監察医 朝顔 特別編 朝顔と桑原君のなれそめ あらすじ ねたばれ

 

ドラマ「監察医 朝顔」特別編のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)は平(時任三郎)、桑原(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、震災以来、行くことができなくなっていた母・里子(石田ひかり)の
生まれ故郷を訪れて祖父の嶋田浩之(柄本明)とも再会し、新たな1歩を踏み出す。

そんな朝顔が、ある日、興雲大学法医学教室に出勤すると光子(志田未来)、
高橋(中尾明慶)、熊田(田川隼嗣)、丸屋(杉本哲太)、絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)らがミーティングの準備をしていた。

この日、運ばれてきたのは推定70歳から80歳の高齢者の遺体で、外傷もなく、身元につながる物は一切身につけていなかった。

また、指紋を調べても何も出ず、歯も1本もない状態だった。

山倉(戸次重幸)、森本(森本慎太郎)、江梨花(坂ノ上茜)
ら野毛山署強行犯係は、少しでも遺体について何か分かるよう、解剖に一縷の望みをかけていた。

主任教授の茶子(山口智子)が不在のため、朝顔と藤堂が解剖にあたった。

あまりにも手がかりの無い遺体を前に、朝顔が思い出したのはあの事件だった……。

果たして、朝顔たちは遺体の身元を究明できるのか?そして、遺体に秘められた悲しすぎる真実とは?さらに、朝顔と桑原が出会うこととなった、事件とは?

 

[ネタバレ]

朝顔(上野樹里)は平(時任三郎)、桑原(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、母、里子(石田ひかり)の生まれ故郷を訪れた。震災以来、震災の記憶から、行くことができなくなっていたのだ。

前回、父と訪れた時は、電車を降りた瞬間に、前に歩むことができず、結局そのまま東京に戻った。やっと、祖父の嶋田浩之(柄本明)とも再会でき、新たな1歩を踏み出した。そんなある日、興雲大学法医学教室に、
推定70歳から80歳の高齢者の遺体が運ばれてきた。外傷はない。また、身元につながる物は一切身につけていない。指紋を調べても何も出ず、歯も1本もない。

主任教授の茶子(山口智子)が不在のため、朝顔と藤堂(板尾創路)が解剖にあたった。心臓、胃、肺、内臓もどこも悪いところがない。

原因不詳となってしまうのか?
このままでは無縁仏になってしまう。

朝顔が思い出したのは、あの事件だった……。女性がある倉庫で倒れて亡くなっていた。

だが、女性の亡くなった原因は、溺れて亡くなったと思えた。

女性は夫と共に工場を営み、小学生の娘がいた。朝顔、そして平・桑原らの刑事の捜査により、状況が判明した。女性は強盗に襲われ、池の近くに倒れた。
肺の中に水が入り、もうろうとした状態で、家に帰ろうとする。

そして、近くの倉庫で力尽きたのだ。

朝顔と桑原くんとの出会い。ある事件の、子供が虐待を受けていたことが分かる。調べたのは朝顔、連れてきたのが警官の桑原くん。

「いい方ですね。お似合いですよ」と茶子先生にも言われる。

朝顔は再解剖を決める。遺体の骨髄を調べた朝顔たち。そこに長期にわたる栄養失調の痕跡を見つけた。虐待を受けていたのだ。子供の虐待もあれば、老人の虐待もあるのだ…。

警察が、身元確認のため、家族と住んでいる老人を当たることになった。仕事から家に帰ると、桑原が夕ご飯を作っていた。さんまの塩焼きでいい焼き加減と朝顔は桑原の料理をほめた。

朝顔は桑原と出会ったときのことを思い出したと桑原に言った。二人は、桑原が警官で虐待された兄妹を思い涙していたところを朝顔がハンカチを差し出したことが初めての出会いだった。茶子先生は、
桑原のことを見て「先ほどの泣き虫のおまわりさん、いい方ですね。お似合いですよ。」と二人の縁を見抜いていた。それから半年後、桑原と朝顔はつきあうことになったのだ。

桑原が飲み過ぎて、朝顔の実家になだれ込み、平にお姫様抱っこされて寝かされたこと、鉄板焼きでの朝顔がひいてしまうプロポーズのこと、そして朝顔に赤ちゃんができたこと。朝顔は桑原と実家で新生活をすることを決意し、平に反対されたこと。全てがいい思い出だった。

朝が来ていつもの朝食の風景。つぐみはジャムがないのでなかなかパンを食べようとしなかったが、桑原と朝顔のいいコンビでつぐみはご機嫌になった。土砂災害で埋もれそうになった桑原は、
朝顔に自分ももしかしたら遺体として並んでいたかもしれないと語ったこと。二人は思い出を振り返っていたところへ、平とつぐみがお風呂から出てきた。

平は、里子を探すために東北に行く準備をしていた。その光景を見ながら朝顔は、里子と東北を訪れた時のこと、地震にあったことを思い出していた。地震と津波がおさまり
朝顔は母を探し続けたが見つからなかった。そこで茶子先生との出会いがあった。後から駆けつけた父に「お母さんが帰って来ないの」と朝顔は泣きじゃくった。

それから平と朝顔の里子を探す旅は始まった。けが人が運ばれている施設を周ったが里子の姿がなかった。祖父の浩之がくれた握り飯を、平と朝顔は生きるために必死で食べた。

朝顔は平に、桑原とつぐみと4人で行った東北旅行のことを話した。朝顔は平と二人で来て以来のことでなかなか足を踏み出せずにいたが、その一歩を踏み出すことができた。平と朝顔は、つぐみの映像を見た。

浩之が写真だけではなく映像を見たいというので、朝顔が編集したものだった。そこへつぐみと桑原が加わり4人で和やかに映像を見ていた。

 

以上、ドラマ「監察医 朝顔」特別編のあらすじ、ネタバレの紹介でした!(^^)!

監察医 朝顔 続編 キャストはこちら

監察医 朝顔 最終話あらすじ・ネタバレはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー