朝ドラ エール 関内音の両親の関内安隆と関内光子の役者は誰?どんな役柄?父は実はドコモのCMにでていたあの人?

朝ドラ『エール』のヒロインの両親はどんな人?モデルと役者の紹介

2020年3月30日(月)から9月まで新作朝ドラ『エール』が放送されます。
ヒロインの関内音(二階堂ふみ)の両親の関内安隆さんや関内光子さんとはどんな人物だったのでしょうか?
また、『エール』で音の両親を演じる、薬師丸ひろ子さんと光石研さんはどんな俳優さんなのでしょうか?
のちに人気歌手になる両親といえど、一般人だったため、あまり記録が残っていないようですが、まとめてみました。

ヒロインの母、関内光子はどんな人物?

出典:zatrendnews.jp

明治、大正、昭和の3つの時代を生き抜いたヒロインは関内音の母、関内光子はどんな人物なのでしょうか?
どうやら、女手一つで子どもたちを育てあげる、肝っ玉母さんだそうです。

モデルとなった内山ミツの経歴

光子のモデルとなった内山ミツさんは、内山安蔵さんと結婚し、1男6女の、今でいう「子宝」に恵まれました。
(当時はわりと普通だったかもしれませんが)。

夫である安蔵さんが経営する会社のおかげで暮らしぶりは裕福で、子どもたちが多くても、不自由なく暮らしていたといいます。

趣味として、オルガンや琴などの音楽を習い、楽しむことができる環境にあったことから、金子さんがのちに歌手として成功するきっかけになったのではないでしょうか?

しかし、ある日、突然終りを迎えます。
一家の大黒柱である、安蔵さんが亡くなってしまいました・・・。

収入がなくなってしまった内山家は、ミツさんが代わりに家業の馬具の製造販売を継ぐことになりましたが、それは専門知識と専門技術、経験があってこその仕事でした。

内山一家の収入は減ってしまいましたが、苦しいときにも、家に音楽があり

稼ぎ頭であった安蔵さんが亡くなっても明るく生きたといいます。

音の母、関内光子を演じる薬師丸ひろ子はどんな役者?

内山ミツさんをモデルにした関内光子を演じるのは薬師丸ひろ子さん。
結婚を機に、仕事量をセーブしていた期間もありましたが、最近ではコンサートや歌番組など、歌手活動も精力的に行っています。
私生活でもお子さんを育て上げた経験がありますし、女優としても数多くの母親役を演じていますのでピッタリですね。

1)薬師丸ひろ子のプロフィール

名前:薬師丸ひろ子(やくしまるひろこ)
本名:薬師丸博子(やくしまるひろこ)
生年月日:1964年6月9日
出身地:東京都港区北青山
血液型:A型
身長:154.5㎝
趣味:車
特技:車庫入れ

過去の出演作品

映画『野生の証明』のオーディションで選ばれデビューし、『セーラー服と機関銃』など多数の作品に出演されています。

最近では明治さんのプロビオヨーグルトLG21のCMで「さ、行ってこい」や「がんばれ」とやさしく応援してくれる薬師丸さんが話題になっています。

ドラマ

『あまちゃん』
『いだてん東京オリムピック噺』

映画

『野性の証明』
『翔んだカップル』
『セーラー服と機関銃』
『Wの悲劇』
『木更津キャッツアイ』
『1リットルの涙』
『ALWAYS三丁目の夕日』

薬師丸さんの演技について調べてみると

「歌がうまい」
「ドンドンいい演技をする女優さん」

などなど、好意的な評価が大多数でした!
『エール』で演じる母役も楽しみですね!

金子の父、関内安隆はどんな人物?

ヒロイン音の父、安隆のモデルとなったのは内山安蔵さんですが、安蔵さんは元々、陸軍の獣医部に所属し、のちに愛知県豊橋市で馬具の製造販売をはじめました。

というのも、豊橋市は陸軍の大部隊が駐屯していたり、養蚕や蚕糸産業が発展しており、軍需産業で栄えていたためです。

安蔵さんもそんな軍需産業の一端を担うべく、蹄鉄を陸軍に納品していました。

蹄鉄とは、馬のヒヅメの保護具のことです。
野生の馬であれば、ヒヅメが伸びるペースと削れるペースが一定のため、蹄鉄は必要ありません
しかし、軍などで必要とされる馬たちは、削れるスピードが早いため、ヒヅメを保護するために蹄鉄が必要でした。

馬は歩いたり、走ったりしなければ、うまく血液を循環させることができないため、ヒヅメは第二の心臓といわれるほと大切です。

つまり、陸軍に蹄鉄を売って、「ハイ終わり」ではなく、定期的に蹄鉄を替える必要もあり、馬の需要がある限り、ずっと依頼が来るような仕事でした。

一家の趣味として、音楽をたしなむことができる程度には、内山家は裕福でしたが、金子さんが12歳のときに安蔵さんは亡くなってしまいます。

1)プロフィール

名前:光石研(みついしけん)
生年月日:1961年9月26日
出身地:福岡県北九州市八幡西区
血液型:A型
身長:173㎝
所属事務所:鈍牛倶楽部

2)光石研の主要出演作品

光石さんの出演作品をWikipediaでチェックしてみたところ、紹介しきれないほど、ものすごい数の作品に出演されています。

そのなかでも、最近話題になっている出演作はコレ!!

『ゼニクレージ』

星野源さんが主演するdocomoさんのCM『星P』シリーズに登場する、全身黄色のキャラクターです。
わかりにくいですが、ゼニクレージーを演じているのが、光石さん。
さすがのインパクトですね。

映画

『岳-ガク-』
『カイジ2人生奪回ゲーム』
『アウトレイジシリーズ』
『シン・ゴジラ』
『ブラック校則』

ドラマ

『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』
『忠臣蔵』
『教場』
『ハゲタカ』
『下北沢ダイハード』
『おしん』
『はね駒』
『ひまわり』
『瞳』
『ゲゲゲの女房』
『ひよっこ』

今まで数多くの作品に出演するだけでなく、様々な役を演じており、その経験は屈指のもの!
そんな光石研さんが演じる関内安隆が楽しみですね!

朝ドラ『エール』のヒロイン関内音の姉妹 せきうちぎんとせきうちうめを演じるのは誰?また子役は?こちら

朝ドラエール こやまゆういち せきうちおとの幼少期を演じるのはこの2人こちら

朝ドラ エール 主役の子役は誰?こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー