アシガール 第3話 若君といざ出陣! 作戦をねっていざ戦国へ あらすじ ネタバレ

 

ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第3話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

3話「若君といざ出陣!」

[あらすじ・ネタバレ]

戦国時代から現代に戻ってきた唯(黒島結菜)は、若君・忠清(健太郎)がまもなく合戦で命を落とす運命と知ります。

唯は、再びタイムスリップして彼を救おうと強く決意して、弟の尊(下田翔大)に一生懸命頼みましたが、行ってもどうしようもないと断られてしまいます。

唯は学校に言って、歴史の木村先生に聞くと、なぜ、滅んだのか詳細な資料がないのでわからないと言われます。

ただ、大切な人は自分の手で助けるしかないと言われてその気になりました。

まずは、戦国時代を調べて、食べられる野草を勉強して、筋トレ、ランニングを繰り返し行いました。
それを見ていた尊は、唯のその情熱にほだされてタイムマシンを整備しました。

さらに、唯のための新たなグッズ「秘剣・でんでん丸」を発明しました。

人をきることができないのですが、電撃で相手を気絶することができるものでした。

そして、薬などをたせました。

唯は、すぐさまタイムマシーンの起動スイッチの短刀を引き抜きました。

しばらくすると、戦国時代の山の中で目が覚めました。

急いで、吉乃(ともさかりえ)の家に戻り、1日いなかったことを謝りました。

吉乃は、起こって晩御飯抜きにします。

唯は、現代から持ってきたお米をお詫びの印だと言って差し出しました。

吉乃はびっくりして、
どこで盗んできたんだと問い詰めますが、決してそんなことはしてないと答えました。

吉乃は、三之助に命じて、翌朝お椀を持って集まるように村のものに伝えさせました。

あるものはみんなで分け合い、たすけあって生きていこうと言う知恵でした。

唯はそれを聞いてびっくりしますが、逆に、「心の狭いことを言う出ない」と怒られました。

翌朝、村のものが集まってきて、吉乃は米を分けてあげました。

お城では、忠清と松丸の阿湖姫との婚儀が進んでいないことに、いらだっていました。

小垣城をうばわれた羽木家を見限られたかもしれないと城主の忠高(石黒賢)はかんがえました。

すると、忠清は、羽木だけで小垣城を取り戻そうと意見しました。

すると、
「ではたずねる。おまえは、高山の動きをどれだけつかんでおるか。民のためと言いながら、お前はただ陣取りにはやっているに過ぎぬ」と、言われてしまいました。

忠清は、部屋でいけばなをしてる成之(松下優也)のところにいきました。

忠清は、かつて成之が住んでいた寺が高山と野上衆に近いという事を聞いて帰っていきました。

忠清は、成之のそばに控えていた如古坊という坊主のことを小平太に調べさせました。

唯が畑で働いてると、お米のお礼だと言って、村人がいろいろなものをもってきてくれました。

吉乃にもっていくと、口封じの面もあって米を配ったと教えてもらい、感心しました。

お城では、忠清のところに、成之から生け花が届きました。

「高山のヤマボウシです」と言って届けられたと聞いて、野上衆の情勢を調べるように命じました。

成之と会ったときに、シカが寺に迷い込むこともよくあって、野上衆はシカのあとをたどってやってくると聞いたからです。

その情勢を聞いた忠清は、野上衆が高山に戦を仕掛けようとしてると忠高たちに報告しました。

部下たちは、色めきたって、高山が野上衆と戦ってる隙に小垣城を奪えると言い出します。

忠清は、総大将にしてくれと頼みました。

忠高は、それを認めて戦支度を命じました。

忠清は成之が教えてくれたと忠高にそっと伝えて戦支度に向かいました。

唯たちの村にも陣ぶれがきましたが、唯と悪丸の名前は呼ばれませんでした。

唯は一人で城に行くことを決めて、悪丸には吉乃と村を守るように命じました。

唯はいえに戻って支度をして城に向かいました。

城に着くと、天野信茂(イッセー尾形)とちょうど出会いました。

信茂からすでに忠清は城を出ていると聞いてがっかりしますが、何とか軍に入れてくれと頼みました。

信茂は、唯を小荷駄組に入れてくれました。

小荷駄組は、軍の一番最後からついてく部隊で、
なべや兵糧などを持っていく部隊でした。

軍の一番最後だと聞いて、唯はがっかりしてしまいます。

さらに、小荷駄組の百姓たちも、ここにいれば安全だと話していました。

そこに、銃声がとどろきました。

先鋒が戦を始めたようだと誰かが言うと、唯は、
「わし、若君様のところに行く!」と言って、なべを隣のものに手渡して、先鋒に向かって走り出しました。

しばらく行くと、霧に包まれた場所に出ました。

そこには、まさに切りあいの真っ只中で、切られた兵たちがいたるところに転がっていました。

戦ってる中に、木村様もいますが、足がすくんで動けませんでした。

ひとりの相手方の兵が唯に切りかかろうとした瞬間、
馬に乗った武将が槍を繰り出して相手をやっつけました。

忠清でした。「大事無いか」と言いながら馬を下りて、さら2.3人の敵をやっつけました。

切られてくるしみもだえる血だらけの相手をみて、唯は気を失ってしまいました。

以上、ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第3話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

アシガール 第2話 若君目指して一直線 忠清にお伝えするために・・・あらすじ ネタバレ
こちら

アシガール 第4話 ドキドキの夜! 結と忠清の初の夜 あらすじ ネタバレ
こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー