下町ロケット シーズン1 第3話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「下町ロケット」第3話のあらすじ・ネタバレまとめました!(^^)!

【下町ロケット 第3話あらすじ・ネタバレ】

佃(阿部寛)は、ギアゴーストの技術を認めて社運をかけて15億円をギアゴーストに出資しました。

それは、佃のもうひとつの夢、「トランスミッションメーカーになる」と言うためのものでした。

そんななか、天才エンジニアの島津(イモトアヤコ)の助けを借りて、ロケットの新型バルブの開発に成功しました。

新型バルブは最終テストにも合格しました。

佃は殿村と神谷弁護士(恵俊彰)といっしょにギアゴーストに行って買収意向書を手渡しました。

お互いに社員のなかに不満が出ないように秘密にしましょうと言うことになりました

。ところが、伊丹(尾上菊乃助)がそれを見てると、女子社員に見られてしまいました。

それを聞いた柏田(馬場徹)は怒りをあらわにしました。

また、中川弁護士(池畑慎之介)も、佃製作所が買収の話を持ちかけてると情報をつかみました。

中川弁護士は痛い目を見させてやるとケーマシナリーの担当者にはなしました。

数日後、佃は帝国重工に呼ばれました。

水原本部長(木下ほうか)から調査結果を手渡されました。

ギアゴーストを買収してるという情報が入って、次期社長候補の的場(神田正輝)が調査を命じたんです。

水原は、的場もリスク管理部門も、この買収に強い懸念を抱いていて信用調査を受け入れてくれと言われました。

すぐに佃の社内で準備が始まりました。

帝国重工で働いてる利菜(土屋太凰)のところにもリスク管理部の人間がやってきて嫌味を言われました。

伊丹は佃のところにやってきて、自分と島津のせいでかなり厳しい調査になるだろうと謝りました。

実は、帝国重工にいたときの直属の上司が的場で、的場の取引先に対する非常なやり方に疑問を抱いて改革案を出したおかげで左遷されてしまったんです。

そこで島津とであったのですが、そのおかげで目をつけられてると言いました。佃は、相手がどうやってこようと、考えに考えたことだから文句は言わせないといいました。

家に帰ると、利菜からも大丈夫かと聞かれました。

翌日、資料がすっかり整った殿村は実家に帰って行きました。

殿村の田植えの日、佃は山崎や立花、伊丹、島津たちをつれて田植えにいきました。

ところが、田んぼの真ん中で田植え機が止まってしまいました。

仕方なくみんなはだしになって田植え機の調子をみにいきました。

そして、みんなで田んぼから引き上げました。

そして、修理班と、手植え班に分かれて作業を開始しました。

しばらくして島津が田植え機を直すことができました。

そのあと、機械でたうえもしましたが、みんなで手植えで田植えをしました。

信用調査の日。殿村が朝出かけよう党すると、父親が布団の中で苦しんでいました。

救急車で運ばれた父親は予定していた手術を急遽することになりました。

殿村なしでやることになりましたが、目を覚ました父親は、「おまえはこの場所にいるべきじゃない」と言いました。

佃製作所では、帝国重工から審査部信用管理室の安本(古坂大魔王)がやってきて調査を開始しました。

対応は、経理部長代理の迫田がすることになりました。

途中まではうまくいってましたが、安本が指示された覚えのない書類を見せろと言いがかりをつけてきました。安本は部長クラスを呼んで濃いといいました。

その中の一人が殿村に連絡しました。

殿村は、父親に説得されて、佃製作所に向かっていました。

安本は、ギアゴーストについて文句を言い始めました。

そして、佃との取引の見直しをする、バルブの供給リスクアリで報告するといって出て行こうとすると、殿村が部屋に入ってきました。

今からじゃ遅いと安村がいうと、足りなかった資料を目の前に出しました。

あらかじめ想定して殿村が作っておいたんです。

そして佃は、ロケットのバルブを提供できなくなるとロケットが飛ばないと言います。

山崎も、帝国重工が作れなかったバルブを佃とギアゴーストが作ったんだと言いました。そして、佃は、うちとギアゴーストを信用してくれと頭を下げました。

安村が帰ってしばらくすると、問題なしだと連絡が入りました。

すぐにギアゴーストにも連絡をしました。
数日後、神谷弁護士から佃に連絡が入りました。

神田に弁護士は、佃たちをギアゴーストに呼んで、伊丹と佃の目の前に設計図を置いて、この情報が外部に漏れている、内部にスパイがいると話しました。

 

以上、ドラマ「下町ロケット」第3話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!(^^)!

下町ロケット シーズン1 第4話あらすじこちら

下町ロケット シーズン1 第2話あらすじこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー