空最後の一振り」を求めて新井夫妻のもとを訪れるが、
拒否されたため伊織を人質に取り、夫を打ち倒して在り処を聞き出した。そして「一度赤ん坊斬りをやってみたかった」という理由で伊織を連れ去った。そこへ駆けつけた剣心と遭遇し、敵を前にして逃げたら志々雄に殺されるとして戦闘となった。
剣心に敗れたのち捕縛され警察の保護下に入る。

以上が[るろうに剣心 京都大火編2014年 前編]のあらすじ、キャスト、ネタバレのご紹介でした!(^^)!

るろうに剣心 最終章 the finalのあらすじ こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です