監察医 朝顔 7話 震災後 母の肩身の手袋 あらすじ ねたばれ

 

ドラマ「監察医 朝顔」第7話のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)のもとに、里子(石田ひかり)が被災時に身に着けていたと思われる手袋が見つかったとの連絡が入る。

それは、朝顔が中学生の時に使っていた手袋で、内側には朝顔の名前も記されていた。

朝顔からその知らせを受けた平(時任三郎)は、桑原(風間俊介)に、朝顔とつぐみ(加藤柚凪)を頼む、と言い残して東北へと向かった。

そんな折、朝顔は、ある事件の控訴審に、鑑定証人として出廷することに。

マスコミも「疑惑の女・10億の美魔女」として注目するこの裁判の被告人・白川亜里沙(有森也実)は、3年前に会社社長だった夫が病死し、4億円以上の遺産を手にしていた。

その1年後、亜里沙は資産家の男と再婚するが、わずか3ヵ月でまたもや夫が病死し、今度は6億円もの遺産を手に入れていた。

亜里沙は、ふたり目の夫の死亡について状況証拠から逮捕されたが、一審は無罪だった。そこで検事の石田希子(山本未來)は、東横大学の法医学教室が司法解剖を行ったふたり目の夫について、朝顔に再鑑定を依頼したのだ。

証人控室で待つ朝顔を訪ねてきた丸屋(杉本哲太)は、今回の裁判は警察の威信がかかっているから必ず有罪にしてほしい、と頼む。石田検事の顔に泥を塗るようなことだけはするな、と言うのだ。

それに対して朝顔は、亜里沙を有罪にするためではなく、あくまでも再鑑定の事実を明らかにするために証言台に立つが……。

 

[ネタバレ]

万木朝顔(上野樹里)の元に、震災の日に母・里子(石田ひかり)が身に着けていた手袋が見つかり手袋の中に骨のようなものが入っているとの連絡が入りました。

朝顔は主任教授・夏目茶子(山口智子)に伝えた後、父・平(時任三郎)に電話で報告をしました。朝顔が帰宅するとすぐに平は里子の故郷・仙ノ浦に向かうために出発します。途中で野毛山署に寄り、真也(風間俊介)に「朝顔とつぐみを頼む。」と告げるのでした。

そんな中、朝顔はとある事件の控訴審に鑑定証人として出廷します。この事件は「資産家不審死事件」と呼ばれ、疑惑の美魔女・白川亜里沙(有森也実)が容疑者となっています。

白川は結婚した資産家の男性二人が相次いで亡くなり、10億円もの遺産を手にいれていました。

二人目の夫の死亡について状況証拠から白川は逮捕されたのですが、一審は無罪となりました。 この判決を不服とした検事・石田希子(山本未來)は、東横大学の法医学教室が司法解剖を行った二人目の夫について、朝顔に再解剖を依頼したのでした。

朝顔は法定で、「東横大学の法医学教室の解剖結果では、嘔吐し誤嚥による窒息との判断でしたが、再鑑定の結果、病死では無いという結果に至りました」と証言します。続いて朝顔が「水銀中毒を疑っています」と話し始めると、突然白川がわざとらしく苦しむ演技をし始めて、裁判官の判断で閉廷となりました。

一方その頃、平は仙ノ浦に到着し、手袋を確認しに役所を訪れていました。平が確認すると、それは紛れもなく里子が身に着けていたもので、平は「妻がしていた手袋で間違いありません。」と答えます。

手袋の中に入っていた骨の様なものについては役所の人が警察に提出して鑑定依頼をしてくれており、明日には結果が出るとのことです。 その後、平がいつものように里子を探していると、目の前に里子の父・嶋田浩之(柄本明)が現れました。

すっかり夜になり、平と浩之が片付けを始めると、浩之が「この後どうするんだ」と平に聞きます。平は「ホテルでも探そうと思います」と答えると、浩之は「だったらうちに来い」と告げ、平は里子の実家に泊まることになりました。

翌日、朝顔が裁判所に入ろうとするとたくさんのマスコミに囲まれますが、安岡光子(志田未来)と高橋涼介(中尾明慶)が朝顔を守るのでした。
裁判が始まり、相手側の弁護士に「あなたのような未熟なキャリアの女性が東横大学の名医の鑑定を否定するとなると法医学全体を敵に回しますよ」と言われますが、朝顔は冷静に反論し、各臓器から水銀が検出されたことをデータと共に証言します。

そして「急性ではなく、少量の水銀を飲ませ続けられたことによる、慢性中毒死です。」と話しますが、白川は「なんの証拠もないでしょ」と強気な態勢を崩しません。

するとその時、検視官の丸谷大作(杉本啓太)が入って来て朝顔に「遅くなりました」との言葉と共に資料を渡します。朝顔はその資料を見ながら「亡くなる3ヶ月前から水銀を少量ずつ飲ませられたとの結果が出ました」と証言すると、検事の石田希子は「3ヶ月前というと、ちょうど被告と被害者が結婚した時期と一致しますね」と言います。

これにより負けが確定となった白川は「この小娘!あんたのせいよ!あんたも殺してやる!」と朝顔に向かって喚き始めるのでした。

朝顔が裁判所から出ると、平から電話がかかってきて、「お母さんじゃなかった。違ってた。」と告げられます。手袋の中に入っていたご遺骨は里子のものじゃ無かったのです。

朝顔は「…そう。お父さんは大丈夫?」と聞き、平は「大丈夫。今晩には帰るから。」と告げ、電話を切ります。

朝顔は法医学教室に戻り、チャコ先生に「母ではありませんでした。」と報告します。チャコ先生は「そうですか。でも手袋は里子さんだったんですよね。ならご遺骨はどなたのものなのでしょうか」と不思議がります。

平は浩之に会いに行き、浩之は「もう諦めてた。でもやっぱり里子に会いたい。…次来る時は連絡しろ」と平に言って車で去っていきました。

里子が身に着けていた手袋を持って平は東京へ車を走らせますが、涙が止まりません。そして夜遅くに自宅に帰ってくると、朝顔と真也が出迎えます。

平はご遺骨はミズエさんのだったと話します。ミズエさんは、里子が震災の日に「心配だから様子を見てくる」と言って会いに行った近所のおばあちゃんです。

朝顔は「あの日寒かったから、お母さんはミズエさんに手袋貸してあげたんだね。お父さん、お母さん最後まで優しい人だったね」と涙目で笑い、平も涙をこらえて「そうだな」と頷くのでした。

朝顔と真也が布団に入ると、真也は朝顔を気遣います。そんな真也に朝顔は「ちゃんと言ってなくてごめん。県警に異動になったんでしょう?おめでとう」と微笑みます。 真也は「朝顔よく我慢したね。お父さんの前だったからでしょ。もう我慢しなくていいから。」と優しく声をかけ、朝顔は大粒の涙を流すのでした。

以上、 ドラマ「監察医 朝顔」第7話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!(^^)!

監察医 朝顔 8話あらすじ・ネタバレはこちら

監察医 朝顔 6話あらすじ・ネタバレはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー