アシガール 第4話 ドキドキの夜! 結と忠清の初の夜 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

4話「ドキドキの夜!」

[あらすじ・ネタバレ]

唯(黒島結菜)は若君・忠清(健太郎)を助けようと戦場に走りだしますが、修羅場の光景を見て気を失ってしまいました。

ちょうど忠清がすぐそばにいて倒れるところを抱きとめて陣に運びました。

唯が気がつくと、周りには戦に勝った祝いで酒を飲んでる百姓たちばかりでした。

唯が何もできなかったことを悔やんで、すこしはなれたところで公開してると、

芝居一座の女形・あやめ(森優作)が近づいてきて慰めようとしました。

唯は襲われるとおもって剣を抜きますが逆にのされてしまいます。

あやめから若君には地元の豪士の娘・鐘ヶ江のふき(中村静香)が一晩仕えると聞いて仰天する。

唯は若君のところに行こうとしますがあやめに止められます。

唯は、
遠いところからはるばる若君を助けに来たことをあやめに言うと、ふきにかわって寝屋にいけばいいと言われて、芝居一座の着物を借りて姫に変装しました。

唯は、若君の寝所に行くふきをでんでん丸で気絶させて、まんまと入れ替わることに成功します。

小平太(金田哲)に連れられて忠清の部屋に行くと、忠清は縁側に座って庭をみていました。

唯は廊下でずっと待っていましたが、後ろも振り返らず何はなさないので、

徐々に部屋の中に入って近づいていきました。

唯は外はみんなはしゃいでると言いますが、忠清はしゃべらないので忠清の後姿をじっと見てると、つい「かなしそう」とつぶやいてしまいました。

すると忠清が、後ろを振り返らずに「かなしそう…戦は勝たねばならぬ。そうでなければ、みな心安んじて暮らしていけぬ。だが、命を落としたものも、逃げ落ちる敵方の兵もわれらのようにただ、
安らかに暮らしたいものたちではなかったか。女子のそなたに話すことではなかったな、ごくろうであった。もう、下がってよいぞ」

「わたし、戦で亡くなった人、たくさんみました。だから言われることわかります。戦は怖くて怖くて。みんなかわいそうでした。ひとは、あんなふうにころしちゃいかんです」

すると、忠清は振り返り、名前を聞きました。

「ふく…とか?」忠清は自分の名前を忘れた不思議な女を見て笑いました。

そして、「ちかくによれ」といっしょに酒を飲みながら話を始めました。

唯は初めて飲んだお酒を一口飲んで絶叫しました。

少しはなれたところにいる小平太たちはびっくりしてしまいました。

忠清は笑いながら、また戦をしなくてはいけないと言うと、「わたし…いやです」と唯は下を向いてつぶやきました。

忠清は、ごろんと横になって、風と月をかんじながら目を閉じました。

唯はその横顔を見て、(この人を戦でしなせるわけにはいかない)と再び心のなかで誓いました。

ふと、唯が隣の部屋をみると布団がひいてありました。

びっくりしておどおどしてると、おびえてる女は襲わないといって歌を歌ってくれと言いまいた。

唯は、「おお牧場はみどり」を大声でうたいました。

驚いた小平太がやってきましたが、忠清は下がらせました。

そして眠くなったと言って、唯に「腹が決まったらまいれ」と言って布団のところに行ってしまいました。

恐る恐る唯が布団にねてる忠清を覗くとすでに寝ていました。

唯は、
「若君様。わたしぜったい、守りますから」と正座して頭を下げて出て行きました。

寝たふりをしていた忠清は起き上がって、「おもしろい」とつぶやきました。

唯たちが城に帰ってくると、天野信茂(イッセー尾形)が城主の羽木忠高(石黒賢)に呼ばれて、今回の小垣城の手薄の件を伝えた成之(松下優也)のことをどう思うか聞かれました。

信茂は見張っていればいいと答えました。

そして、城の外に信茂がでていくと、唯がいました。

せきをしてる信茂に、唯は成之から薬をもらえばよいと話しましたが、城では雇ってくれませんでした。唯は仕方なく家に戻り、水汲みや畑仕事をはじめました。

城にはふきが呼ばれてやってきました。

忠清はこの間会ったふく(唯)だったら婚儀しても良いと思ってよびよせたのでした。ただ、忠清と小平太の前に来たのは、ふく(唯)ではなくてふきでした。

見たことのない女子にふたりともとまどってしまい、とりあえず、さげさせました。

成之が、寝込んでる母親のところに行くと、夢を見ていたといいました。

それは、「父親をだまし、弟もだまして追い出して成之が城をのっとる夢」だと話しました。

成之も、「正夢になりましょう」と答えました。

めかけの子供だった成之は、顔には出さず、腹の中では、如古坊とたくらんで、黒羽城をのっとるつもりでした。

唯が家で休んでると、再び戦の知らせが来ました。

奪い返した小垣城を高山が野上衆を取り込んで再びねらって準備をしてるということでした。

唯が城に着くと、信茂に呼ばれて小平太の部隊に入れてもらいました。

忠清が成之に挨拶に行くと、何もできないので山寺に行って無事を祈祷するということでした。

唯が所属する部隊は忠清の前でした。

ずっと忠清の顔を見ながら歩く唯でした。

休憩のときに、忠清の部隊が1000人で、高山の部隊は3000人だと聞きます。

「絶対やばいじゃん」というと、

小垣城住民や農民を守るために、必死の覚悟で出陣する人だからといわれました。

唯は、「なんとかしなきゃ」と満月を見ておもいました。

忠清が部下たちと相手の動きを見て作戦を考えていました。

その少し離れたところで、忠清の後姿を見ながら「21世紀の力でなんとかします」と唯はつぶやいて、短剣を抜きました。

タイムマシンの起動スイッチがはいって唯は現代に戻りました。現代に戻った唯は、尊に宣言しました。「尊、出陣じゃ」

以上、ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

アシガール 第3話 若君といざ出陣! 作戦をねっていざ戦国へ あらすじ ネタバレ
こちら

アシガール 第5話 走れ!初デート 忠清現代へ あらすじ ネタバレ
こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー