朝ドラ エール 第16話 あらすじ ネタバレ いよいよ音楽復活か・・・

 

ドラマ「エール」第16話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

祐一(窪田正孝)は1年前の失恋を引きずって、黙々と仕事を続ける日々を続けていた。銀行の仲間たちは、そんな裕一の様子に気をもんでいたが、
叔父の茂兵衛(風間杜夫)は裕一が心を入れ替えて仕事に身を入れ始めたと聞いて、やっと養子として皆に紹介できると安堵していた。
一方、裕一の幼なじみで新聞社に勤める鉄男(中村蒼)は、ある日、取材のために渡された雑誌で、「国際作曲コンクール」のことを知る。

[ネタバレ]

ダンスホールで知り合った、美しい踊り子の志津(堀田真由)とのことを茂兵衛(風間杜夫)に反対された裕一(窪田正孝)は、自分の気持ちを確信し、思い切って思いを伝えました。

ところが…志津の正体は…同級生で家が喜多一と同じ呉服屋を経営していたとみでした。志津は、自分と会っても、ひとかけらも気づかない裕一に腹を立て、からかっていたのでした。

その事実を知ったことと失恋のダブルショックを受けた裕一は、黙々と仕事をしていました。「振られても変わりありませんね~。さすが未来の頭取。」

松坂(望月歩)は、そんなのんきなことを言っています。「君はバカなの?」

「どうみてもおかしいべ。朝からずっと仕事してんだぞ。」

鈴木(松尾諭)と昌子(堀内敬子)は、そんな松坂をたしなめます。

いや…言ってることは、おかしいのですが…。「…!そうですね!変だ!確かに変だわ!」

「今は、そっとしといてやって。男の傷を癒すのは時間しかねぇ。」

落合(相島一之)は、面々にそう告げました。

「どのくらいの時間ですか?」「…1年だな。」「1年も!」「ただ、女に振られただけですよ?私なんて、離婚した1か月後に恋に落ちましたよ!」

「その結果、離婚3回!」「うっさい!」

その物音に、初めて裕一は振り返ります。

愛想笑いを浮かべる4人を一瞥すると、裕一はまた仕事に戻っていきました。

「あれは、ただ女に振られただけじゃねぇ。静かに見守ってやっぺ。」妙に鋭い落合の言葉に、3人は同意するのでした。

それから1年が経ちました。茂兵衛はご機嫌です。

裕一が心を入れ替えて、仕事に精を出していると聞いたからです。

何で、そんなことを知っているかというと…ゴマすり男こと松坂が茂兵衛に裕一の様子を逐一報告していました。

それを聞いた茂兵衛は、これで安心して養子として紹介ができるとルンルン気分でした。

そして、今だ熱心に仕事をしているということは…裕一は、志津との1件をいまだに引きずっていました。

「1年です。」「時は…万能ではなかった。」「僕に考えがあります。」

川俣銀行の面々は、ず~っと元気のない裕一を心配していました。

鈴木は、元気を出してもらおうと、一緒に飲み明かします。

酔っ払って楽しそうに踊る裕一を見て、落合と昌子は呟きます。「失敗ですね。」

「あぁ。総員撤退!」それは、大正解でした。

翌朝、裕一は昨晩のことを一つも覚えていませんでした。

酔い過ぎたんですね…。

他に、裕一が好きなものは何か…『音楽』だと思い出した鈴木。「誰か楽器できっか?」落合は、部下たちに尋ねるのでした。

その頃、新聞社で熱心に仕事をしているのは…乃木大将こと鉄男(中村蒼)です。

一生懸命仕事をしていた鉄男に新しい仕事が舞い込んできました。

それは、世界的なオペラ歌手である双浦環(柴咲コウ)が福島でコンサートをやるというので、それの記事を書くという仕事でした。

早速、予習を始めた鉄男が、雑誌をめくると…一つの言葉が目に飛び込んできました。

国際作曲投稿募集

それを持って、鉄男はすぐに裕一を尋ねました。

しかし、音楽雑誌であることに気が付いた裕一は、目をそらします。

「音楽を避けてぇ、おめぇの気持ちは理解できる。

でも、このページだけ見てくれ。国際作曲コンクールの募集だ。

おめぇの好きなストラヴィンスキーが審査員だぞ!な!挑戦すんのはタダなんだから、やってみろ!」

しかし、裕一は、そっとそのページを閉じるとテーブルの上に雑誌を戻しました。

そんな裕一に、鉄男は言います。

「俺…やっとちゃんとした記事、任された!双浦環って歌手の福島公演の記事だ。インタビューもある。これから行ってくる。もしよかったら、おめぇも行かねぇか?関係者ってことではいれっかもしれん。」

裕一は、静かに首を振ります。

「お前、このままじゃダメになっぞ?無理にとは言わねぇ。気が向いたらでいい。俺は諦めねぇから。また来る。」

それから、何時間経っても、置かれた雑誌はそのままでした。

しかし、裕一は、色んな事を思い出していました。

昔、鉄男に言った自分の言葉、再会した時に鉄男に言われた言葉。裕一は、そっと母・まさ(菊池桃子)が入れてくれたハーモニカを手に取ります。

すると、店舗の方から、突然ハーモニカの音が聴こえてきました。

驚いて出てみると、そこにはハーモニカを吹く松坂の姿が。

「僕ら、古山くんのこと元気づけたくて!元々、そんなに元気じゃねぇけど、今の君は、君じゃない。君と音楽の間に何があったかわかんねぇけど、好きなんだろ?音楽。」

すると、落合に鈴木、昌子も飛び出してきます。「お友達からもお願いされた。」

「国際作曲コンクール応募してみたら?」

「いつまでもうじうじしてたら、あの志津っていけ好かない女の思う壺だよ!」

まるでミュージカルのように裕一に語り掛け、ポーズを決める仲間たちに、裕一は思わず吹き出してしまいました。「お!笑ったぞ!1年ぶりに笑った!よかった!」

「心配したんだぞ!ほんとに!」「あ~昌子さん泣いてる!」「古山くん。古山くんの仕事は、俺たちがやっから、挑戦してみ。」「古山くんならできる!」

「本当によかった~(涙)」「古山くん、女性の涙は高ぇぞ?」こうして、裕一は再び作曲することにしたのです。しかし、な~んにも思い浮かびません。

おもむろに音楽雑誌を開くと…そこには、美しい双浦環の写真が。

「きれいだ~…。」音楽から離れたブランクは…長すぎました。

一方、豊橋に住む音(二階堂ふみ)は、歌手になる夢を叶えるため、海外から帰国した歌の先生を訪ねていました。

中性的な話し方をするその先生は御手洗清太郎(古川雄大)と言いました。

御手洗は、音には見込みがあるといい、自分の教室に通うよう言いました。

但し、『先生』と呼ばれるのは、虫唾が走るほど嫌いなようです。

「でも、長くなるから、その話はおいおいね。」「で…何と呼べば…。」「そうね…ミュージックティーチャーと呼びなさい!」またもや、中々濃いキャラの登場です。

そんなある日のこと…。「ただいまぁ…。」「もう!音!遅かったじゃない!」そういって音を出迎えたのは姉の吟(松井玲奈)です。

「お願い!見合いして!」そういって、吟が開いた見合い写真の男(坂口涼太郎)を見た音は叫びます。

「これと!?」さて、音の運命はどうなるのでしょうか?

以上、ドラマ「エール」第16話のあらすじ・ネタバレの紹介でした。

朝ドラ エール 17話 音のお見合い相手は誰?アタックのあの人。野島なつひこ さんと結婚させられるの?
こちら

朝ドラ エール 作品集こちら

朝ドラ『エール』の主人公 小山裕一の初恋の相手を演じる堀田真由とは?こちら

朝ドラ エール 小山裕一の同僚 落合五郎 鈴木廉平 菊池昌子役は誰?こちら

朝ドラ エール 裕一の親戚の 権藤茂兵衛(こんどうもへい)は誰がモデル? 松阪寛太(まつざかかんた)は3年A組の子?こちら

朝ドラ エール 福島三羽ガラス 佐藤久志と村野鉄男役は誰?代表作は?コロンビア三羽烏こちら

朝ドラ エール 音の将来をきめたオペラ歌手(ふたうらたまき)は誰?歌の先生の御手洗清太郎(みたらいきよたろう)は?こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー