監察医 朝顔 10話 朝顔のスピーチに感動!桑原の運命は?あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔」第10話のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)は、三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)の死因鑑定を手伝わせてほしいと茶子(山口智子)に申し出る。

もしまた手が震えたら、
茶子や藤堂(板尾創路)、光子(志田未来)が代わってほしい、と訴える朝顔。

その思いを受け止めた茶子は、朝顔の願いを聞き入れる。

一方、平(時任三郎)
も捜査への参加を直訴し、今回の案件に違和感を抱く丸屋(杉本哲太)とともに改めて実況見分に向かう。

警察は、結衣が次男・陽斗(遠藤千空)への授乳中に眠ってしまい、
顔を圧迫された陽斗が病院に運び込まれた件で虐待を疑われたことを掴んでいた。

その際、三郎は結衣を叱責したという。また、1週間前、結衣が自転車で転倒したというケガも、
三郎によるDVではないかと疑っていた。

三郎の家を訪れた朝顔と茶子は、階段の高さや角度だけでなく、壁なども丹念に調べていく。結衣のスマートフォンなどを押収した平と丸屋は、
不審者が侵入した可能性も考え、家全体の指紋を採取する。

法医学教室に戻った朝顔たちは、ダミー人形を使って落下実験を行う。

その結果、1階にミルクを取りに行く際に足を
滑らせたのではないかという三郎の証言や、三郎が2階から突き落としたとする警察の見立てのどちらも、傷の付き方や倒れていた姿勢と矛盾することが判明する。

一方、桑原(風間俊介)は、県警本部がマークしていた建設会社に関わりがあるらしい刺殺事件を追うことになるが……。

[ネタバレ]

結衣の遺体は首の骨が折れて、脾臓が破裂していた。

そのため、結衣は階段の上から落ちたのではないかと考えられていた。

そこで朝顔たちは、ダミー人形を使う。
結衣は階段を登ろうして3段目から落ちていたことが分かった。

どうして3段目から落ちただけなのに、脾臓が破裂したのか?再び結衣の解剖を行うことになった朝顔たち。

解剖の結果、結衣は遅発性脾破裂を起こしていたことが分かった。

“遅発性脾破裂”とは打撲などで脾臓が損傷して、それでも無症状の状態が続いて、それが何かをキッカケに発症し、脾臓が破裂する病状のこと。

結衣が亡くなる1週間前に、自転車で転んだのが破裂したと原因だった。

それが無症状に徐々に悪化し、それがあの日の朝発症した。その痛みで階段を踏み外したのだ…。

再解剖で腹膜にわずかだが変症が見られた。

これは階段で転落したときのものではなく、自転車で転んだときの損傷の形跡だと思われる。金属音も怪しい音ではなかった。

結衣はアラームを止めようと二階に戻ろうとしていたようだ。

結衣は目覚ましのアラームにモスキートーンを使っていた。

高周波の音で年齢が高いほど聞き取りにくいものだ。

結衣は仕事で疲れた三郎を起こさないために自分にだけ聞こえるアラームを設定していたのだ!…三郎はDVなんてしていなかった。疑われていた陽斗くんへの虐待も授乳中の怪我だった。

三郎の身の潔白を証明されたが、亡くなった結衣は戻ってこない…。

結衣の最後を知って涙を流す三郎。捜査一課に異動して初めて、桑原が遺体の解剖依頼にやってきた。ご遺体は刺殺された鮫島組という暴力団員の男。

男のポケットには国枝建設執行役員の名刺が入っていた。

その会社は県警本部の神崎がマークしていた会社である。

国枝建設では、最近社員が立て続けに自殺している。

桑原は神崎と共に国枝建設の内部の人間に聞き込みを行なっている最中だった。そんなご遺体の解剖を担当するのは朝顔。しかし朝顔は手が震えてしまい、メスを握れなかった。

朝顔はまたもや解剖を代わってもらうことになってしまった…。

そんな朝顔に、茶子は焼き芋と引き換えに大学の講義を頼む。

 

当日、医学生たち(戸塚純貴がいたw)に講義を行う朝顔。

「出来るだけ丸をつけたくない項目があります。不詳の死です。それでもどうしても不詳の死にしなければならないご遺体もあるんです。」

朝顔は学生たちに、法医になる前、震災で母を失ったことを話す。

震災時には混乱の中、溺死された方もたくさんいた。もしかしたらその中に濡れた状態で救助を待っている間に凍死で亡くなられた方もたくさんいたかもしれない。

災害国である日本で正しい死因を知ることは、今後死者を減らすことに繋がっていくとだと思う。亡くなった方の命から学び、事前に正しい対処や適切な設備を整える必要がある。ただ、法医である前に1人の人間。どんな時もどんなご遺体も解剖できるとは言い切れない。

「それでも法医をやってきて言えることは、法医学者はもう命を救うことはできませんが、ご遺体に耳を傾けることのできる唯一の存在だと言うことです。

亡くなった方の最後に寄り添い、その方が生きている間に伝えたかったことや、法医学者にしか読み解くことのできない、その証を一つでも見つけようとする。

それが、人間が…人間の手で亡くなられた方の魂を弔うことに繋がっていくと思います。」法医学者としての思いを語った朝顔。学生たちも聞き入る…。

一方、刺殺された鮫島組のチンピラ・西川は、組員同士の抗争に巻き込まれた可能性が高いことが矢神(宇梶剛士)の調べで分かった。

国枝建設の自殺の件と関係があるかはまだ分からないが、鮫島組と国枝建設は3年前から手を組んでいることは分かっている。矢神から話を聞いた平、桑原、神崎。

桑原と神崎は、そのまま、国枝建設の情報提供者・赤井啓介(笠原秀幸)に会いにいく。赤井は、自殺した鈴木という男が連中から脅されている様子を見たと話す。
「多分、役員に鮫島組と繋がっている人がいるんだと思います。うちは数年前から違法な開発や産業廃棄物の不法投棄を始めています。

反社会勢力から請け負う仕事が多くて、鈴木さんもやめたいって言ってました…そしたら…」赤井はもうすぐ子どもが生まれるらしく、子どもに恥じない父親になるために告発したようだ。桑原と神崎は、そのまま赤井に案内され、不法投棄の現場を見にいく。
しかしそんな時に大雨が降り始め…土砂が崩れる音が…!

 

以上、ドラマ「監察医 朝顔」第10話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!(^^)!

監察医 朝顔 最終話あらすじ・ネタバレはこちら

監察医 朝顔 9話あらすじ・ネタバレはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー