朝ドラ エール 12話 あらすじ あらすじ 昔いじめっ子のしろうは、朝ドラ常連だった・・・

 

ドラマ「エール」第12話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

裕一は、ハーモニカ倶楽部の定期演奏会で演奏するオリジナル曲の作曲が出来ずに悩んでいた。かつていじめっ子だった史郎(大津尋葵)もまた、
バスハーモニカばかりで演奏を楽しめないと悩んでいた。ハーモニカ倶楽部の会長の館林(川口覚)もオリジナル曲を作曲していて、裕一と争うことになる。
一方、裕一の音楽を応援したい三郎(唐沢寿明)は、養子を望む茂兵衛(風間杜夫)から再度頼まれるのだが…。

[ネタバレ]

裕一(窪田正孝)は、憧れていた会長・館林(川口覚)の言葉にショックを受け、そして、次の公演用の作曲もうまくいっていませんでした。

舘林は、すでに提出しているらしく、裕一が提出しなければ、他に立候補者もいなさそうです。

このままなら、「投票は無しだ」と史郎(大津尋葵)は言います。

「絶対…負けない…見返してやる。」そんな裕一に史郎は言いました。

「なんかさ…裕一らしくねぇよ?怒っとか、負けないとか、君には似合わねぇ。昔、いじめてた時だって…。僕らのこと、嫌がりはしたけど、恨んだりはしなかっただろう?

商業入って、友達になれたのも…そういう…君の優しさ?のおかげなんだ。音楽って、僕が語んのもおかしいけど…その人の個性が出るもんだろ?今の君は、君じゃない。君じゃねぇから、かけねぇんじゃないかな。」

「そ…そうかも…譜面に向かうと会長の顔ばかり思い浮かぶ。」

「試しに僕の顔、思い浮かべてよ」「うん?え?」訝しげではありましたが、裕一は史郎の顔を見つめました。

そして、思い出したのです。

史郎の言葉を。“バスパートって空しいんだ。ずっと『ブ…ブ…』ってさ。”「あぁ!!!あぁ!!!!新しいのできっかも!」

さて、ついに迎えた決選投票の日…裕一は、三郎(唐沢寿明)やまさ(菊池桃子)、浩二(佐久本宝)に、もし自分の曲が選ばれたら聞きに来てほしいと伝えました。

三郎とまさは、大きく頷きます。そして、2人の息子に伝えました。

「今日、帰ったら、お父さんから話があるから。」2人は、ひとまず頷くのでした。

さて、緊張の走るハーモニカ倶楽部では投票が終了し、投票用紙が開かれていきます。両者一歩も譲らぬデッドヒートを繰り広げ…9対9の局面で最後の1枚。「舘林。」

最後にコールされたのは、舘林の名でした。そのときです。「ここに卒業した先輩の票を預かっている。」待ったをかけたのは、まさかの舘林でした。そして…その結果…。

「やったな!しかも、僕のバスパートから始まるって斬新だよ!恐れ入った!」「君の顔が、僕を刺激したんだ。」「俺、一杯練習すっから!」「会長…どんな気持ちだったのかな。会長なのに、自分の曲が選ばれなかったって…ショックだよね。」

舘林を心配する裕一に史郎は言いました。

「あ~…あの人は、結構現実主義だよ。わかってたんじゃないかな。裕一が選ばれるってこと。先輩たちに投票させたのも会長の指示なんだって。今のメンバーだけだと、気を使って自分に投票する。音楽を純粋に審査するために、しがらみのない人まで、投票枠を広げたんじゃないかな。」

「僕に勝たせるために、そうしたってこと?」「そうじゃなくて、本当にいい曲が選ばれっことを望んでたと思う。会長はそういう人間だ。」「そっか…。」裕一は、大喜びで家に帰ってきました。

その時、すでに三郎とまさ…浩二の話は始まっていました。「僕…がんばるよ!」「すまねぇ次男なのに…。」「やったよ!僕の曲が選ばれたよ!」しかし、裕一は、すぐに雰囲気が違うことに気が付きました。

「ど…どしたの?」「店は、浩二に継がせる。」「え?…浩二…いいの?」「僕は…継ぎたかった!」「ありがとう…ありがとう。浩二。」

そして、三郎は茂兵衛(風間杜夫)に電話をしました。「茂兵衛さん。すまねぇ。息子は渡せねぇ。」「……まさに代わってくれ。」電話口にでたまさのすすり泣く背中を、三郎は申し訳ない気持ちで見つめていました。

電話の向こうでは、恐らく絶縁を告げられたのでしょう…。

それでも、三郎とまさは、裕一の音楽への夢を諦めさせたくなかったのでした。

しかし、事件は起きました。
三郎は店を大きくするべく、京都の商人・吉野(田口浩正)の借金の保証人になりました。

その吉野が…。「旦那さん!大変です!京都の…吉…吉…とんずらしたって!百貨店の呉服売り場の人が言ってました!」

飛び込んできたのは、店員の及川(田中偉登)でした。

「えええ!」その額は…途方もない額でした。今の喜多一にどうにかできるものではありませんでした。

そして、恥を忍んで、茂兵衛に頭を下げに行きました。しかし…。「どっちかを養子に出せ。融資の条件はそれだけだ。」三郎とまさは、息子たち二人の夢をつぶしたくはありませんでした。
でも、それと同じくらい茂兵衛も自分の家族と家を守りたいのでした。それぞれの話は平行線のまま…一度、話を持ち帰る三郎とまさ。

店は浩二に継がせる…。そう決めた古山家にとって、権藤家に養子を出すのは…裕一ということになります。それは、裕一に音楽の道を諦めさせるということになります。

しかし、茂兵衛の融資がなければ、喜多一は潰れ…継ぎたいと言ってくれた浩二の夢が叶わなくなってしまいます。「まさ…おめぇどう思う?」
「全部の幸せが叶えばいいんでしょうけど…。犠牲を払って、助け合い、支え合うのが家族なのかも…。」「そうなんだけどな…わかんねぇ…俺にはもうわかんねぇ…。」
三郎は頭を抱えるのでした。そして、あくる日の練習終わり、舘林が皆に言いました。「僕は、次の公演をもって、倶楽部を辞める。もちろん会長も辞める。そこで、次の会長に古山裕一くんを推薦したい。受けてくれるかな。」
先日の舘林の言葉を思えば、それは信じられない出来事でした。

「君の才能は素晴らしい。君は才能を授けられた。僕には求めても、得られない贈り物だ。僕は、君に嫉妬している。だが、同時にその才能を無駄にしてほしくないとも思っている。もし、夢を実現したいなら、

東京に行け。ここのピアノを好きなだけ使っていい。卓上ピアノじゃ、音楽学校は無理だ。」「…ありがとうございます。」
室内は、拍手に包まれました。自分の将来に危機が迫っていることを、裕一は、まだ知りませんでした。

 

幼いころいじめっ子で今はハーモニカクラブの仲間の史郎は誰?

大津尋葵(おおつひろき)

1987年4月10日(34歳)

埼玉県出身

身長160cm

血液型:B型

出身校:日本芸術高等学園

日本芸術専門学校

特技:サッカー:水泳

事務所:ダークスープ

出演作品:

・2018年短編映画『きえゆく夏に』

・江ノ島プリズム ・・・山岸役

・ビジランテ・・・小野隆役

・サニー/32・・・田子浩役

・犬猿・・・三橋役

 

出演ドラマ

2013年『あまちゃん』

『半分、青い』部下役

『いだてん』

に出演されています。

・大切なことはすべて君が教えてくれた・・・土屋孝之役

・リッチマン・プアウーマン・・・next innovation社員役

・闇金ウシジマくんseason3・・・三橋役

・貴族探偵・・・警察官役

・LINEの答え合わせ〜男と女の勘違い

 

CM出演

クロレッツのCM

ダンスを踊ってかなり濃いキャラで出演されていたのですね。

今後の演技が期待されます。

以上、ドラマ「エール」第12話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

朝ドラ エール 11話 あらすじ ネタバレ 小山裕一の父に怪しい商売の魔の手が・・・
こちら

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ エール 裕一の親戚の 権藤茂兵衛(こんどうもへい)は誰がモデル? 松阪寛太(まつざかかんた)は3年A組の子?こちら

朝ドラ エール 古山裕一の両親 古山三郎と古山まさの役者はだれ?どんな役柄?こちら

朝ドラ エール 恩師の藤堂清晴は誰?古山裕一の音楽に影響を与えた人物こちら

朝ドラ エール 喜多一で働く従業員の役者は誰?どんな役柄?出演作品は?
こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー