アンサングシンデレラ 石原さとみより西野七瀬の可愛さがやばい?!

 

【アンサングシンデレラのあらすじ】

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。

救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。

そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。

薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。

それに対し納得のいかないくるみ。指導のみどりに疑問をぶつける。

くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。

医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に

おもむくみどり。

その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。

優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。

医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。

みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。

羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。

そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。

すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。

これが林とみどりの因縁になろうとはこの時は誰も思わなかった・・・

【プロフィール】

・生年月日:1994年5月25日(25歳)

・出身地:大阪府

・身長:159 cm

・血液型:O型

・職業:女優、ファッションモデル、タレントジャンルテレビドラマ・映画

・活動期間:2011年~

・事務所:乃木坂46合同会社

・好きな食べ物:焼肉、豆腐、うどん、パスタ、焼きそば、明太子、まぐろステーキの缶詰

・嫌いな食べ物:茄子、ごぼう、きくらげ、メンマ、ホルモン

・好きなアーティスト:スピッツ、BUMP OF CHICKEN、RADWIMPS、aiko

・好きな漢字:七

・好きな映画:ザ・マジックアワー、告白

・好きなテレビ番組:旅番組

・好きな動物:鳥(ライチョウが一番好きで、太った鳩も好む)

・好きな天体:ベテルギウス

・好きなアニメ:キテレツ大百科

【出演ドラマ】

・49(2013年10月6日 – 12月29日、日本テレビ) 水無月マナ 役

・天使のナイフ(2015年2月22日 – 3月22日、WOWOW) カフェ店員 役

 

 

 

出典:prcp.jp

・初森ベマーズ(2015年7月11日 – 9月26日、テレビ東京) ななまる 役

出典:アマゾン

・ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016「もう1人のエレベーター」(2016年8月20日、フジテレビ) 木島円美 役

・キャバすか学園(2016年10月30日、日本テレビ)

・電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018(2018年1月14日 – 4月1日、テレビ東京) 主演・天野アイ 役

・電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-特別編(2019年1月19日、テレビ東京) 主演・天野アイ 役

・オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜 最終話(2018年3月24日、テレビ東京) – 天野アイ 役

・よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜(2019年1月21日 – 3月11日、テレビ東京) 松田葉子 役

・あなたの番です(2019年4月14日 – 9月8日、日本テレビ) 黒島沙和 役

【出演CM】

・ピザハット(日本KFCホールディングス)

・ソフトバンク ギガ学割「白戸家 ギガ物語3 篇」

・ビオレUVエッセンス(花王)

・黒い砂漠 MOBILE(パールアビスジャパン)

・サクセス24(花王)
「クレンジングシャンプー・スカルプコンディショナー」
「ヒゲを剃りやすくする朝の洗顔シート」

・キャッシュレス・ポイント還元事業(経済産業省)パン屋篇

・年末ジャンボ宝くじ「年末ショーで宝くじ」篇

・第96回箱根駅伝用オリジナルCM年始特別バージョン(サッポロビール)

・メルカリ
「誕生たのメル便」篇
「まとめて買おう」篇

【石原さとみの役柄にどのような影響を与える役なのか】

最初のあらすじの通り、第1話のストーリーではみどりとくるみの出会いからスタートします。

そんな相原くるみの性格は「医者は自分には無理そうだけど、薬剤師ならできそう。医者ほど責任は発生しなさそうだし。」と、くるみは消極的な理由で薬剤師になったようです。

さらに「薬剤師が向いていなければいつでも辞めます。」とイマドキの新人らしくヤル気があまり感じられません。

どうやらくるみは患者から感謝されにくい影の存在である薬剤師の立場やその価値にくるみは疑問を覚えてしまうようです。

しかし、みどりはその真逆で感謝される事を求めていない「仕事」に対して真っ直ぐな姿勢です。

そこからみどりとくるみの価値観の違いで二人は対立するのかどうか!?これから楽しみになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー