M 愛すべき人がいて 1話 ねたばれ 田中みな実と高嶋が黒すぎる・・・マックスマサの才能

 

ドラマ「M 愛すべき人がいて」のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。

東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。

一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。

一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。

その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。

フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。

その中には、流川イチオシの理沙と
無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。

[ネタバレ]

鳴ることは無いはずだったのに翌日電話が鳴った。「元気か?」とマサ。

「ハイ」とアユは答えます。そうかと言って電話は切れてしまいます。いつもそれだけで電話は切れそれは暫く続きました。

そして7回目の電話。「はい。分かりました」と電話を切るアユ。幸子がどうしたのかと聞くと、「マックスマサが今日会いたいって」と言います。

「マックスマサ?誰それ?」と幸子が聞くと「神様の代わり」とアユは笑顔で答えます。

流川は何故アユを気にかけるのかマサに聞きます。可愛い子なら他にも居たと。

「多少なりともあいつは俺の心を揺さぶった。俺が今まで感じた事のない気持ちにさせたんだよ」とマサは言います。

「またまた?」と流川は言います。

「流川、5万人の心を揺さぶろうと思うならまず目の前の人の心を揺さぶれ」とマサは言います。

「可能性があると?」と流川が言うと、「可能性ってものは誰にでもある。それを磨く人間がいるかどうかって事だ」とマサは言います。「なるほど」と流川は納得します。

バーテンダー佐山尚樹(水江建太)が静かに歌う店にアユがやって来ました。マサが「久しぶりだな。元気だったか?」とアユに聞きます。尚樹が「あれ?マサさんの彼女?」と聞きます。

「そんな訳ねーだろ」とマサは言うと、「今日はテストだ」と言います。「歌ってみろ。お前の声を聞いてみたい」とマサが言います。「いえ、歌うなんて」と戸惑うアユに「いいから歌え」とマサは言います。

アユが歌い始めます。それを聞いたマサは「うん。思った通りだ。声質は悪くない。これからはもっともっと人前で歌え。人前で歌う事に慣れろ」と言います。「何でですか?」とアユは聞きます。
「お前は女優やタレントなんかより歌手の方が向いてるよ」と言います。驚くアユに「いいか。アユ。これから歌う時は目の前の人に伝え様と思って歌え。今なら俺でいい。目の前の人に伝えろ。目の前の人を震わせるんだ」とマサは言います。

2001年。マサに貰った番号の書かれたコースターを見つめるアユ。2人が写る写真を見て微笑むアユ。そして時間になりアユはステージに上がりMを歌い始めます。マサの前でレッスンをするアユ。
「アユは上手くないけど、歌うのだんだん好きになって来ました」とマサに話すアユ。「お前はまだ上手くない。でも何だろうな。お前の歌っている姿はずっと見ていられるよ」とマサは言います。尚樹は「もしかしてマサさん。アユを本気でプロデュースするんですか?」と聞きます。

A VICTORYでは、マサが礼香に「アユと今後の事を話し合いたいと思っている」と伝えます。「でも彼女、中谷プロですよね?」と礼香が聞きます。「そこも含めてちゃんと話し合いたい。だから礼香も同席してくれ」とマサは言います。「店を取ってアユに連絡してあげてくれ」とマサは礼香に頼みます。

席を立ち行こうとするマサの腕を掴み「たまには私との時間を作って下さい」と礼香が言うと「分かってる」とマサは言います。

大浜社長と礼香が話します。「マサがそんなに気にする女がいるんだ。その子当たる可能性あるのかね?」と大浜は聞きます。「あんな女ないです。と言い切りたいですが分かりません。彼がやるから」と礼香が言います。

「ただ問題がある。その子は事務所に入ってるんだろ?」と大浜は聞きます。「はい。中谷プロダクション所属です」と礼香は答えます。

「困ったな。中谷プロと言えば大手じゃないか。いくら新人とは言え、中谷プロの新人を夜な夜な呼び出して歌わせて」と大浜が言うと「ですよね~。引き抜きとか思われたら厄介ですよね」と礼香が言うと「厄介だね」と大浜も言います。

アユはドラマの撮影中、台詞がなかなか言えず怒られてしまいます。楽屋で溜息をついていると、マネージャーが社長の中谷を連れてやって来ました。

「君A VICTORYのマサ専務とよく会ってるんだって?さっきそこの大浜社長から電話があってさ、詫びのね。マサ専務が君をうちから引き抜こうとしてるって。そう言うのは駄目だから」と中谷が笑顔で言います。

「マサ専務が磨こうとする原石なら君をもっと大事にするよ。撮影終わりに食事に行こう」と中谷は言います。

「本気でアユをプロデュースするんですね」と流川が聞きます。「色んな事を整理してからやろうと思う、俺はアユを育てる」とマサは言います。「マサさんがそこまで本気になるのいつ以来ですかね」と流川が言います。「今回は人生を賭けても勝負したい」とマサは言います。

マネージャーが「車で中谷社長がお待ちだぞ」とアユに言います。「行かなきゃ駄目ですか?私今日約束があるんです」とアユは言いにくそうに話します。「これより大事な用が約束なんてある訳ねーだろ」とマネージャーは言います。

「遅いっすね」と流川は言います。「今まで遅れた事はないんだけどな」とマサが言います。すると礼香がやって来て「今大浜社長から連絡があって専務がアユさんと連絡を取っている事を中谷社長が気付いたらしくタレントを引き抜こうとしている事に酷くお怒りの様です」と説明します。

「何だって?」とマサは驚きます。「なのでアユさんは来ません」と怖い顔で礼香は言います。「いや。君みたいな子がいたなんて気付かなかったよ。いい機会だ。うちが社を挙げてプッシュしてあげるよ」と中谷はアユに言います。

アユはマサの事を思い出していました。そして乗っていた車を止めて下さいと頼みます。車から降りて「私辞めます。事務所辞めます」と中谷に言うアユ。「何を言ってるのか分かっているのか?」と中谷が聞きますが「辞めます」と告げその場を去ります。

流川が今日は帰りましょうと言いますが、マサはアユは来ると言い席を立とうとしません。「専務。事務所の問題になるんですよ」と言う礼香。「うるせえ。俺は待つ」とマサは言います。

礼香はお店のスタッフに「お願いがあるの。マサさんのストーカーがいて困ってるのよ。今夜この店にも来るかも知れないから絶対に入れないでね」と礼香は言います。

アユはマサの元に急ぎます。そして店に到着します。しかし店の中に入れて貰えず追い出されてしまいます。アユは入り口の前に立ち歌い始めます。「マサ専務。今日の所は帰るべきだと思います」と礼香。
「そうしましょう」と流川が言うと外から歌声が聞こえて来ました。店のスタッフが「すみません。あいつストーカーで」と言うと、「違う。あれは俺の大事な客だ」と言い外に向かいます。
アユに声を掛けるマサ。「アユ。お前何やってんだよ」とマサが言います。「マサさん。ごめんなさい。アユ、事務所辞めるって言って来た。もう歌手になれないかもしれない。駄目かもしれない。歌いたいのに。歌いたいのに」と涙を流します。
「もういい。もう順番なんてどうだっていい。うちに来い。俺んとこで歌手になれ。俺がお前を選んだんじゃない。神様がお前を選んだんだ」とマサは言います。「アユを?」と聞くと「お前は虹を渡りたいんだろ。だったらその虹俺が作ってやる。俺が作った虹を渡れ」と手を差し出すマサ。

その手を握り「渡る。アユその虹渡る」と強く言います。「俺を信じろ」と言うマサ。その姿を見て笑顔になる流川とそして悔しそうに爪を噛む礼香がいました。

 

以上、ドラマ「M 愛すべき人がいて」のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

M 愛すべき人がいて 第2話 天馬先生(水野美紀)がキャラ崩壊すぎる あらすじ ネタバレこちら

M 愛すべき人がいて あゆ役は誰?リサは実在するの?いつから放送?こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー