特捜9 シーズン1 第6話 あらすじ ネタバレ 殴られ跡型でわかる犯人像

 

ドラマ「特捜9 シーズン1」第6話のあらすじ・ネタバレを紹介します!(^^)!

[あらすじ]

敏腕映画プロデューサー・近藤瑠未(遊井亮子)の刺殺体が発見された。

右頬には殴られた痕があり、見慣れない一輪の赤い花をくわえていた。

臨場した直樹(井ノ原快彦)ら特捜班の面々は、猟奇的にも思える遺体の様子に驚く…。

瑠未はやり手として知られており、3年前に手掛けた作品『南太平洋の誓い』が大ヒット。

最近では、その続編の制作を進めていたという。

瑠未の周辺で何かトラブルはなかったかを調べる特捜班だったが、前作の撮影中、監督・国井康夫(バッファロー吾郎A)をクビにしていた事が判明。

直樹と新藤(山田裕貴)が国井を聴取するが、国井はアリバイを主張する。

まもなく鑑識・佐久間(宮近海斗)の調べで、赤い花は“グズマニア”という中南米産の観葉植物と判明。

瑠未から続編で降板させられた女優・金子あゆみ(里久鳴祐果)を訪ねた青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、あゆみのタブレットの待受画像がグズマニアであることに気づき、彼女の周辺を洗いはじめる。

そんな中、実は3年前、『南太平洋の誓い』の主演俳優が交代していた事実が浮上。

当初は宇田川順一(瀬川亮)の予定だったが、撮影中の事故で両足が不自由になったため、弟の宇田川徹(三浦孝太)に代わったのだ。

兄の順一は俳優業を引退して靴デザイナーに転身、現在は靴職人の佐竹恭子(李千鶴)と組んで小さな靴店を営んでいた。

引退してから瑠未とは会っていないと話すが、店の前の防犯カメラを調べると瑠未の姿が映っており、順一の嘘が明らかに…。

その映像を見た宗方(寺尾聰)は、順一の行動に不審な点があると指摘するが…!?

さらに監察医・真澄(原沙知絵)の鑑定の結果、瑠未の頬を殴った人物の手に指輪があったことがわかった。瑠未の周囲で指輪をつけていた人物とは…!?

[ネタバレ]

猟奇的な刺殺体が発見された。右の頬に殴られた痕、口には見慣れない赤い花を咥えていた。臨場する直樹(井ノ原快彦)ら特捜班。身元は敏腕映画プロデューサーの近藤瑠未(遊井亮子)。瑠未はやり手のプロデューサーで、3年前に大ヒットした映画『南太平洋の誓い』の続編の制作を進めていたらしい。被害者周辺のトラブルを調べると、前作の撮影中、監督の国井康夫(バッファロー吾郎A)をクビにしていたことが判明。直樹と新藤(山田裕貴)が聴取するが、国井はアリバイを主張する。
鑑識の佐久間(宮近海斗)の調べで被害者が咥えていた赤い花は中南米産の観葉植物「グズマニア」と判明する。一方、瑠未から続編で降板させられた女優の金子あゆみ(里久鳴祐果)を訪ねた青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、あゆみのタブレットの待ち受け画面がグズマニアだと気づき、あゆみの周辺を調べ始める。

そんな中、3年前の映画の主演俳優が交代していたことがわかる。当初は宇田川順一(瀬川亮)の予定だったが、宇田川が撮影中の事故で両足が不自由になったため、弟の宇田川徹(三浦孝太)に代わっていた。その後、順一は俳優を引退し靴デザイナーに転身、靴職人の佐竹恭子(李千鶴)と組んで小さな靴店を営んでいた。引退後は瑠未と会っていないと話す順一だったが、店の前の防犯カメラを調べると瑠未の姿が映っていた。その防犯カメラ映像を見た班長・宗方(寺尾聰)は、
順一の行動に不審な点があると指摘。店を閉め、順一がひとりになったのが夜9時。そこで店の電気が消えたのだが、順一が店から出てきたのは11時だった。

さらに鑑識医の真澄(原沙知絵)は、被害者の頬を殴った人物は指輪をしていたと鑑定する。

志保が順一の弟・徹に話を聞きに行った時、飾られていた写真の中の徹が指輪をしていたことを思い出し、鑑定の結果被害者のDNAと一致する。さらに徹には今回の映画の降板の噂もあった。

一方、順一の3年前の事故は届けが出ておらず、その場に徹もいたことが判明、そしてグズマニアは今回の映画の小道具として撮影所にあったこと、そのうちの1本を瑠未が持っていったことなどが調べでわかる。

徹の家を家宅捜索すると、今回の映画の決定稿が発見される。事情聴取で徹は事故の際にいっしょにいたこと、自分の役をプロデューサーに貰えるよう頼んだが、自分の力でがんばるように言われ、もみ合っていっしょに斜面を転がり落ちたことを話す。そして、今回の映画の役の降板を聞かされ納得がいかず、瑠未に説明を求めた所、瑠未は他にオファーしたい人がいると言われ、誰か気になって後をつけたところ、順一の靴店に入るのを目撃した。
順一の空白の2時間について、徹から瑠未と会っていたことを聞いたと問い詰める直樹たち。

その時突然、順一が突然車椅子から立ち上がる。

実は足はすでに治っていたが、それをたまたま訪れた瑠未に見られ、繰り返しカムバックを懇願されたのだった。

が、順一は弟のために断った。

空白の2時間は裏口から瑠未に会いに出ていた時間だった。

状況から完全に犯人にされそうになった時、恭子が自白する。「私がやりました」

恭子は、順一が瑠未に会いに行くのをつけ、順一と徹が去ったあとに犯行に及んだのだった。

それは今の順一との生活を守りたい一心からの犯行だった。

 

以上、ドラマ「特捜9 シーズン1」第6話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

特捜9 シーズン1 第7話 あらすじ ネタバレは?
こちら

特捜9 シーズン1 第5話 あらすじ ネタバレは?
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー