特捜9 シーズン1 最終話 あらすじ 結果どうなる?ねたばれ

 

ドラマ「特捜9 シーズン1」第10話のあらすじ・ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

高森徹也法務大臣(中原丈雄)が殺害されたという一報が入り

直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は現場に急行する。

ところが、刺殺されていたのは高森の妻・静江(藤井かほり)で、一同は混乱。

しかも、そこへ組織犯罪対策部第三課=“組対”が荒々しく乗り込んできた。

1年前の合同捜査で9係を解散に追い込んだ組対の安達芳男課長(山下徹大)は、早くも凶器と思われるナイフを発見。

組織犯罪撲滅を推進する高森大臣を恨む暴力団関係者が、高森と間違えて静江を殺害したと結論づける。

たしかに、静江は夫とお揃いのジャケットと帽子を身に着けており、高森もまた「妻は自分の身代わりで殺された」と涙ながらに世間に訴えていた。

しかし、監察医・真澄(原沙知絵)の解剖と鑑識・佐久間(宮近海斗)の鑑定から、犯人の偽装が発覚。犯人は静江を刺し殺した後、ジャケットと帽子を遺体に着せていたことがわかったのだ。

つまり高森と間違えて殺害したように見せかけ、最初から静江を狙っていたことになる。

そんな折、直樹と宗方(寺尾聰)は神田川警視総監(里見浩太朗)から呼び出される。神田川は直樹の前で、宗方が5年前に警察を辞めるまでどんな任務に就いていたのかを明かす。これまで一切語られることのなかった、宗方の衝撃の過去とは…!?

その上で、宗方は今回の事件の真相に迫るには、自分が警察を辞めることになった5年前の事件、そして9係が解散させられた1年前の事件を調べ直す必要があると直樹に告げる。
宗方によると、2つの事件は共に高森が関わっているというのだが、いったい5年前、宗方に何があったのか…!? そして9係の解散と高森の関係とは…!?

 

[ネタバレ]

法務大臣の高森徹也(中原丈雄)が殺されたという一報が入り、現場に急行した直樹(井ノ原快彦)ら特捜班。

ところが、殺されていたのは高森の妻・静江(藤井かほり)だった。

そこへ乗り込んで来たのは、組織犯罪対策部大三課=組対だった。組対の安達芳男(山下徹大)は、1年前の合同捜査で9係を解散に追い込んだ人物。凶器を発見した安達は組織犯罪撲滅を目指す高森大臣に反発する暴力団関係者が高森と間違えて静江を殺したと決め付ける。静江は、たしかに高森と同じジャケットと帽子を着用しており、高森も「妻は自分の身代わりになった」と涙ながらに世間に訴えていた。

しかし、監察医・真澄(原沙知絵)の解剖や鑑識・佐久間(宮近海斗)の鑑定から、犯人が偽装工作をしていることがわかる。

そんな中、直樹と班長・宗方(寺尾聰)は、神田川警視総監(里見浩太朗)に呼び出される。神田川は直樹に宗方の警察を辞める前の任務を話す。

宗方は、辞めるまで、当時主席監察官だった高森の下で警察庁官房人事課監察官補をしていたのだった。そして辞めることになった原因は、5年前のある事件に関わりがあった。

宗方は、今回の事件と5年前の事件、そして9係解散の原因となった1年前の事件はすべて繋がっていると考えていた。

5年前の事件は、キャバクラ嬢・山根秋乃が覚せい剤の大量摂取で死亡。

辰丸会の準構成員が出頭し、秋乃が自分でやったと証言した。

それに不審を抱いた刑事・桜庭忠司(吉田悟郎)が、独自捜査で覚せい剤の袋に付いた指紋と一致した男を逮捕したが、男にはアリバイがあり、証拠の捏造で訴えられた。

高森は宗方に内部捜査を命じ、宗方は黒と判断。

桜庭は謹慎中に奥さんを道連れに自殺した。

その時、残されたのが今、宗方が男手ひとつで育てている琴美だ。

宗方は警察を辞め、琴美のために生きることを決めたのだった。

1年前の事件は、雑居ビルのトイレで、ドラッグの過剰摂取によって男が死亡した事件。

その事件で、9係は組対と合同捜査を行った。

組対の刑事・並河康弘(横山一敏)と組んだのは青柳と矢沢。

並河は、現場近くの防犯カメラに事件のあった時間に映る男を逮捕する。

しかし、その防犯カメラ映像も手が加えられており、並河が謹慎処分になった上、ビルの上から飛び降り自殺してしまった。

そして、その雑居ビルで死亡した男こそ、5年前に証拠捏造を訴えた小出智之(崔哲浩)だった。

真相に近づいた者が、濡れ衣を着せられ、生贄として葬られているようだ。

桜庭も小出も高森が殺し、9係を解散に追い込んだのではないか?宗方はメンバーに言った。

「君たちとなら戦える」。しかし、今回の事件。静江が何で殺されたのか?高森と辰丸会の関係はどうからんでいるのか?

志保と村瀬は高森夫妻を調べ、青柳と矢沢は事件当夜の静江の足取り、そして直樹と新藤は凶器の出所を調べる。

新藤が、凶器を買った男を突き止め、単独でその男のアパートへ向かう。報告を受けた直樹は「罠かもしれない」と忠告するが、新藤はその男を逮捕する。

案の定、男にはアリバイがあり、凶器も未使用で発見されたと、組対の安達に搾られ、責任を問われる。直樹は新藤をかばい、「責任は自分が取る。ただし、事件が解決したら」と言う。

一方、高森は「特捜を解散せよ」と刑事部長・柴崎直道(清水章吾)に圧力をかけていた。
失敗にショックを受ける新藤をよそに、メンバーは今度は新藤が生贄にされそうになっていると、5年前、1年前の時と同じと確信する。今回、高森が葬ろうとしている真実はいったい…?

青柳と矢沢が、静江が殺害される直前にホテルで男と密会していた事実をつかむ。

そしてその人物は、静江のSNSにアップされていた写真の場所を聞きこんだ志保と村瀬によっても浮上していた。

その男とは、党幹事長・川勝雄太郎(大門正明)の息子で秘書の川勝雄志だった。

父親の川勝雄太郎も、その昵懇の高森も二人の仲を知っていたものと思われる。

直樹らの調べで、1年前の被害者・小出と雄志は古い仲間だったこと、その小出は無職なのに金回りがよかったこともわかる。

志保と村瀬は、高森の以前の愛人から、高森が妻を憎んでいたことを突き止める。

とすると、雄志が5年前に秋乃を殺し、それを高森に頼んでもみ消してもらったが、雄志の犯行を知っていた小出から金をせびられ、小出も殺し、再びもみ消してもらった川勝親子は、高森に逆らえず、静江を殺したということになる。

高森は、自分の夢である監視統制する国家にするため、総理になろうとしていた。妻が死に、時効になれば、妻に先立たれた同情票が集まる。

そうすればそれも可能になるのだ。そして、犯人を逮捕出来ない警察の無力さを嘆いて強化を唱え、世論を動かすことが出来る。しかし、証拠はなかった。

その時、刑事部長・清水が特捜の解散を言い渡しに現れ、明日の10時には出て行くようにと言い残していく。

その頃、川勝は、息子にしばらく身を隠せとあるアパートの鍵を渡す。

自分の身も危ないのかと雄志。雄志がアパートへ向かう途中、誰かに尾行される。なんとかアパートへ入り身を潜める雄志に外から声が聞こえる。「早いとこやんねえと、こっちが高森に始末される」そしてドアのポストに雄志が殺した三人の写真を入れていった。怯える雄志。

静江の殺された現場で花を手向ける高森。マスコミが集まり、カメラも多数回っている。そこへ現れる雄志。包丁を取り出し、高森に襲い掛かる。

取り押さえる特捜メンバー。あえてなぜやろうとしたか聞く。

「あいつが俺に女房を殺させたんだ」と叫ぶ雄志。

5年前の事件も1年前の事件もおまえがやったのか?と聞く直樹。「そうだ」と雄志。これでマスコミの前ですべてが曝け出された。

それぞれ取調べを受ける高森と安達。2つの捏造は安達の仕業だった。

安達や川勝は、すべてを自供したが、高森は「大義には犠牲がつきもの」とふてぶてしく言う。「あなたの身勝手な大義のために犠牲になっていい命なんてない!」と直樹。それでも「わかったようなこと言うな!国家のためだ!」と高森。宗方が怒りだす。

「許せない。桜庭を殺したおまえが…おまえも俺も許されないんだ」後ろから押える直樹。

直樹の家に御呼ばれにくる宗方と琴美。

琴美が直樹に花束を贈る。そして、宗方に絵を贈る。

琴美が描いた宗方の似顔絵の横には、「おとうさん、ありがとう」と書かれている。

「父の日だから」と琴美。嬉しそうに涙目になる宗方。

係長にも贈らなきゃと言う直樹に、「もう贈っわよ。オンシジウム」と倫子(中越典子)。

警視総監室では、神田川が「加納くん、りっぱになったよ、君の部下達は」と嬉しそうに言うのであった。

以上、ドラマ「特捜9 シーズン1」第10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

特捜9 シーズン1 第9話 あらすじ ネタバレは?
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー