下町ロケット シーズン1 第7話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「下町ロケット」第7話のあらすじ・ネタバレまとめました!(^^)!

【下町ロケット 第7話あらすじ・ネタバレ】

的場(神田正輝)から佃製作所を切れといわれた財前(吉川晃司)は佃製作所に行きました。

佃(阿部寛)らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をしますが、財前はエンジンとトランスミッションを内製化することになったと謝りました。

山崎(安田顕)たちは財前を責めますが、佃は的場との板ばさみになってると理解を示しました。

すると、野木先生が帝国重工とは仕事をできないといってるので、何とか説得してくれないかと佃におねがいしました。佃も、ふざけないでくれ、今日のところは帰ってくれといいました。

帝国重工にいる利菜(土屋太凰)のところにも、秘密保持契約を結んでくれと言う話が来ました。

帝国重工でも独自のバルブシステムを作るのでそれに加わってくれと言うことでした。

家に帰ると、トランスミッションとエンジンは佃製作所ははずされたと聞いて利菜はびっくりしてしまい、もう家では仕事の話はしないと宣言しました。

一方、殿村のところでも、まわりの友人達から嫌がらせを受けていました。殿村は財前から手紙が来たことと、嫌がらせを受けてることを佃に電話で話しました。

そして、人間同士のくだらない争いなんかに負けてられない、おいしいお米を待ってる人のためにがんばるといって電話を切りました。

佃は、自分にできることをやろうと思ってると山崎に話して、日本の農業のために野木を説得すると言いました。翌日、ヤマタニと並ぶ大企業のキジマ工業からエンジンとトランスミッションの注文を江原が取ってきました。

帝国重工では、新規事業のプロジェクト名がアルファ1に決まりました。的場は、奥沢に命じて野木に代わる人を探させました。奥沢は、キーシンの戸川(甲本雅裕)と会って打診しましたが断わられました。戸川はダイダロスの重田(古館伊知郎)、ギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)にあってそのことを報告しました。その席で、重田はキジマ工業にいい話があると伊丹に話しました。

翌日、佃たちがキジマ興行に呼ばれて、発注をやめることを告げられました。代わりに発注を受けたのはダイダロスとギアゴーストでした。決め手はギアゴーストのトランスミッションのスペックが比べ物にならないくらいによかったということでした。

佃製作所に帰ってくると、トランスミッションをどうするか会議が開かれました。その席で佃は、あることを提案しました。

佃は、北海道の野木に会いに行きました。そして、的場を納得させるだけのエンジンとトランスミッションがなかっただけだと言って、夢を壊してしまいすまないと謝りました。

そして、野木の研究は世界に必要な技術だから、一刻も早く世に出さないといけない、財前は最も信用できる人だからいっしょに新規プロジェクトを進めてくれないかとお願いしました。

そして、このままでは終わらないから、ひとつだけ手を貸してくれといいました。会社に帰った佃は、今回負けたのは実力だからだと言いました。そしてトランスミッションの開発を続けるけども、将来を見据えて無人農業ロボットの開発をしてくとみんなに発表しました。目指すのはギアゴーストをはるかに超えた別次元のトランスミッションだと言いました。

佃は野木が手伝ってくれることを財前に話しに行きました。そして、どんな形でさえプロジェクトを続けてくれと言いました。そのことを的場たちに報告すると、これで財前の仕事は終わった、静かにしておいてくれと現場をはずされました。代わりに窓口になったのは奥沢でした。

奥沢はが木のところにやってきて、極秘の開発コードを預からせてくれと言ってきたからもう帝国重工とはできないと佃にはなしました。佃たちは、もっと未来を見据えて作っていかなくてはいけないというと、やっと野木は笑顔になりました。

しばらくして、実験用トラクターの試作品を野木のところに届けました。あのあとも奥沢から子会社をつくらないかとか、いろいろなちょっかいを出されてると野木はこぼしました。そこに奥沢がやってきました。野木は佃に手伝ってもらってると説明しましたが、奥沢は余計なことをしないでくれ、下請けは元請けのいうことを聞いてろと文句を言いました。

奥沢が別室に行って話を使用と野木にいうと、野木はここで言いと言いました。そして、ほしがっていた開発コードをくれてやると言い出しました。奥沢が喜んでると、帝国重工だけでなく世界中に教えてやるといいました。そして、佃のことを下請けだと散々ばかにしていたけども、自分も下請けだから、その下請けなしで完全内製化でもなんでもして自分たちで作り上げろとほえました。
さらに、これからは財前としか話をしないと言い切りました。そのことを奥沢から聞いた財前は、「また、佃さんに借りができたな」とつぶやきました。

帝国重工の無人トラクターアルファ1が発表されました。その頃、佃の所にダイダロスの重田がやってきて、「敵討ちをしてあげますからね」とささやきました。

翌日の新聞には、アルファ1の記事がすこししか乗っていませんでした。ちょうどそのとき、TVで無人トラクターが特集されていました。でていたのは、重田でした。

無人トラクターの名前はダーウィンでした。下町の中小企業が集まって未来の農業のために作ったと笑顔で話していました。

 

以上、ドラマ「下町ロケット」第7話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

下町ロケット シーズン1 第8話あらすじこちら

下町ロケット シーズン1 第6話あらすじこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です