監察医 朝顔 6話 姉妹の悲しい嘘 あらすじ ねたばれ

ドラマ「監察医 朝顔」第6話のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)は、夫の真也(風間俊介)、4歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、朝顔の実家・万木家で幸せな日々を送っている。

朝顔の父・平(時任三郎)も、目に入れても痛くないほど孫娘のつぐみを可愛がっていた。

この5年の間に、茶子(山口智子)が主任教授を
務める興雲大学法医学教室にもいくつかの変化があった。

ベテラン法医学者の藤堂(板尾創路)は、著書がベストセラーになったことで世界中
を飛び回るようになった法歯学者の妻・絵美(平岩紙)との夫婦格差を嘆いている。

医学部生だった光子(志田未来)は医師になり、朝顔たち
の影響で法医学の道へと進んでいた。

立場が逆転してしまった検査技師の高橋(中尾明慶)は、そんな光子を「光子先生」と呼ぶように。

また、
アルバイトとして歯科医院の跡取りでもある医学部生の熊田祥太(田川隼嗣)も加わっていた。

絵美が海外出張から戻った日、野毛山署管内の
一軒家で男女の変死事件が起きる。

依頼を受け、朝顔が現場へと向かうと、この家の主人・黒岩雅樹(岡部光祐)が居間で首をつって死んでおり、
妻の多江(片岡礼子)が寝室で死んでいた。

第一発見者は次女の友里(小林星蘭)。長女の美咲(恒松祐里)は、看護学生で寮生活を送っているらしい。


多江の姿に違和感を抱いた朝顔は、彼女の体を触ろうとした。ところがその瞬間、検視官の丸屋大作(杉本哲太)から、「触るな」と制止されてしまい……。

[ネタバレ]

朝顔は、平からたえの状態を先に見て欲しいと言われて確認していると、新しい検視官、丸谷が現れ「検視官より先に解剖医が検視するのは言語同断だ!」と激しい口調で、平たちを叱責した。

 

朝顔はひるんだ。
検視官の検視では、たえの死亡推定時刻は、午後1時から2時の間、死亡窒息死または内因性突然死と推定された。朝顔が爪にチアノーゼが見られると意見すると、「法医の先生の所見は解剖室で行ってください。

今は私が検視しているんです。」とこれまた強い口調だった。

父親のまさきの死亡推定時刻は午後4時、後ろから細いひものようなもので後ろから首を絞められ殺害された可能性があると判断した。

さらに朝顔は亡くなった多江の肋骨が不自然に折れていることを違和感に思う。同じく遺体で見つかった旦那の雅樹は事業に失敗してから荒れた生活をしていたらしい。

毎日怒鳴り声が聞こえてきたり、いろんな人に借金をして恨まれていたという情報もある。

多江はそんな旦那から日常的に暴力を振るわれていた可能性があるが、その場合はこんな折れ方はしない…。
真夏にも関わらず長袖の服を着ている次女・友里。桑原と平は友里が虐待を受けていたのではないかと考える。暴行を受けた痣を残すために長袖を着ているのではないかと…。

夕方に塾が終わりそのまま友達の家に泊りに行っていたはずの友里だったが、それが嘘だったことがわかった。新しい検視官・丸屋は友里に疑いの目を向ける。

そんな中、長女・美咲が自首してきた。美咲は、父は母をDVをしていて父が母を殺した、そこへ出くわした美咲が父を殺したのだと話す。

朝顔は母・多江が化粧気のない顔にリップだけ塗っていたことを違和感に思う。朝顔は現場にて、母親が亡くなった部屋のエアコンの温度が18度に設定され、10時間後に切れるようタイマーが設定されていたことに気がつく。

そして父親が亡くなっていたリビングにはエアコンがついていなかった…。法医学教室に美咲と友里を呼び出す。死亡推定時刻は母親が父親より先だと思われていたが、実際には父親の方が先に亡くなっていた。

父親を殺したのは母親だった。事件当日、塾から帰宅した友里は母親から父親を殺したことを告げられる。友里は急いで姉・美咲を呼びに行くが…家に戻ったら母は自殺をしていた。

看護学生である美咲は、一時間以上も母親を心臓マッサージをする。母の肋骨は折れていたのは、このためだった…。母を殺人犯にしたくないと思った姉妹は、死亡時刻をずらそうと考える。

父を自殺に見せかけ、母の自殺を隠蔽した。母親のいる部屋だけエアコンの温度を低くし、死亡推定時刻をずらしていたのだ。友里は、母親を綺麗な服に着替えさせた。
そして「お母さんを綺麗にしてあげたい」とリップを塗る。看護学生である美咲は、死後にリップを塗ったことで殺人隠蔽がバレる可能性があることを知っていたが、妹の気持ちを尊重した。
最後に母親と対面した姉妹。リップを塗ってあげる2人。「お母さん笑ってるみたいだね…お母さん、ごめんね。私がもっと早く一人前の看護師になってれば…あの家から連れ出してれば…本当にごめんね」
桑原は、母親と姉妹が父親から暴力を受けていた証拠となる診断書を集めて、彼女たちの事情が考慮されるように動いていた。そんな桑原に警視庁捜査一課の内示が出る…!

その頃、朝顔のスマホに、母・里子が被災時に身に着けていたと思われる手袋が見つかったと連絡が入っていた。朝顔の手袋が見つかったという知らせだった。手袋の中に白いものが、骨かもしれないと。

 

以上、ドラマ「監察医 朝顔」第6話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!(^^)!

監察医 朝顔 7話あらすじ・ネタバレはこちら

監察医 朝顔 5話あらすじ・ネタバレはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー