アシガール 第7話 唯の元に忠清が帰ってくる あらすじ ネタバレ

 

ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第7話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ・ネタバレ]

唯(黒島結菜)に、若君・忠清(健太郎)の誘拐の疑いがかかって、城の者たちから追われるようになってしまいました。

途中、阿湖姫(川栄李奈)を助けて、忠清との思い出の場所で寝てると、白装束を着た天野信茂(イッセー尾形)が出てきます。

信茂は忠清がいなくなった責任を取って腹を切ろうとしてたんです。

唯は次の満月になれば必ず帰ってくるので、信じて待っていてくれといいました。

忠清の身の安全を信茂が信じなくてどうするのかという唯の言葉で、考え直した信茂は、自分の屋敷に唯を連れて行きました。

信茂の息子の信近(飯田基祐)は怒りますが、半月だけ夢をみさせてくれと言います。

唯はみんなで信じて、満月を待ちましょうといって、信近にお願いしました。

信近は、満月までだと期限を切って、唯を女装させて女中として天野家においてくれました。

阿湖姫が城の中で迷ってると、成之(松下優也)と会いました。

成之は親元にもどれと冷たく言い放ちました。

唯が洗いものをしてると、信近に再び呼び出されました。

忠清が襲われた日、なぜ吉田城に行ったのかと聞かれました。

唯は如古坊と高山のものが話をしていたことを正直に話しました。

話したら再び命を狙われるのと、成之に害が及ぶと思ったので黙っていたといいます。

信近は成之が命じて如古坊に忠清を襲わせたのでは?と聞くと、わからないと答えました。

成之の最近の行いに変な点がなかったかと聞かれましたが、如古坊に小柄でねらわれて成之に助けられたことは言いませんでした。

唯は、忠清が成之のことを心から信じてる顔を思い出して何もいえなかったのです。

城主の羽木忠高(石黒賢)は、成之が城に入って初めて会いに行きました。

花を生けてると聞いたというと、成之は、幼い頃に誰かに毒を盛られて体が弱いためそんなことしかできないといいます。

そして、荒事は好まないので、早く忠清に戻ってもらいたいといいました。

忠高が帰る間ぎわに、扇子で打ちかかると、成之はしっかりと受け止めました。

忠高は「なるほど」と一言言って歩いていきました。

満月の日の朝、唯が洗い物をしてると、唯が母と慕う吉乃(ともさかりえ)がとらえられたと聞きます。

唯が行こうとすると、とめられてしまいました。

吉乃は、お白州にすわって唯の居所も知らないし、唯は間者でもないし、逆に忠清を命をかけて守ったと申し開きをします。

取り調べてる武将が怒り出すと、そこに、唯がやってきます。

謝る唯にむかって吉乃は、「たわけ、せっかく逃げおおせてるのに、そのようなことをして私が喜ぶとお思いか?」

「いいえ、きっとしかられるだろうなと思いました。でも、黙って隠れてることなんてできませんでした。おふくろ様がいなかったら、わたし…」

「たわけ、人前で泣くではない」

「ごめんなさい」

すると、詮議していた武将が今までどこに行っていたのかと聞きました。

唯があちこち行っていたというと、横に座っていた天野が吉乃を自分の屋敷で引き取るといいます。

唯は牢屋に行きました。

唯は一晩我慢すれば帰ってくると思って我慢しました。

現代。

忠清は満月の日、レンコンのはさみ揚げ、チョコなどをもらって感謝の言葉を言って戦国に帰ろうとしてました。

尊は、タイムマシンのスイッチの短刀を渡しながら、あと2回しか使えないと説明します。

つまり、忠清が戦国に帰ったら、唯がこちらに帰ってくるだけの燃料しかないということでした。

父親と母親は、それを聞いたら絶対に唯は帰ってこないというはずだといいました。

忠清は、絶対に唯は現代に戻すから安心してくれと言って笑顔で戦国に帰っていきました。

忠清は吉田城に戻ってきました。

すぐに黒羽城に戻るといいますが、唯は、朝になっても忠清が帰ってこないことにショックを受けて、寒いこともあって風邪を引いて高熱が出てしまいました。

そのまま忠高のいるお白州に連れて行かれますが、ぐったりとしていました。

忠高は唯のような貧弱な体の小僧が忠清の命をねらるはずがないといって帰そうとしました。

すると、成之がやってきて。「このものの姿に惑わされてはいけません。寝所に忍び込むのをみたものがいるのです」と進言しました。

それを聞いた信近は、自分は忠清を襲う計画を聞いて吉田城にいったと聞いてるといいます。

成之は、「これは面妖な。そのようなはなし、どこから耳にされた?このものは、昨日まで山を逃げてたのだが。それに、いつ、どこで誰がそのようにたくらんだのか…」

それを聞いていた小平太が、「それがつまびらかになってもかまわぬのでございますか?」

成之は、全然大丈夫だといいますが、唯は自分の姿を偽ってるもので、そんなもののいうことは信じられないといいます。その証拠を見せるといって、唯の着物を剥ぎ取れといいました。

そこに、忠清が帰ってきました。

忠清は、唯の事を見ると、おもわず駆け寄りました。

そして、唯のおかげで離れた場所で傷を癒すことができて助かったと話し始めました。

そして、唯を抱き起こして、
「唯。まさかこのような目におうていようとは、すまぬ。許せ」そして、抱きしめました。

成之はその場を立って出て行きました。

唯はそのまま気を失いました。

唯が目が覚めると、吉乃がいました。

忠清は、途中の橋が大雨で流れてしまったので帰ってくるが遅れたと説明してくれました。

吉乃の二人の息子も信近が呼んでくれていました。

夜になると、小平太がやってきて、忠清から預かった尊の手紙を持ってきました。

忠清が帰ってくるのが遅れた理由や、忠清がベッドで漫画を読んでる姿の写真とかが入っていました。

最後に、タイムマシンの燃料が少ないとかかれていて、詳しくは忠清に聞いてくれとありました。

たまらなくなった唯は忠清に会いに行こうとすると、庭に忠清がたっていました。

忠清は、眠ったフリをして出て来たと言って、唯にアーモンドチョコレートを渡しました。

そして、タイムマシンのスイッチの短刀を渡しました。

唯が燃料のことを聞くと、「あと一回といったらどうする?」

「行ったっきりここにはかえって来れないってことですか?」

「そうじゃ」「だったら、家に帰るのはあきらめます」

「ここで生きていくというのか?」「はい」

「そろそろ帰る。唯、それはあと2度使える。家ではみな、お前を案じておる。次の満月には必ず帰れ、そして、戻ってまいれ」

「はい。帰ってまた来ます」唯の笑顔を見ると、忠清は帰っていきました。

以上、ドラマ[戦国女子高生 アシガール]第7話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

アシガール 第6話 平成に若君キター! あらすじ ネタバレ
こちら

アシガール 第8話 満月よ!もう少しだけ すれちがう2人 あらすじ ネタバレ
こちら

動画はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー