ギルティ 悪魔と契約した女 7話 いよいよ黒幕が・・・

[ギルティ 7話]

ドラマ「ギルティ」7話のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

情報提供者だった堂島(唐沢寿明)から「あんたの復讐はおしまい」と告げられた芽衣子(菅野美穂)は、渡された次のターゲットの資料を見てその意味を知る。

芽衣子を襲い、真島(玉木宏)を負傷させた男は溝口(金井勇太)で、宇喜田(吉田鋼太郎)と裏で繋がっていたのだ。

警視庁捜査一課の実権を握る宇喜田が、
警察権力や溝口まで利用して復讐を妨害しているとすれば、芽衣子や堂島にも手の出しようがない。

だが、屈する様子のない芽衣子は堂島に電話をかけ、

「これは手詰まりなんかじゃない。やっと動き始めたの」と復讐の続行を告げる。

真島は傷の痛みをおして捜査一課に出勤し、芽衣子を襲った犯人の遺留品を
鑑識で調べて欲しいと万里(吉瀬美智子)に依頼。

さらに、未だ行方のつかめない三輪(モロ師岡)から電話があり

15年前の事件は冤罪だったと告げられたことを万里に明かす。

芽衣子を犯人に仕立て上げた黒幕は、警察関係者ではないかと疑惑を口にする真島の言葉に衝撃を受け、絶句する万里…。

まもなく、刑事部長に呼び出され、
捜査一課長への昇進を打診された宇喜田が一課の部屋に戻ってきた。

真島は15年前の事件について宇喜田を追及。

捜査の中で真島は、事件の担当が宇喜田だったにもかかわらず、
当時の捜査資料から名前が消されていたことを突き止めていた。

さらに、事件をきっかけに宇喜田が異例の出世を遂げていることを突きつけ、「その出世が、
何かの見返りだとしたら見過ごすわけにはいかない」と挑発する。

その頃、芽衣子はペットサロンに届いていた自分あての封筒に気づく。

差出人は三輪だった。
中から出てきたのは、芽衣子が服役した日から金が毎月積み立てられている三輪名義の銀行通帳と手紙。

そこには、「あなたには本当に申し訳ないことをした」
という三輪のざんげが綴られていた。

一方、宇喜田は一軒の古びたアパートを訪ねていた。

そこに潜伏していたのは溝口。

宇喜田は溝口に金を渡し、芽衣子の襲撃に
失敗したことをとがめると、薬物中毒の溝口が欲しがる覚せい剤をちらつかせて「標的を変えよう。邪魔は早めに取り除くべきだ」と次に襲う別の人物を指示。

「お前もよく知っている人間」とその名前を告げ…。

同じ頃、真島に三輪から再び電話が入った。

「お前にだけ話したいことがある」と真島を人気のない公園に
呼び出した三輪は、15年前の事件について驚くべき事実を明かし始める。

[ネタバレ]

ペットサロン「モンアンジュ」に着いた真島拓郎(玉木宏)は、野上芽衣子(菅野美穂)に警察手帳を見せ、警視庁捜査1課の刑事であることを明かした。

野上芽衣子は「嘘を付いたのは私に前科があるからですか?警察が嫌いと言ったからですか?」と聞いた。

真島拓郎は「捜査のためだった。調べていくうちに、君が冤罪に関わっていることを知った。
申し訳なかった」と謝罪した。

そして、「不審な自殺事件は君の仕業なのか。三輪さんは自分がやったと言っている」と迫った。

野上芽衣子は「そんなこと私は知りません」と
答えると、真島拓郎は「分かった。俺は君を信じる。」と言い、犬のアンを抱きかかえてペットサロン「モンアンジュ」を立ち去った。

モンアンジュに残された野上芽衣子は「ここで
終わらせるわけにはいかないんです。すみません」とつぶやいた。

真島拓郎の部屋で榎本万里がワイシャツをたたんでいると、ナイフを持った溝口猛が侵入してきた。

榎本万里は溝口猛に襲われるが、警報機を鳴らして、なんとか撃退する。

そして、意識を失って倒れた。

三輪周平が宇喜田元の携帯電話に電話を入れ、「告発する準備をしていた。もう終わりにしよう。
明日、朝9時に大井埠頭の倉庫で待っている」と告げた。

翌朝、野上芽衣子は宇喜田元に電話し、「アンタを今いる場所から引きずり降ろしてやる。楽しみにしてなさい」と言い電話を切った。

大井埠頭についた宇喜田元は「今更15年前の事件を掘り返してどうなる」と言い、「冤罪を告発してくれ」という三輪周平に銃を向け、銃で殴った。

野上芽衣子は物陰から
その様子を動画撮影していた。

そのころ、真島拓郎に鑑識の結果が報告された。マスクの主は溝口猛だった。

榎本万里を襲ったのも溝口猛だと分かった。そこへ、バーテンダー鶴見真人(水上剣星)
から電話が入る。

溝口猛を見つけたので後をつけるという知らせだった。

溝口猛が大井埠頭に到着すると、鶴見真人は真島拓郎に報告した。

しかし、電話を切ると、溝口猛に襲われ、鶴見真人は
捕まってしまった。

2人の処理を溝口猛に任せ、宇喜田元が車に戻ると、フロントガラスに赤い封筒が置いてあった。手紙には先ほどのやり取りを撮影したほか、捜査1課に宇喜田元と溝口猛の
2人が一緒にいる写真をファックスしたという内容が書いてあった。

埠頭に着いた真島拓郎は携帯電話で溝口猛に誘導され、3番倉庫へ入った。

溝口猛は三輪周平の腹をナイフで刺し、
真島拓郎に灯油を被るように指示した。

真島拓郎が頭から灯油を被ると、溝口猛はマッチを拾って火を付けるように命令した。そこへ、パトカーのサイレンが鳴り響いた。

野上芽衣子がパトカー
を呼んだのだった。

サイレンを聞いた溝口猛は「また助かったんだ」と言い残して逃げるのであった。

一方、野上芽衣子は堂島基一に電話して、「とうとう宇喜田を追い詰めた。溝口猛の情報が欲しい」
と伝言を残した。

以上、ドラマ「ギルティ」7話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!(^^)!

ギルティ 悪魔と契約した女 6話 芽衣子、何者かに襲われる・・・こちら

ギルティ 悪魔と契約した女 8話 芽衣子の命を狙うものとは・・・こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です