逃げ恥 5話 ぎこちないハグが初々しい あらすじ ネタバレ

逃げるは恥だが役に立つ 5話

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについて紹介させていただきます!

第5話「ハグの日、始めました!」

 あらすじ

家の中でぎくしゃくせずに済む最適な解決法として、

恋人同士になろうというみくり(新垣結衣)の突拍子も無い提案に

驚きを隠せない津崎(星野源)。

一般的な恋人同士がスキンシップとしてハグをするという行為も理解できない上、

みくりには「恋人のおいしいところだけがほしい」と

小賢しい作戦で攻め立てられ、どんどん追い込まれていた。

ある朝、百合(石田ゆり子)が、

偶然風見(大谷亮平)を笑顔で送り出すみくりの姿を目撃してしまう。

津崎との生活がうまく行っていないがために

不倫をしているのではないかと疑いをかけ、

怒りの矛先をなぜか風見に向け、

憤りを隠せないでいる。

その状況を知った津崎は、沼田(古田新太)に

疑われたのも風見にバレたのも全て

“恋人っぽい雰囲気”が無いことが原因だと気づく。

“プロの独身”である津崎にとってはハードルが高いことだが、

みくりに説得され“夫婦”で話し合った結果、

新婚の空気を醸し出すために“ハグの日”を制定することに。

さらに、百合が抱いている不倫疑惑を払拭するべく、

目の前でハグを見せつけようと試みるも失敗が続いていた。

そんな中、恋人っぽさの練習を必死にしてきたこともあり、

みくりに心を開きはじめ、ぐっと距離が近づいた

ように思えた2人。

そんな2人に襲いかかる新たな試練とは…?!

 ネタバレ

「平匡さん、私の恋人になってもらえませんか?」

と言われた津崎は、

なぜ恋人関係になりたいのかとみくりに聞きますが、

みくりは、「私は、恋人のおいしいところだけが欲しいんです」

と言い切りましたが、

まだ迷ってる津崎に、結論は先で良いと言って寝ました。

翌朝、臨時で風見の所に家事代行にやってきたみくりは、

忘れていった傘を届けに、家の外まで追いかけていきました。

偶然、その場面を百合にみられてしまいます。

その夜、百合は風見を待ち伏せして、

朝の事を聞き出そうとしましたが、うまくかわされてしまいます。

百合は、すぐさまみくりに電話をして、

うまく行ってるかどうか聞きますが、

風見の事は言い出せませんでした。

帰ってきた津崎に、百合が風見を待ち伏せして、

朝見られたことを聴くと、二人で対策を考えました。

他人行儀で、新婚の感じが全くしないのが原因だと判って、

みくりが言い出した「恋人になる」と言う作戦をすることを決めます。

その為に、まずはハグをする「ハグの日」を決めました。

なんとなく、いい感じになりましたが、再び百合が家にやってきます。

津崎が帰ってきて、外でハグしている所を見せようとしましたが、

あいにく、コンタクトをしておらず、

百合は見ることができなく、そのまま帰っていってしまいます。

翌日、百合の目の前でハグしている所を見せようと、

休日出勤している百合のビルの前の公園でピクニックをすることにしました。

二人で、公園でレジャーシートに座ってピクニックらしきことをしていると、

何となく昔話をする二人でした。

津崎は、昔一度だけピクニックに行ったようです。

ただ、母親が料理の「瓦そば」を間違えて作ってしまい、

全てを津崎が食べざるを得なくて、地獄のピクニックだったと語ります。

「母親も嫌だったと思うけど、なぜ離婚しなかったんだろうか?」

と不思議がっています。

その時、津崎が母親が誕生日だったことを思い出します。

みくりに言われて電話をしました。

ピクニックの時の思い出を話すと、母親は、その後に、

本物の瓦そばを食べに連れて行ってもらったようで、

かなりうれしかったと、

津崎が思ってることと逆のことを言いました。

一方、みくりも、友人の安恵に電話をしています。

夫のせいで離婚をしたようです。

周りから身勝手だ、わがままだと言われたようですが、

みくりだけは味方だよ、誰が何と言っても味方だよ、と言って励ましました。

二人が電話を終えると、お互いの電話の内容を話しました。

「僕にとっては最悪でしたが、母にとっては最高の想い出でした。他にも僕の知らない者田狩りが他にもあるのかもしれない」

「私は、ヤッさんの見方だよって、それしか言えませんでした」

「つらい時、味方だって言ってくれる人がいるだけで、救われますよ。そんなひと、いたことないや。あ、沼田さん」

「私はゆりちゃん」

そう言うと、百合の事を思い出します。

玄関まで追いかけて行って、そこでハグしようと言う津崎に対して、

みくりは、すべて打ち明けようと言いました。

ただ、津崎はそれに反対しました。

「百合さんに正直に話してしまったら、みくりさんは楽になりますが、百合さんはつらくなるんじゃないんですか?百合さんがホントの事を知ったら、嘘をつかなきゃいけなくなるし、罪悪感を肩代わりさせるということです。僕たちの罪悪感は、僕たちで背負うしかないんじゃないでしょうか。僕たち二人で」

そういうと、感激したみくりは

「ハグしていいですか。今の感謝の気持ちを込めて」

といって、二人はハグをしました。

「平匡さんに何かあったら、私は、平匡さんの味方です」

津崎は、ハグしながら、みくりのあたまをなでてあげました。

二人がハグしている所を、横で百合が見ていました。

「二人で仲良くやりなさい」と言って、

百合はかえっていきました。

作戦は、結局成功したようです。

津崎とみくりは、家で、仲良く瓦そばを創って、二人で食べました。

感想

「ハグの日」の制定は2人の距離を一気に縮めた秘策だったといえますね!

今まではどちらかといえば言葉に頼り切っている感じでしたが、

実際に体温を感じることで2人の心も近づいたのかなと思いました。

以上が「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ、ネタバレについての紹介でした!

逃げるは恥だが役に立つ 6話 2人のファーストキスに神回!あらすじ ネタバレこちら

逃げるは恥だが役に立つ 4話 みくりのびっくり告白 あらすじ ねたばれこちら

動画は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー