下町ロケット シーズン1 第2話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「下町ロケット」第2話のあらすじ・ネタバレまとめました!(^^)!

【下町ロケット 第2話あらすじ・ネタバレ】

佃(阿部寛)は、帝国重工の水原宇宙航空部本部長(木下ほうか)から、次のロケットに佃製作所のバルブは乗せられないかもしれないと言われました。

次のロケットから新型エンジンを乗せることになったということでした。

そして自社でバルブを開発したんだけど
もうまく行かないので新型エンジンに合わせたバルブを開発してもらいたいと頭を下げられました。

そのうらには、次期社長に対するけん制の意味もあって、これからも宇宙開発を続けていきたいと言う藤間社長の願いでもあるということでした。

佃は時間が短すぎると反対しましたが、最後は何とかしてみると答えました。

会社に帰った佃は、山崎(安田顕)たちに相談しました。

すると、ギアゴーストからヤマタニのトラクターのトランスミッションに内定したと連絡が入りました。

ただ、そのころ、ギアゴーストには特許侵害の訴訟が持ち上がっていました。

その影響でギアゴーストに連絡が取れなくなっていました。

佃が、ヤマタニの工場に視察に行くと、ギアゴーストとの取引が中止になりそうだと言われました。

ギアゴーストのT2というトランスミッションがケーマシーナリーの特許を侵害していたと言うことで、15億円の損害請求を受けてるということでした。

銀行からの融資は断わられて、出資者を探していて、先日ヤマタニにやってきたと言うことでした。

ケーマシーナリーはアメリカのトランスミッション会社で、ライバル会社を訴えては和解金を手に入れてる悪徳企業でした。

佃が「15億円をうちから出せないかな」というと、殿村(館川談春)はじめみんなに反対されました。

すると、山崎は裁判に勝てば良いじゃないかといいだして、
神谷弁護士(恵俊彰)のところに佃が行きました。

神谷弁護士はクロスライセンス契約を狙ってはどうかと提案してきました。

クロスライセンス契約とは、逆に特許を侵害してるところを探して、
お互いに相殺することです。

そして、うまく行けばただ同然にギアゴーストを手に入れることが出来るかもしれないと言いました。

それは、まず佃製作所が特許侵害を調べてそれを内緒にした上で15億円を出資して参加に入れた後、クロスライセンス契約を結べば、15億円払わなくても
いいということでした。

会社に帰った佃たちは、神谷弁護士の提案に乗ってケーマシーナリーのトランスミッションを調べ始めました。

ある日、佃がボーリング場にいくと、島津(イモトアヤコ)と会いました。

雨が降ってきたので帰りを島津の車で送ってもらいました。

すると、帰り道エンジンの調子がおかしく
なってスタンドによって2人でエンジンをみました。

島津から、みんなのためにトランスミッションを作りたいと本心を聞きました。

家に帰ると、利菜(土屋太凰)からバルブのほうはどうかと聞かれました。

帝国重工で、かなり締め付けがきついようでした。

佃は利菜に島津の事を聞くと、帝国重工では島津のアイデアは飛びぬけていて、でるくいは打たれる感じになって帝国重工から追い出されたと言うことでした。

最後にいった墓場のような部署で伊丹とであって会社を興したということでした。

翌日、佃はクロスライセンス契約のことをギアゴーストに教えるべきだと山崎たちに熱弁をふるって頭を下げました。

殿村が、「それで言いと思います。それでこそ社長です」というと、みんな佃のことを認めてくれました。

佃は山崎といっしょにギアゴーストにいってクロスライセンス契約のことを話しました。

そして、力にならせてくれとおねがいしました。

すぐにギアゴーストの社員達も佃製作所にはいっていっしょに検査を始めましたが、軽部とは違う指示をしたために、軽部がへそを曲げて出て行ってしまいました。

ロケットのバルブのほうも、順調には行かずに新しい素材探しで煮え詰まっていました。

佃が伊丹と島津を会社に送っていくと、中川弁護士が嫌味をいいにやってきました。

佃が降りていって中川に文句を言いました。

一方、殿村が実家に帰って畑仕事をしてると、同級生がやってきました。

そして、農業法人を作るから田んぼを貸してくれといわれました。

父親に相談すると、貸すことは許さない、田んぼは今年で終わりだといわれました。

翌日、山崎が立花(竹内涼真)をロケットバルブのほうに貸してくれというと、軽部が反対しました。

検証場所に帰った立花は、島津とは違う指示でみつけようとしてると、ギアゴーストの社員達が反発してもめ始めました。

軽部はもう帰ってもらったほうがいいといって、ギアゴースト側
はこれからは自分たちでやると言い出してしまいました。

そのとき島津が両方の方法をミックスさせた方法を提案すると、両方が納得して作業を再開しました。

ロケットのバルブのほうも島津が紹介してくれた会社の素材を試して見ると、うまく行きました。すぐに帝国重工に連絡しました。

ギアゴーストのほうも、最後のひとつで同じ形状のものが出てきましたが、素材が組み合わさっていたため特許侵害にはならないと島津が認めました。ギアゴーストの社員達は佃製作所を後にしました。
佃は山崎や殿村たちを呼びました。

そして、15億円を何とか用意してくれ、出資したいとみんなに言いました。みんなは反対しますが、佃はギアゴーストの人たちや技術にほれたと熱弁しました。

佃と殿村、神谷弁護士はギアゴーストに行って、出資をすると伊丹たちに話しました。期限の午後1時になって伊丹と島津、末永弁護士は中川弁護士のところに行って精査してから支払うと答えました。

 

以上、ドラマ「下町ロケット」第2話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!(^^)!

下町ロケット シーズン1 第3話あらすじこちら

下町ロケット シーズン1 第1話あらすじこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー