未満警察 ミッドナイトランナー 韓国版 あらすじ ねたばれ

 

ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

感情先行型の行動派ギジュン(パク・ソジュン)と理論重視の頭脳派・ヒヨル(カン・ハヌル)は、
警察大学で勉強し始めて2年になる警察官の卵。ある夜、親友の2人は外出先で拉致事件を目撃。
学校で学んだとおりに警察に通報する2人。
しかし、出がかりと証拠が不足しており、捜査は難航。ギジュンとヒヨルは独自に捜査を開始し…?!

[ネタバレ]

警察学校へ入学するため、2週間の訓練が始まったヒヨルとギジュン。

家族と別れを告げ、2人は訓練に相応しい短髪となる。そして寮へと入所。

警察学校入学に向けて厳しい訓練が始まる。ヒヨルの性格は、潔癖症で警戒心が強い。一方、ギジュンは好奇心旺盛で、思ったことはすぐに口にする。
まさに正反対の2人であった。時間までに戻らなければいけない訓練中でのこと。ヒヨルは、足首をひねって歩けなくなってしまった。
そこに通りかかったギジュン。ヒヨル「助けてくれ!」ギジュン「悪いけど先に行くよ」ヒヨル「ソーセージを上げただろ」ギジュン「残してたから食べただけだろ!」
2人のケンカが始まる。ヒヨル「牛肉を食べさせてやるから!うちは焼き肉屋なんだ!」ギジュン「…乗れ!」ギジュンはヒヨルを背負い、助けてあげることにした。
結局、2人だけ時間内に戻れなかった。られること想定していた2人は恐る恐る訓練官の元へ。事情を訓練官に話す。
その話を聞いた訓練官は、2人を叱るのではなく、他の訓練生を叱った。訓練官「警察は市民を助けるのが任務だ!歩けない人を無視して戻ってくるなど、警察官として失格だ!」
2人は、られることはなかった。このことがきっかけで2人は親友となった。2人は無事、警察学校へ入学することとなった。厳しい訓練や勉強は続く。
クリスマスが近くなってきたある日。彼女のいないヒヨルとギジュン。同僚には彼女がいることを知り、羨ましい2人は、出会った場所を同僚から聞き出す。
2人は同僚から聞き出したクラブへ行きナンパしにいくことにした。シャワーを浴び、同僚に服を借り、香水の代わりにファブリーズを浴びる。
ヒヨルとギジュンは久しぶりオシャレをして出かけた。初めてみるクラブの光景。「あーやって踊るのか!」「スリスリしてる!」
と2人は綺麗な女性を見てワクワクが止まらない。ナンパをしてみる2人。しかし、女性は誰一人なびいてくれなかった。ナンパ失敗に終わった2人。
ゲームセンターに行き、遊ぶことにした2人。歩いて向かっていると、2人の前にキレイな女性が通りかかった。“最後のチャンスだ!”と意気込んだ2人。
女性の背中を追いかけナンパしようと試みる。そんなとき、2人の目の前で、その女性が黒いワゴン車に乗せられて連れてかれてしまう瞬間を目撃!
2人は慌てふためき、車を追いかける。しかし、走りでは車に到底追いつけるはずもない。逃げられてしまったため、警察に電話するギジュン。
車のナンバーを警察に伝えるヒヨル。しかし、なぜかすぐに動いてくれない警察。取り急ぎ、近くの警察に駆け込んだ。しかし、そこでもたらい回しにされ、動いてくれない警察。
警察学校で勉強したことがよぎる。“誘拐は7時間が命の境目”どうしようもなくなった2人。2人で捜査しようと決意した。一旦現場へと戻った2人。
車で待ち伏せしていたことから、計画的犯行だと言うヒヨル。女性が落としていった荷物を見つけた。そこには4人分のトッポギがある。
トッポギは固くなるので、遠くでは買わないと推測したヒヨル。近くのトッポギ店を周り購入先を探すことにした。
しかし、女性が購入したと思われるトッポギのお店はなかなか見つからない。諦めかけているヒヨル。しかしギジュンは違った。
ギジュンの思う【捜査の3要素】は“情熱、執念、本気”。一方ヒヨルの【捜査の3要素】は“被害者、証拠、現場中心捜査”。全く正反対の2人による捜査は本格化した。
捜査の執念により、女性が購入したトッポギ店を見つけることに成功。そこのオーナーは、『職場なら知っている』と有力情報を得た。
そこは、禁断のお店『耳かき店』。もしこの店に入ったら警察学校をクビになってしまう。しかし入らない訳にはいかない。
じゃんけんで負けたヒヨルが、『耳かき店』に入ることに。一方、ギジュンは1人、外で待っている。ギジュンはふと隣のコンビニを見ると、美味しそうにラーメンを食べている客がいた。
我慢できなかったギジュンは、ヒヨルを置いてコンビニへと入っていきラーメンを食べながら待機した。そんなとき、『耳かき店』に警察がやってきた。
違法店舗の取締と気づいたギジュン。今、警察が中に入ってしまったらヒヨルは捕まってしまう。慌てたギジュンは、「ポリ公!」(警察をバカにした呼び方)と叫び、自分を追っかけさせた。
一方、ヒヨルは、我を忘れ、『耳かき店』を楽しんでしまっていた。自分の頬をたたき、ようやくさらわれた女性について知っているか、お店の女性に聞いた。
すると女性は「ユンジョンだわ!」と言った。女性の名前がユンジョンという名前だと判明。ユンジョンの詳細を聞くと、なんと高校3年生。
未成年だったのだ。さらに、ユンジョンは家出をしているため、自宅の住所は分からない。しかし、“家出”をした人たちと一緒に住んでいるとのこと。
そこの住所を訪ねることにした。警察を追っ払ってくれたギジュンと合流。訪ねてみると、そこに男性が現れた。
「ユンジョンの家ですか?」と尋ねるヒヨルとギジュン。しかし、男性は突然、逃げだした…!!男性を追っかけるヒヨルとギジュン。
ヒヨルは、警察で習った犯罪者の倒し方通りにやると、男は倒れた。男性のスマホを見ると、“ユンジョンを100万円で売った”という証拠が見つかった。
売った相手は“グノ”という男。今度は、グノという男を探すことになった。グノがいると思われる街は、大林(デリム)。大林(デリム)は通称“チャイナタウン”と言われ、治安が悪いことで有名な街。
女の子を売った男のスマホから、グノと思われる男の電話にかける。すると、同じ場所で着信音が流れ、グノらしき男を発見。しかし、グノらしき男がこちらに気づき、絡んできた。
そこから殴り合いの戦いが始まる。相手は4人だが、ヒヨルとギジュンが圧倒的に強く勝利。捕まえた男はやはり“グノ”であった。
「ユンジョンはどこだ?」と問い詰める。しかし、グノは「死んでもいわねぇ!」となかなか吐かない。そこでギジュンが、目の前にあった串で、お尻の穴を何度もつく!
するとグノはようやくユンジョンのいる場所へと案内した。女の子がいるであろう場所に到着。入口は牢屋のような格子になっている。
ギジュンはグノを離すことができないため1人下で待つ。ヒヨルは、1人中へと入っていった。そこは、牢屋のような通路。鉄扉が沢山ある。
暗い電気のない道を恐る恐る、前へと進む。下に隙間があり、そこを覗いてみると、突然女の子と目があう!「助けて!」と叫ぶ女の子。
その声に反応したかのように、他の扉からも「助けて!」と声がしたのだ。女性はユンジョンだけではなかったのだ。一方、下で待っているギジュン。
ギジュンは、グノに問い詰めた。ギジュン「ここで何をしている?」グノ「卵子だよ…注射を打ち、卵子を売ってるんだよ」ギジュン「…狂ってる…!!!」
グノを倒し、ヒヨルとギジュンは、女の子たちがいるところへ。強引に扉を開ける。1つの扉があいた。そこには股間から血を流し、高熱を出している少女を見つけた。
ギジュンとヒヨルは慌てて、抱きかかえ、病院へと連れていこうとする。しかし、グノの仲間たちが大勢やってきた。ヒヨルとギジュンは二手に分かれることにした。
ヒヨルは、敵の前へ。ギジュンは女の子を抱きかかえ、後ろへ進む。ヒヨルは、1人で戦うが人数が多く、倒すことができない。するとそこにはボスが…!
一方、ギジュンは、後ろへと進んだものの、そこは行き止まり。すると、ヒヨルのうめき声が聞こえ、女の子を一旦座らせ、ギジュンのもとへと戻る。
ヒヨルはボコボコにやられている。ギジュンも戦うが、ボスが強すぎる。2人はボコボコにやらて、意識を飛ばした。
目を覚ましたヒヨル。ふと自分の姿を見ると、素っ裸にされ、吊るされている。さらには体に、線のようなものが描かれている。ギジュンも同じように吊るされている。
ギジュンは、目を覚ましておらず、呼びかけにも返事しない。仕方なく、ヒヨルは口の中に唾を作り、ヒヨルはにギジュンに唾をぶっかけるのだった。

以上、ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」のあらすじ・ネタバレの紹介でした。

ミッドナイト・ランナー 日本版 キャストは?いつから放送?こちら

未満警察 ミッドナイトランナー 第1話 ついに最強コンビあらわれる あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー