朝ドラ エール 10話 あらすじ ネタバレ 関内音 父に見せたかったかぐや姫

ドラマ「エール」第10話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

先行きが不透明な馬具店と取引しようとする業者はほとんどなく、関内家は事業継続のピンチを迎える。

それでも明るくふるまう光子(薬師丸ひろ子)だったが、
心配した三姉妹は知恵をだしあって、あるものを見つけ出す。

一方、学校では音(清水香帆)の学芸会が近づいていた。

明るく練習する音とは対照的に、
かぐや姫を演じる良子(田中里念)はなぜかうかない顔。

良子は学芸会当日、思いもよらぬことを言うのだが…。

[ネタバレ]

音(清水香帆)の学校に安隆(光石研)が出張先で事故に会い亡くなったとの知らせが届きます。

安隆の突然の死に実感がわかない音。

しかし、光子(薬師丸ひろ子)たちと安隆と毎週のように言っていた銭湯・団子屋に行くと、父との思い出が蘇り涙が止まりません。

一方で光子は取引先から契約を切られてしまい悩んでいました。そして関内馬具店の職人たちもみんな去ってしまいます。

光子は、陸軍以外の得意先を回ってみるのですが、好景気の波は既に去っており、主が亡くなった馬具店と取り引きを続けてくれる業者は見つからなかった。

馬具職人の岩城(吉原光夫)も去ってしまい、音も驚愕する。

そして関内家の先祖代々の墓の前で手を合わせている岩城。そんな岩城を見て音は

「お父さんの世話になったんじゃないんですか!?いなくなったら犬みたいに逃げるんですか!?」と言う。

すると岩城は音を見据えて「職人は仕事がなけりゃ食ってかれん。お嬢さん、世間は甘くねぇ。覚えときん。」と言い、その場を去ると、音は怒りながら

「負け犬!!」と叫びます。

そんなこんなあって帰宅する音。

三姉妹でこの先の事を話、何とかこの危機を乗り切って、職人たちを見返してやろう!と誓います。

そして「職人たちが全員辞めたのは、陸軍との契約が打ち切られたせいだ!」と考え、吟は安隆が軍と交わした契約書を捜そうと提案する。

三人で作業場を捜してみると、大量の書類が出てきた。

吟と音がめぼしいものを集め、文章を読むのが得意な梅が中身を確認していく。

そうしてるうちに光子がやってきて、契約書の事を話す三姉妹。

光子も「そうか…」と気が付き、三姉妹が寝たあとも捜し続け、ようやく「馬具取引に関する契約書」を見つけ出します。

そして翌日、光子が契約書を持って打越(平田満)と会い、

「一年以内の契約破棄は瑕疵にあたり、違約金が発生する」という文言を指摘し、

「請求すれば、陸軍はかなりの違約金をあたしに払わなければなりません。」

「そうなっては仲介している打越さんと陸軍との関係も悪くなるのではないですか?」

「これまでどおり契約を続けた方がお互いよろしいかと…」と続けた。

これを聞いて打越は「あんたんとこは職人がおらんだろ。納期は守れるだか!」と言ってくる。

「守れます。今後ともどうかごひいきに。…女、子どもですけど」と光子は言い、にっこりと笑う。

契約を続けることになり、安隆に報告する光子と音。

そして関内家の作業場には、岩城も戻ってきて、もくもくと仕事をつづけた。

もちろん、音は岩城に対して「何やってんのよ!最低!」とお転婆に言いのける。

そんな音は、学芸会の練習の時に、深くため息をつく良子に「どうしたの?もうすぐ晴れ舞台じゃん」と尋ねると

「あたしのお母さん…あたしがかぐや姫になったもんだで、張り切っちゃってね…親戚中を呼んどるの。それってね、めぼしい嫁ぎ先へのお披露目なんだわ」と話す。

良子はかぐや姫を演じる事に対して「見せ物になるのは嫌」と言い切る。

そして「あたしが帝やるから、音ちゃん、かぐや姫やってくれん?」と提案してくる。

その提案を音はもちろん承諾し、学芸会本番でかぐや姫を演じる。最後のシーンになり、かぐや姫は帝のために別れの歌を捧げるシーン。音は美しい歌声で「朧月夜」を歌い始めます。
その歌を歌いながら父を思いだし、涙を流しながらも歌い上げる音。

学芸会が終わると音たち家族はみんなで海へ向かいます。

「お父さん、見ていてくれたかな?」「当たり前じゃない!いつでもどこでも、お父さんは見ていてくれてるわ。」「あなたー!!これから四人で力を合わせて生きて行きます!」
四人で「お父さーん!!!」と叫ぶのでした。翌日、音が学校へ向かおうとすると岩城(吉原光夫)が仕事場に戻って来ていました。「何やってるの!?」

「仕事があるって聞いて戻ってきた。それだけだ…。」「あんたね!!」そこへ光子がやってきて音を止めて学校へ行かせます。「最低!!」と岩城に叫びながらも、岩城が戻ってきたことに安心する音。

 

それから3年。
裕一(窪田正孝)はというと…。
音楽に夢中になり商業学校を留年してしまっていたのでした。

 

以上、ドラマ「エール」第10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

朝ドラ エール 11話 あらすじ ネタバレ 小山裕一の父に怪しい商売の魔の手が・・・
こちら

朝ドラ エール 9話 あらすじ ネタバレ 関内家のピンチ
こちら

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 主役の子役は誰?こちら

朝ドラ エール 関内音の両親は?こちら

朝ドラ エール 関内音の姉妹は誰?こちら

朝ドラエール こやまゆういち せきうちおとの幼少期を演じるのはこの2人こちら

朝ドラ『エール』のヒロイン関内音の姉妹 せきうちぎんとせきうちうめを演じるのは誰?また子役は?こちら

朝ドラ エール 音の将来をきめたオペラ歌手(ふたうらたまき)は誰?歌の先生の御手洗清太郎(みたらいきよたろう)は?こちら

朝ドラ エール 関内家の父の取引先の打越金助と岩城新平のモデルは誰?
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー