コウノドリシーズン2 第10話 出生前診断を受けるということ あらすじ ネタバレ

 

ドラマ「コウノドリ(シーズン2)」第10話のあらすじ・ネタバレまとめました!

【コウノドリ2 第10話あらすじ・ネタバレ】

出生前診断を受けた夫婦の辻明代と夫・信英は、羊水検査で「21トリソミーダウン症候群」と診断された。

二人は赤ちゃんに何らかの疾患があった場合、中絶を希望していた。

その理由は、夫婦は小さなお弁当屋を営んでおり、赤ちゃんの世話にかかりきりになっていたら生活が成り立たなくなるからだ。

保育園に預けている幼い娘もいるし、無理ですと夫婦は告げる。

その後、サクラは「21トリソミー陽性結果」が出た、もう1組の夫婦、高山透子と夫・光弘と向き合う。

出生前診断は、赤ちゃんの情報を知り向き合うための検査。

透子は、確定検査である羊水検査を受ける決意をする。

羊水検査でダウン症と検査結果が出れば、ほぼ確定となる。

子供に疾患があると分かったら、中絶を選択する親がほとんどだ。

その中絶に批判的な人が多いのも現状だと、医局では議論が交わされる。

中高生には経済的な理由で中絶を勧めるケースもあるが、性暴力による妊娠などは必要な事かも知れない。

赤ちゃんの情報を親が知る権利はあるが、

その情報を知ったあとでどうするか決めずに、出生前診断を行うのは無責任だと四宮(星野源)は意見する。

 

赤ちゃんが置いてきぼりにならないように、夫婦でキチンと話し合う事が必要だった。

二週間後、高山透子の羊水検査の結果が出た。「「21トリソミーダウン症候群」の診断です」

サクラは告げる。

透子は母親に相談すると、育てていくのが大変だから産まない方がいいといわれる。

そんな中、透子がサクラの元へ相談に来る。

母親に産まない方がいいと言われたが、彼女はどうすべきかまだ答えが出ていなかった。

夫婦には中々子供が出来なくて、彼女は3年前から不妊治療をしていた。

「だから、この子を授かってとっても嬉しかった」

しかし、ダウン症の子供を育てられるのか不安も付きまとい、どうしていいのか分からなかった。

ダウン症の子供は、心臓病や呼吸器疾患になることもあり、生まれてからも数回手術になるケースもある。

ただ、ダウン症がある子供たち自身は、悩まず、幸福を感じて生きていける子も多いと、データが出ている。

「どんな選択をしても、後悔することはあると思います」

「その後悔を減らすには、しっかり悩んで決断して、その決断の中で、赤ちゃんに何がしてあげられるかを考えることです」

「お二人で向き合って、ご家族の答えを見つけてください」サクラはアドバイスする。

一方「21トリソミーダウン症候群」と診断された辻夫婦の考えは変わらなかった。

妊娠12週目で行う中絶は、薬を使って人工的に陣痛を誘発するものだが、体への負担以外にも、心への負担も発生する。

サクラは明代に寄り添って詳しく説明するが、彼女は自分の事は大丈夫ですと決心は変わらない。その後、中絶することを強く願っていた辻明代はその日がやって来た。

赤ちゃんを出した後、最後のお別れになるので抱っこさせてもらうと、涙が溢れてくる。

数日後、辻明代は赤ちゃんの亡骸が入った小さな箱を胸に抱えて、夫と一緒に病院を去っていく。そんな中、高山夫婦がサクラの元を訪れる。

夫婦であれから色々考えたが今回は諦めることにしますと、夫は告げる。

透子も同じ考えだった。「赤ちゃんをエコーで見せてください」と彼女はサクラにお願いしてくる。

腹部にエコーを当てると、モニター画面に赤ちゃんが元気よく動いているのがよく見える。

透子は、切ない気持ちでその画面をじっと見ていた。

そんな折り、カンファレンスが開かれる。サクラは迷っているとみんなに発言する。

「命の選別」その言葉にみんなが囚われてしまっていて、お母さん、お父さん、家族、その事情には目が向けられていない。

それぞれの事情の上に命は生まれてくる。

出生前診断を受けた結果、中絶を選択する家族もある。

悩んだ末にその選択をして、僕たちに助けを求めているその手を払いのける事は出来ない。

中絶を決めたお母さんが、最後に赤ちゃんを抱きたいと願う。矛盾しているかも知れない。

しかし、その葛藤に僕たちが寄り添わないで、誰が寄り添うのか?検査を受けた人、受けなかった人、赤ちゃんを産んだ人、産まなかった人、どの選択も間違っていない。

間違ってなかったと思えるように、産科医として、家族と一緒に命と向き合っていく
それが僕たちに出来る事なんだと、サクラはそう信じていた。

その後、中絶の決意を決めた透子は、入院して2日後に行うオペに備えて徐々に子宮口を開いていく。切ない想いの中、時が過ぎていく。

オペを明日に控えて、耐え難い気持ちが胸を締めつけ、彼女の心が揺れ動き始める。

「この子は、私の赤ちゃんなの。産みたいけど、とても怖くて自信がない。」

透子が涙を流してその場に崩れると、母親が彼女を抱きしめる。

「大丈夫よ。あなたがへっばっても、母さんが一緒に育てるから。」

母親に励まされ、産まれてくる子供はダウン症だが、透子は産む決意をする。

一方そんな時、四宮の父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、彼は再び実家の能登に帰省する。

 

以上、ドラマ「コウノドリ(シーズン2)」第10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

コウノドリ シーズン2 最終話 医師、助産師それぞれの旅立ち あらすじ ネタバレ
こちら

コウノドリ シーズン2 第9話 不育症と向き合う方法 あらすじ ネタバレ
こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー