テセウスの船 パラビ 後編 大人のミキオの日記 大全集 あらすじ ネタバレ 一挙公開

鈴を手に入れたい
その一心で音臼小事件を起こしたみきお

事件から30年がたち、かつて拾った免許証に刻まれた年が訪れた頃、心(竹内涼真)とみきおは再会した。

大人のみきお
【やっぱり心先生が現れた。31年前と何も変わっていない。音臼小事件は僕が完璧に計画通りに実行したよ。】

文吾は逮捕され、鈴とは婚約
何もかもみきおの思い通りの世界だった
しかし現代に戻った心は文吾の無実を晴らそうと動き始める
愛にも協力を頼む心
みきおの計画が31年ぶりに狂い始めていた

大人のみきお
【心先生が、また余計なことをしているらしい。今さら過去は変えられるはずがない。僕の鈴は、絶対に渡さない。】

一方、心達をとめたい人間がもう一人
みきおが音臼小事件に関与している事に気付いていたさつき
何としてもみきおを守るために愛に強いプレッシャーを与え続ける
そして遂に愛はさつきの睡眠薬で倒れる
しかしさつきの歪んだ愛情はみきおに届かない

大人のみきお
【やっと一番欲しいものを手に入れたのに。邪魔するヤツは許さない。それが、誰であっても。】

愛する愛を傷つけたさつきはみきおにとってはもうただの敵
そんななか、みきおを邪魔する人物がもう一人現れていた。

大人のみきお
【僕を脅すなんて、何を今さら。完全犯罪の達成者は僕一人だ。正志は何もできなかったくせに。】

心の登場によって再び音臼小事件が掘り起こされ、共犯だった真相が明らかになることを恐れた正志はみきおに余計なことをしないように脅迫をしたのだった。

 

藍からも距離を置かれるみきお。

狂い始めた世界は正さなければ・・・

幹雄は邪魔者を全て消すために動き始める・・・

 

みきお『母の病室から走り去る男を見たという目撃情報が・・・

小柄で小太りのメガネをかけた男だった・・・』

そこで心に、正志が犯人だとおもわせるのだった。

 

ただ一人真相を知る正志をみきおは殺してしまうのだった。

 

そしてその罪を心になすりつけ逮捕させる計画だった・・・

 

嘘のクレームで脅迫者のゆきをひきはなし、心を一人で正志の元に向かわせる。

 

 

【念入りに、慎重に。幸せな未来に、もうあなたはいらない。】

 

全てがミキオの思い通りに進んでいたが、ゆきの協力で心は釈放される。

 

そしてミキオは遂に心を直接消すことを決める・・・

ミキオ【邪魔者は全部いなくなる。これでThe ENDだ】

 

慰霊碑の前

ミキオ『決着をつけるって殺すんですか?』

心『自首させます、たくさんの人の命と、俺たち家族の幸せを奪った罪を一生かけて償わせます。』

 

ミキオが車いすから立ち上がり、

ミキオ『それは無理だよ、心先生』

『THE END〜!!』

心『みきおー』と叫ぶなか、みきおは霧の中に消えていく・・・。

 

さつき先生はみきおのためにやったことがみきおにとっては鈴に手を出したもんだから

いらなくなったということなんですね。

 

ミキオの犯行日記  平成元年

再び過去にタイムスリップした心。倒れていたドライブレコーダーを拾ったのは

みきおだった。

みきおは心が未来の世界で自分が犯人だったと気づいたこと、そして心も正体が

佐野文吾の息子だったことを知る。

子供のみきお

【心先生が未来からもどってきた。サイコーのお土産を持って。

おかえりをいう前に、さよならをいわなきゃ。

心先生とおじいちゃんに】

 

真相をしる心は、必ず邪魔をしてくるだろう。絶対に鈴を手に入れるために

この日みきおは計画を変更する・・・

2日後の

平成元年3月10日、目をさました心はミキオの家に駆けつけるが

パソコンの中の

【バレちゃったみたいですね。でもこれで、もっとワクワクしてお楽しみ会が待ちきれない!

心先生、僕をつかまえられるかな?】

ミキオは正志の父のいる田中家に潜んでいた。

正志の願い出父に青酸カリを飲ませて死なせる。

ミキオのパソコンには

 

【まさしの希望を叶えてあげた。おじいちゃんが許せないらしい。自分でやればいいのに・・・】

こうつづった。

 

そして次のターゲットは

平成元年3月11日

最大の邪魔者『心』

文吾と心をおびきだし、一人になった和子を殺害する事に。

うまれてくる心を消そうとするが・・・

鈴が帰ってきてその計画がダメになる。

ミキオのパソコン

【心先生はラッキーだ。鈴ちゃんにお礼を言わないとね。明日は僕が鈴ちゃんの正義の味方に

なる日だ。ワクワクする。それまではあいつらで暇つぶししよう。】

 

家族が狙われおいつめられる、心と文吾。

平成元年3月12日 お楽しみ会当日

そして、和子達が危ないからと車で村を去ろうとするときにミキオは動き出す。

その行動はミキオにはわかっていたのだ。

 

心と文吾がミキオを必死で追いかけている一方で

正志が和子達を体育館で目隠しをして人質に。。。

 

そしてこの日心と文吾は起ることのない音臼小事件にたいして

ことごとくミキオに翻弄されつづる。

ミキオ『心先生は、全然わかっていないなー。僕は人殺しになりたいわけじゃないんだ。』とミキオを心にいう。

 

心は文吾に『本当にこれでおわりでしょうか。』そのときに文吾の無線に

「音臼村321番地の路上にドアが開いたままの車両がある」とうける。

ミキオ【お楽しみ会はわらえた。計画はとっくに変更にしてたのに。】

 

体育館に、助けにくるのがミキオなのだが

鈴が『お父さんは正義の味方だもんね』という言葉に

ミキオの計画は最終段階をむかえるところまできていた。

ミキオのパソコン【明日はどんな顔をするかたのしみだ】

 

翌朝、鈴はミキオが助けに来てくれたとよろこんで『ありがとう、ミキオくん』と抱きつく。

ミキオ【遂に僕は鈴ちゃんの正義の味方になった。あとはあの警察官を消すだけ。正義の味方は僕だけでいい。さあ、正志の出番だ】

このあと、文吾を呼び出したところを正志に襲わせ一連の事件の犯人にしたてる。

ミキオ『ここまでは、完璧。』

ミキオと正志の計画は順調に進んでいったと思った。

 

しかし、未来からのドライブレコーダーに自分が正志に殺されることを知るのだった。

その夜ミキオは正志とともに、予定通り文吾をおびきだす。

正志は文吾をスタンガンで気絶させた後、ミキオも気絶させる。

 

正志【さようなら みきおくん もう君には用はない

ここからが計画の本番だ】そうパソコンに書く正志。

 

【佐野文吾に殺人犯になってもらう】

ミキオを消した正志は自ら動き始める。

 

正志の目的は文吾を犯罪者にし、家族全員を不幸にすること。

かつての自分たちと同じように・・・。

しかし佐野文吾の家族の絆はつよかった。

 

正志【しぶとい家族め、俺の家族をバラバラにしておいて忘れたとは言わせない】

 

いまいましい村祭りのことをおもいだせとチラシを送る正志。

 

正志は文吾の犯行を裏付ける決定的証拠を自ら通報する。

【青酸カリは家の裏にはにうめた。】

 

正志のパソコン【佐野文吾 今日はお前が殺人犯になった記念日だ。俺がちゃんと死刑台まで送り届けてやる。】

 

文吾を逮捕に追いやった正志は、文吾に差し入れとして『サラダ記念日』の本を送る。

 

そこには自首しなければ家族を皆殺しにするという暗号が・・・。

文吾を脅し自白をひきだす。

のぞみがたたれ絶望する心達。あとは確実に文吾が死刑になるのを

見届けるだけだった。

 

ところがミキオが復活する。

ミキオと正志は文吾を消したいという同じ思いで共犯し、

正志の目的は文吾への復讐。

 

しかしミキオが求めているものは、ずっと変わらず。ただ一つ。

『鈴の正義の味方になること』だった。

 

 

ミキオは心に『今、鈴ちゃんが一番喜ぶのは、佐野文吾を無罪にしてあげることだよねー』と

みずからドライブレコーダーに自白し、

『未来の僕がいってたやつ、あれいいよね。THE END』

 

 

鈴の笑顔をまもるために自分の証言を録音し自ら青酸カリを飲むミキオ。

 

正志のパソコン【ミキオが余計なことをしてくれた。】

 

文吾が背負うはずの全ての罪をミキオが自供した事によって文吾は釈放されてしまった。

 

こうなったら自分でとおもった正志は

【でも、佐野文吾には絶対に殺人犯になってもらおう。まずは息子を追っ払ってひとりにさせる】

 

正志が止まることはなかった。

文吾を殺人犯にさせるために心を手紙でおびき出し

狙い通りに一人ででていくと警察署に偽の心からの手紙をおいておく。

通報を入れる正志。

心さんらしき人がたおれていると。。。

 

ひとりになった文吾をまちうける。

そして後ろから刺す。

心をさしたといい、佐野文吾を自分を殺す事によって殺人犯にしたてあげることだった。

正志【かあさん、もうすぐそっちにいくよ。これでおわりだ、佐野文吾は殺人犯になる

本当の苦しみを教えてやる】

だが佐野文吾は正志を刺さない。文吾『心さんをうらぎれない・・・』

そこに心がきて、文吾をかばい正志にさされてしまう。

文吾を殺人犯にするという正志の計画は遂に果たされることはなかった。

 

 

そこで物語は幕を閉じる・・・

 

 

以上がみきおと正志側からみた日記のあらすじ、ねたばれでした。

 

 

テセウスの船 最終話 衝撃のラストこちら

テセウスの船 加藤ミキオは誰?こちら

テセウスの船 パラビ 加藤みきおの日記大公開?こちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー