監察医 朝顔 5話 親子の絆と朝顔が平さんと望むこと あらすじ ねたばれ

 

あらすじ

心霊スポットとして知られる場所で、白骨化した遺体が発見されます。

死後1年半から2年ほど経過していると思われましたが、動物に荒らされたためか、いくつもの部位がない状態。また、骨には着衣の一部と思われるボロボロになった白い布が...。

 

遺体は、朝顔(上野樹里)たちの興雲大学法医学教室に運ばれましたが、骨だけでは死因の特定は難しい、と平(時任三郎)たちに告げる藤堂(板尾創路)。身元を特定するためには、法歯学者の絵美(平岩紙)の力が必要でした。

解剖台に乗せられた遺体を観察した朝顔は、現場から持ち込まれた骨がひとり分ではなく、小さな骨が混ざっていることに気づきます。

そこで朝顔は、絵美が歯を調べている間に、光子(志田未来)や高橋(中尾明慶)、検視官の伊東(三宅弘城)らとともに、骨の汚れを落とし、どの部位がなくなっているのかを調べ始めることに...。

 

一方、遺体の第一発見者となった若者たちから事情を聞いていた桑原(風間俊介)は、彼らが1年半ほど前に動画サイトに投稿された映像を見て現場を訪れていたことを知ります。その動画には、白い服を着た男が映っていました。山倉(戸次重幸)は、行方不明者の照合と現場周辺の捜索を命じる。

そんな中、朝顔は、左腓骨と左脛骨がはく離骨折していることに気づきますが...。

 

ネタバレ

(白骨化され遺体について)
白骨した遺体は身元を判明するのが難しいのですが、歯は履歴書といわれるくらいに年齢などの色々なデータが分かるとして法歯学者の絵美が調べることになります。

一方、朝顔たちは一つ一つの骨の泥を落として、骨を並べていくと、骨には、小さな骨も混ざっていたため、子供の骨ではないかと皆は考えます。

そして、骨を見ていくと朝顔は大きな骨の左骨と左脛骨に剥離骨折の跡があることを見つけます。
そして高橋は、とても小さな骨があるのを見つけます。

絵美が調べると小さな骨は動物の尻尾の骨であることが判明しました。

 

心霊サイトと訪問者

心霊スポットを訪れた人たちによって発見された白骨遺体ですが、白骨化しているために身元特定が困難でしたが、歯は履歴書とも言われるらしく歯のほうが細かく年齢がわかるそうです。

DNA鑑定の結果、遺体は70代前半の男性で、身長160センチ、血液型O型ということが判明します。

ただ、歯の治療をしたのがかなり古かったため、診療記録は残っていなかったようです。身元特定までは残念ながら至りません。

そこで、発見者たちが見ていたという動画サイトを確認します。

そこには神奈川県某所 廃バス停前で幽霊の目撃情報が上がっていることが書き込まれていました。昔、この道の先にあった集落の住民の霊が彷徨っているのではないかと噂されている。

書いてある動画を再生すると、確かに白っぽい幽霊なのか何かが映っています。どうやらネットの書き込みだと、他にもあの場所で幽霊を見たという書き込みや動画が見つかります。ただ、どれも1年半前から目撃情報が止まっていました。

本当に幽霊なのか?そんなことを考える間も無く、この人物の息子と名乗る人物が警察にやってきます。父親は「中島修三」という72歳男性で血液型O型、身長も160センチくらいだと話す息子らしき人物。

白骨遺体の特徴と合致しています。そしてこの動画を鮮明にしていったところ、名乗り出てきた息子の父親と同じだとなります。幽霊だと思われていた人物は、実は存在している人間だったのです。
さらにDNA鑑定で親子関係を調べると息子の親、中島修三ということが判明した。だが、息子は、「骨は警察で引き取ってもらえませんか」と淡々とした口調で語ります。

親子の絆

中島修三は数年前から認知症を患っていた。

夜、徘徊していたところを動画に撮られ心霊サイトにアップされたようだ。中島修三は、徘徊中に犬が中島修三を助けようとしたところ犬の前足が折れて、そのまま一緒に亡くなったようだ。

朝顔は、息子に骨を引き取ってもらえないか頼んだが、息子は拒みます。父と息子の間には相当のあつれきがあるようです。現実にもありそうな悲しい結末です。茶子先生は、犬の骨の一部を中島修三の骨と一緒にしてあげます。

茶子先生は、朝顔と桑原の結婚の証人となり婚姻届けにサインしてくれました。その帰り、朝顔は物思いにふけっていた。父を残して、桑原と二人で新居に移ることを悩んでいたのだ。

そこへ待ち合わせしていた桑原が、「朝顔の実家にお父さんと、朝顔と子供の4人で一緒に住もう」と提案します。二人でベンチに座ってかき氷を食べながら、これからの二人の生活を想像して和んだ。中島親子のこともあり親子の絆を思い、朝顔もそう望んでいたのです。

朝顔の旅立ち

家に帰り、朝顔が平に4人での実家に住むことを話すと反対する平。

強い口調の平に、朝顔は母と父との思い出がつまった家をでることが寂しいと涙ぐみながら話します。
そして、朝顔は明日婚姻届を出して来ることと、父と母の写真の前で30年間大切に育ててくれてことへの感謝を言葉にします。
これを聞いて平も心決めたようで好きにしていいと部屋に戻るのでした。
年月は流れ、朝顔と桑原のの娘「つぐみ」が産まれ、4歳に。4人の温かな暮らしが始まり、第5話は終わるのでした。

監察医 朝顔 6話あらすじ・ネタバレはこちら

監察医 朝顔 4話あらすじ・ネタバレはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー