監察医 朝顔 9話 知り合いが殺人容疑に?朝顔が法医学として失格な日

 

ドラマ「監察医 朝顔」第9話のあらすじ、ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

興雲大学の法医学教室に解剖の依頼が入った。

指示を受け、準備をする朝顔(上野樹里)や光子(志田未来)たち。

だが、運び込まれた遺体を見た朝顔は目を疑った。

遺体は、朝顔の幼なじみでもある三郎(きづき)の妻、結衣(松長ゆり子)だった。

 

朝顔は、気を落ち着かせて解剖を始めようとするが、手が震えてしまい、メスを
落としてしまう。その姿を見た茶子(山口智子)は、邪魔だから解剖室から出ていくよう朝顔に命じた。結衣は、自宅の階段前で頭を打って死亡していた。

背中から
落ちたようで、仰向けの状態だったという。第一発見者は三郎だった。

解剖の結果、重篤な損傷は、頭蓋骨と頸椎の骨折。2階から落ちたにも関わらず背中の傷が少なく、
上腕にはまったく傷がなかったのは、1歳の次男・陽斗(遠藤千空)を抱いたまま転落したからではないかと考えられた。

検視官の丸屋(杉本哲太)は、誰かに突き落と
された可能性はないか、と茶子に尋ねた。事件性があれば現場を調べる必要があるからだ。すると朝顔は、他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがない、と訴え……。

同じころ、平(時任三郎)と森本(森本慎太郎)は、三郎から事情を聞いていた。三郎は、前夜、団体客が入って忙しかったため、帰宅後すぐに寝てしまったが、朝6時
くらいに大きな物音がして目を覚ましたら階段の下で結衣が倒れており、横で陽斗が泣いていた、と証言するが……。

[ネタバレ]

三郎が朝起きていくと、結衣が自宅の階段の下で亡くなっているのを発見した。

結衣の遺体を解剖しようと懸命な朝顔だが、手が震えてしまい茶子先生に止められた。

茶子先生が結衣の身体の切開を始めた。遺体の損傷は頭蓋骨と頸椎の骨折だった。

階段から落ちたわりには、背中の傷が少なかった。

結衣の腕には1歳の息子が抱かれていたので、息子をかばおうと階段を転げ降りたのか。

そこへ丸屋が「誰かから突き落とされた可能性はないか?」と疑問を投げかけた。

もし、事件性があるのなら詳しい調査をする必要がある。

朝顔は、「他殺の可能性はない。さぶちゃんが結衣さんを殺すなんてありえない」と信じられない様子だった。
そんな朝顔を茶子先生はたしなめ、「当分、解剖は任せられません」ときっぱりと言った。

根岸署では、三郎が呼ばれて平が事情聴取にあたった。

三郎は、結衣が亡くなる前日は店で働いていた。

警察の聞き込みで近所から金属音のような音が聞こえたとの情報があった。

 

また、児童相談所に通報があったことがわかり、夫の虐待の可能性が浮上した。

事実なのか。平は、知り合いということで今回の捜査から外れることになった。

朝顔はしょんぼりとした顔で三郎の店に立ち寄った。三郎は、意気消沈の様子だった。三郎は、「結衣が死んだなんて信じられない」と語った。

そこへ従業員の小野ちゃんが来て保育園で子どもたちが児童相談所へ連れていかれた。

朝顔はつぐみを迎えに行くと、保育士さん身体お遊戯会で眠り姫をやる話があった。無邪気なつぐみの笑顔だった。朝顔は夕飯も作れないほど暗い顔をしていた。そこへ桑原が帰ってきて平の元上司である神崎の話をした。

桑原は、平から結衣の話を聞いた。朝顔は桑原に、今日結衣の解剖を手が震えてできなかったことを話した。そんな朝顔の手を桑原は優しく包んだ。

朝顔が三郎の家に行くと、結衣の両親が子供たちを連れていくところだった。朝顔が三郎に「私ができることがあったら言って」と言うと、「だったら、結衣を生き返らせてくれ。子供たちを連れ返してくれ」と言った。

法医学教室では、結衣が亡くなった原因を探っていた。光子はどうしても三郎が結衣を殺したことを信じられないらしい。もし、自分で階段を踏み外したのであれば、背中に傷がつくはずだが傷はなかった。仰向けに倒れていたことが、階段から突き落とされた可能性を高めていた。

児童相談所への聞き込みで、陽斗がケガをして病院で治療を受けていたことがわかった。また、保育園からは1週間前に結衣がケガをしていたことも証言した。三郎が結衣へDVをしたのか。そこへ三郎が警察に出頭してきた。
朝顔とつぐみ、平が3人でカレーを食べていた。つぐみは、元気がない朝顔を励ますように無邪気なことを言った。朝顔は、結衣が遊びに来た時に、「次は女の子が欲しい」と言っていたことを話した。二人がうまく行っていないなんて信じられないと。法医として何年もやってきたのに
結衣を目の前にして、何もできなかったことを朝顔は悔やんでいた。

平は里子がつなみで失踪した日のことを話し、あの時一緒に食べたおにぎりおいしかったよなと朝顔に語りかけた。今の朝顔にとって身近な人の死は受け入れられなかった。朝顔は、自分ができるだけのことをやってみると父に語った。

法医学教室では、事故か他殺かの検証を引き続き行っていた。そこへ朝顔が出勤し「私に結衣さんの鑑定をさせてください」と頼んだ。茶子先生は「手が震えないですか?」と尋ねると「もし、手が震えたら茶子先生、藤堂先生、皆さん代わってください」と正直に伝えた。

野毛山署でも平が上司に、自分にも捜査をさせて欲しいと頼み込んでいた。そして丸屋も今回の事件は、他殺とは考えられないと実況検分を平に提案していた。一体、真実は何なのか。

 

 

以上、ドラマ「監察医 朝顔」第9話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!(^^)!
監察医 朝顔 10話あらすじ・ネタバレはこちら

監察医 朝顔 8話あらすじ・ネタバレはこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー