アシガール 第5話 走れ!初デート 忠清現代へ あらすじ ネタバレ

 

ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第5話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

5話「走れ!初デート」

[あらすじ・ネタバレ]

現代に戻ったてきた唯(黒島結菜)は、若君・忠清(健太郎)が率いる羽木軍のピンチを救うために、弟の尊(下田翔大)に新兵器を作ることをお願いしました。

学校に行った唯は歴史に詳しい木村先生に、1000人の羽木軍が3000人の高山軍を破る戦法を教わりました。

今のままなら勝ち目はないけども、あと500か1000の兵がいれば、裏手にある立木山に待ち伏せして、
本陣がわざと後を追わせて立木山に敵が入ったところを奇襲すれば勝てるかもしれないと木村先生は言いました。

唯はそれで勝てる!と言いましたが、余分な兵はないことにきがつきました。

唯が家に帰ってくると、弟の尊がいませんでした。

親たちが心配してると、何気なく帰ってきました。

尊は、新兵器のために東京にサッカーを見に行っていたといって、これから1週間こもりきりになるから邪魔しないでと3人に話しました。

1週間後、満月の夜になりました。

尊は、鎧を着た唯に新兵器を渡しました。

幻の兵製造機、名づけて「まぼ兵くん」でした。

でんでん丸の電撃の飛距離も伸ばしておきました。

戦国時代に戻ろうとしてる唯に、タイムマシンはひとりのりだから、

絶対に二人いっしょに載っては駄目だと念押しして送り出しました。

唯が戦国時代にもどると、軍隊は、唯が現代に戻ったときと同じ場所にいました。

悪丸を探して、「まぼ兵くん」を渡して立木山に登るように言いました。

使い方を教わった悪丸は歩いていきました。

翌朝、戦いが始まりました。馬に乗った忠清は、一騎、敵陣に向かっていきました。

その姿を見た唯はすぐに走り出して忠清を止めて木村先生から教わったとおりに、一気に立木山までかけていって、返り討ちにしようと提案しました。

忠清はその作戦にのって敵に向かって走り出しました。

忠清の前には唯がいて、でんでん丸を使って襲ってくる敵を気絶させていきました。

立木山の中腹まで駆け込むと、忠清はもう観念したと言いました。

すぐそばまで敵が近づいてきていました。

その頃、悪丸は立木山の頂上にいました。

手に持った「まぼ兵くん」のスイッチを押すと、先端から光が出てきて大勢が叫んでる映像が空いっぱいに広がりました。

それはサッカーの日本代表の試合の応援席でした。

立木山に登ってくる敵兵は、その映像を見て腰を抜かしてしまいます。

敵が潜んでると錯覚した敵兵は散り散りばらばら逃げ出しました。

逃げていく敵兵を見た忠清は狐につままれたような顔になりますが、とりあえずたすかったことにほっとします。

唯は忠清の手に傷があることを見つけて手当てをしてると、小平太たちがやってきました。

勝利したことをみなで喜んでると、
忠清は、敵陣を突破できたのは唯のおかげだと周りのものに言いました。

城に帰ると、天野信茂(イッセー尾形)が出てきて唯のことをほめてくれました。

そして、これからは忠清の馬のお馬番になれと命じられました。唯はひとつ出世をしました。

忠清は鎧を脱いで城主の忠高(石黒賢)に挨拶に行きました。

成之(松下優也)も控えていました。

その日の夜、成之と如古坊は忠清の命を奪う作戦が失敗したことを悔しがっていました。

成之は、こんどこそ忠清を亡き者にする手立てを考えろと如古坊に言っていました。

翌日、高山から和議の申し出が来ていると忠高に報告が来ました。

さらに、忠清に婚松丸の亜湖姫との婚儀が整ったと報告が入りました。

そのころ、唯が馬屋で仕事をしてると、忠清がいきなりやってきて遠出について来いと言いました。

忠清は馬で、唯は走って山まで向かいました。唯の初デートでした。

休憩場所まで来ると、忠清は成之も連れてくればよかったといって、

成之からもらった砂糖菓子を唯に渡しました。

そして、二人で腰掛けながらお互いの境遇を話しました。

忠清は高山と和議を結ぶことになったというと、唯は和議はしなくてはいけないと言います。

結は和議に行く忠清についていくと言いました。

二人で城まで帰ってきて、門の前で別れようとすると忠清は、「ところで、唯之介、まだ腹は決まらぬか?」と言います。

どぎまぎしてると信茂がやってきて唯は逃げ出しました。

唯が馬屋で掃除をしてると、屋敷の片隅で如古坊と高山のものがひそひそばなしをしていました。

「そのとおりじゃ。われら高山にぬかりはござらん」

「では今宵。吉田城にて忠清を」二人はそそくさと歩いていきました。

唯は如古坊が何か忠清にするつもりだと気がついて走り出しますが、いきなり如古坊が出てきて気絶させられてしまいます。連れ去ろうとしたところに、馬屋の上司がやってきたので、如古坊は逃げていきました。

その日の夕方、忠清は友のもの二人を連れて吉田城に向かいました。

唯が気がつくと、すでに夕方になっていました。

忠清がすでに吉田城に向かったと聞くとでんでん丸を持って走り出しました。

吉田城に着くと、すでに忠清は待ち伏せていた兵に矢で胸を射抜かれていました。

部屋に寝かされた忠清の周りには信茂や医者がいましたが、医者が言うにはとても危ないということで信茂は水ごりにいきました。

医者が一人でいるところに、唯がでんでん丸を使って進入してきました。

医者を気絶させた後、忠清に近づいて体を揺さぶると目を覚ましました。

唯はそばにあった紙に尊矢母親宛の手紙を書いて忠清の胸の中に入れました。

そして、タイムマシンの起動スイッチの短刀を握らせて、引き抜かせました。

忠清は消える前に、唯之顔を見ながら聞きました。「お前はふくであろう。本当の名前は?」「唯、速川唯です」

以上、ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第5話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

アシガール 第4話 ドキドキの夜! 結と忠清の初の夜 あらすじ ネタバレ
こちら

アシガール 第6話 平成に若君キター! あらすじ ネタバレ
こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー